皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

「派手で楽しい」大阪の新世界は以前は治安が悪かったらしい

      2016/06/25

「派手で楽しい」大阪の新世界は以前は治安が悪かったらしい

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町が、新世界です。近くに治安の良くない地区があるせいでしょうか。治安を心配する方もいるようです。

今回は、大阪、新世界とその治安について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


大阪の新世界ってどんなどころ?

それは通天閣を中心に広がる繁華街で、大きなふぐ提灯の看板をはじめ、立ち並ぶお店に派手な装飾が施され、一目見て、いかにも大阪という印象を受ける街です。それぞれの店の自己主張がぶつかりあい、看板に使われている色は原色でしかも派手。電飾が輝いているわけではない昼間でさえ、思わず「まぶしい」と言ってしまいたくなるような風景です。

引用元-目的とか理由とか理屈じゃないの−新世界・通天閣

ガイドブックなどでは、新世界はレトロさが売りのような記述が見られますが、確かに街自体には古さを感じるものの、建物や装飾などは新しく、特に通天閣の南側はズバリ観光地というイメージで、そんなにレトロさは感じられませんでした。

ふぐ、お好み焼き、どて焼きなど、様々なお店が立ち並んでいますが、やはりこの街で目に付くのは「串かつ」の文字。

引用元-目的とか理由とか理屈じゃないの−新世界・通天閣

 

新世界には、ふぐや串かつ、大阪みやげといった業態が多いのですが、やはり時代ですね。なかにはインターネットカフェも見受けられました。それにしても大阪の人のセンスはすごい。串かつの街のインターネットカフェだからって、店名は「インターネットン」。しかも明らかに、あるブラウザのマークを豚に見立てて、それを組み合わせただけというロゴマーク。

引用元-目的とか理由とか理屈じゃないの−新世界・通天閣

大阪の新世界にある通天閣はとても有名

大阪には色々な観光スポットがありますが、観光客の方がひっきりなしに訪れていて有名なのが通天閣です。現在の通天閣は2代目で、初代は当時で東洋一と称された高さを誇っていましたが、1943年に近くで発生した火災に巻き込まれて強度不足に陥り、解体されてしまいました。

初代が姿を消して終戦からしばらく経った1956年に現在の2代目通天閣が完成したという経緯があります。現在は国の登録有形文化財指定されており、大阪だけを代表する観光スポットとして親しまれています。

引用元-大阪といえば通天閣 | 総合病院のナースな毎日

現在通天閣に存在しているビリケン像は復刻された2代目です。足の裏をかくと幸せになれると言われています。地下にはわくわくランドとして食品メーカーのアンテナショップが出店しています。ショップ限定のお土産も販売されているので、観光客から大人気です。

引用元-大阪といえば通天閣 | 総合病院のナースな毎日

大阪の新世界に「アンチ串カツ」屋台?

大阪新世界と言えば串カツ、そして「二度漬け禁止!」。こんな不文律を打ち破ろうとする屋台村「大阪新世界横丁」(大阪市浪速区)が3月12日、ジャンジャン横丁の近くの路地裏にオープン。「新世界を大阪の人にも楽しんでもらおう」と「アンチ串カツ」を掲げ、新世界に「うまいもん」を大集結。

引用元-アンチ串カツ、大阪新世界に屋台村 | ニュース | Lmaga.jp

「新世界は今や観光客向けの串カツが多く、地元・大阪の人が食べて飲んで遊べるようなお店がほとんどありません。新世界の街の雰囲気を仕事帰りに普通に楽しんでもらえるように、味で人気のお店に出店していただきました」と山下さん。ここ数年安心して足を運べるようになったこの街を、もっとサラリーマンやOLたちにも楽しんでもらいたいというのが最大の目標だとか。

引用元-アンチ串カツ、大阪新世界に屋台村 | ニュース | Lmaga.jp

店舗は、炭火牛串焼きや焼鳥スタンド、立ち呑みなどの6店舗で、入ったお店でドリンクを注文すれば各お店の料理が自由に注文できるスタイル。山下さんは、「いろんな楽しみ方をしてもらいたい。この道40年のベテランが握るお寿司もあれば、女の子が焼いてくれる浜焼きもある。そんな大阪のごちゃまぜ感もウリにしたい」のだとか。

引用元-アンチ串カツ、大阪新世界に屋台村 | ニュース | Lmaga.jp

大阪の新世界|治安はどうなの?

私も1月に大阪観光をするのに同じような質問をしました「夜の新世界はあぶないですか?」と。すると「今は観光客がいっぱいで治安はだいぶよくなりました。」という答が多かったです。実際行ったのは昼でしたが、呼び込みのお兄さんが声をかけrて来るぐらいで確かにそんなに怖い街ではなかったです。

面白い所でしたよ、通天閣の下の「王将」で昼間から餃子を肴にビールを飲んでいる人はいるし、ミンク?をペットに散歩している人が居るは、串カツを揚げる油のにおいが街に漂っているは、他とは違う感覚になりました。通天閣の中も全然問題なく観光を楽しめました。百聞は一見にしかず、この街はネットの情報を調べ過ぎてはいけません、誤情報に惑わされます、実際に行ったら面白いです。

引用元-通天閣と治安 – 関西 解決済 | 教えて!goo

ガイドブックに載っているような観光施設でヤ○ザ興業と関係があるところはないでしょう。通天閣は周辺部にやや治安が悪い部分があるものの、ヤク○組とは関係なく、生活保護の世話にならない自由業者さんが多いだけのことです。通天閣周辺と駅の近くは大丈夫です。

引用元-通天閣と治安 – 関西 解決済 | 教えて!goo

大阪の新世界|治安の悪いのは以前のこと

「通天閣に行ってみたい」と今回始めて新世界を訪れたのですが、新世界には何となく「怖くて治安が悪い所」というイメージがありました。

実際に行ってみると、多くの人が言うように、良くも悪くも観光地化されており、通りを歩くのは通天閣や串カツ目当てと思われる日本人・外国人観光客ばかり。「見ただけで『ヤバイ』と思うような雰囲気」「怖い人や怪しい人、不可解な人が至る所にいる」ということはありませんでした。仮に居たとしても、こちらから積極的に関わらければ問題なし。

大阪の東梅田や東京の原宿に行った時の方が「あぁ、何か怖いな」と思ったほど。いわゆる「危ない所」と言われるのは、新世界よりも南、JR大阪環状線の外側エリアに限定されるように思うので、そう気構える必要は無いように思いました。

引用元-治安の悪さも今は昔?通天閣帰りに串かつ店の代表格「だるま」でサクッと逸品を食す – クートンブログ

まとめ

大阪の新世界は、少しずつ変化をしている様です。お店も串カツ店が多い中変化を求める動きがあって屋台村もできたみたいですね。

twitterの反応

 - 旅 旅行

ページ
上部へ