皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

「了解しました」と「承知しました」の使い分けって?

      2016/06/25

「了解しました」と「承知しました」の使い分けって?

ビジネス上で、「分かりました」という意味合いで使われる言葉に

「了解しました」「承知しました」がありますね。

その意味と使い方を理解できていますか?

いざという時に、どれを使ったらいいのだろう?

と悩んでしまうことはありませんか?

今回は「了解しました」「承知しました」違いと

ビジネスシーンでの使い分け方を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

 

 

「了解」とは?

( 名 ) スル

①事情を思いやって納得すること。理解すること。のみこむこと。了承。領解。領会。 「事情を−する」 「 −できない」

②無線などの通信で,通信内容を受け取ったことを表す語。 「『ただちに行動を開始せよ』『−』」

③〔ドイツ Verstehen〕 ディルタイの用語。文化を生の表現とみて,その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。理解。

引用元-−-weblio辞書

承知とは?

[名](スル)
1 事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。「無理を—でお願いする」「君の言うことなど百も—だ」「事の経緯を—しておきたい」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。「申し出の件、確かに—した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。「この次からは—しないぞ」

引用元-−-goo辞書

「了解しました」と「了承しました」の違い

了解しました

「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉です。「了解しました」というのは、「了解」に「しました」をつけることで丁寧語になりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。

承知しました

「承知しました」は尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。

了承しました

「了承しました」は、何かを「承諾」したときに使います。「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。お客様や目上の人に使ってはいけません。この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が正しい使い方です。

かしこまりました

「かしこまりました」、は「承知しました」と同様、お客様や目上の人に使えます。

覚えておくべきは「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」上記のように、「かしこまりました」「承知しました(承りました)」は、目上の人やお客様に対して使える言葉となります。この2つはビジネスシーンにおいても非常によく使われますので覚えておきましょう。

引用元-−-U-NOTE

尊敬語と謙譲語の区別

敬語が難しいと言われる理由に、尊敬語と謙譲語の区別がつきにくい点が挙げられます。まず、どちらも相手が目上の場合に使う敬語だと理解してください。相手を言葉で敬う方法には2種類あり、尊敬語は自分の立場を変えないで相手を持ち上げるようにすることであり、謙譲語とは相手の立場を変えないで自分が下にさがる方法です。仮に「食べる」と言う言葉を尊敬語にしたかったら「召し上がる」が尊敬語になります。
資料などを目上の相手に手渡す時は「ご覧になってください」が正しい尊敬語です。間違っても「拝読してください」とは使わないようにしましょう。反対に謙譲語は自分が主語で話す時に使いますので、「食べる」を謙譲語にしたかったら「頂く」になります。「言う」の場合は「申し上げる」になります。

引用元-−-マイナビウーマン

 

目上の人には「了解しました」は使わない

メールでは「わかりました」の意味で「了解しました」がよく使われます。しかしこの言葉は目上の人には不適切です。

「了解」に「しました」をつけることで丁寧語にはなりますが、尊敬語にはなりません。部下や同僚などに使うのなら「了解しました」で大丈夫ですが、お客様や目上の人には「承知しました」「かしこまりました」が適当です。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章1
打ち合わせの件、了解しました。

同僚や部下には送っても問題ないメールですが、目上の人にはふさわしくありません。すべての人が不快に感じるレベルではありませんが、言葉に厳しい人は眉をひそめます。用心のため言い換えましょう。

お客様、目上の人にもふさわしく変換1
打ち合わせの件、承知しました。

次の文章例も同じです。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章2
営業部への連絡の件、了解しました。

↓ ↓ ↓

お客様、目上の人にもふさわしく変換2
営業部への連絡の件、かしこまりました。

もうひとつ例です。

お客様、目上の人にはふさわしくないメール文章3
ご依頼の件、了解しました。

↓ ↓ ↓

お客様、目上の人にもふさわしく変換3
ご依頼の件、承りました。

「了解しました」は非常に汎用性の高い言葉です。使いやすい言葉のためについつい使ってしまいがちですが、目上の人に対しては、もっと適当な言葉があることを知っておきましょう。

引用元-−-書き方ができる人コム

「了解」について

ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。

「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。
または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。

※警察・軍隊で使われている「了解」はニュアンスが異なる。
※ビジネスで「部下」が「上司」に対して使うのは失礼だと感じる年代も。感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。
※威張りたがりの上司の返信メールは、「了解」一言ということも。天狗度確認指標?

引用元-−-イソラボ

「承知」について

ビジネスにおいて一般的。

「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。
「かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。

謙虚な上司は部下に対して使うこともある。しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

引用元-−-イソラボ

まとめ

「了解しました」は社内限定で使っても大丈夫ですよね。(上司はやめましょう)
これからは、意識して使い分けるようにしましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/hkohno_abbr/status/528279622727647233

 - 仕事 経済

ページ
上部へ