皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

「2016年は最悪のスタート」アベノミクスの成功と失敗

      2016/06/25

「2016年は最悪のスタート」アベノミクスの成功と失敗

アベノミクスでこれまで確かに円安、株高である一定の評価を得たのも事実ですが、旧「第3の矢」、構造改革はまだまだ道半ばであり、そういった段階で、安倍首相が自身の取り組みの強化ではなく、新たな「3本の矢」を発表することを選んだのは国民の皆さんも少なからず不信感を持ったのでは。

今回は、アベノミクスのこれまでの成功と失敗についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


アベノミクス成功・失敗|新3本の矢

安倍晋三首相は24日の記者会見で「アベノミクスは第2ステージに移る」と宣言し、経済成長の推進力として新たな「3本の矢」を発表した。これまでの3本の矢のうち市場や企業が最も期待した「成長戦略」が、なお道半ばと評されるなか、放たれる新しい矢とはどんなものだろうか。

引用元-アベノミクス「新3本の矢」を読み解く  :日本経済新聞

旧「3本の矢」は「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」の3つ。このうち日銀の協力を得た金融緩和は円安・株高でアベノミクスの基盤を築いた。財政政策は一時的な刺激策で評判はいまひとつ

引用元-アベノミクス「新3本の矢」を読み解く  :日本経済新聞

新たな3本の矢は、2020年に向けた経済成長のエンジン——。首相はこう位置づける。では新しい矢はどんなものか、もう少し具体的に見てみよう。

新たな3本の矢は(1)希望を生み出す強い経済(2)夢を紡ぐ子育て支援(3)安心につながる社会保障——の3項目。首相は「長年手つかずだった日本社会の構造的課題である少子高齢化の問題に真正面から挑戦したい」と意気込みを示した。

引用元-アベノミクス「新3本の矢」を読み解く  :日本経済新聞

アベノミクス|ある程度は成功していた(2014年12月)

三本の矢は最初のうちはそれなりにワークしていたと思います。大胆な金融緩和によって円安株高を招き、公共事業を大幅に増やすことで労働市場もかなりタイトになりました。結果として、去年の半ばから消費者物価もだんだんプラスになっていった。これは経済政策ではありませんが、オリンピックの招致も成功したことで国民の心理は、去年の半ばくらいは相当明るくなっていたのは間違いありません。そういう意味ではうまくいったと思います。
ただ、去年の後半くらいから限界が見えてきた。

引用元-アベノミクスは成功したのか | 言論スタジオ | 特定非営利活動法人 言論NPO

アベノミクスで日本経済は再生したのか?

小幡績(慶應義塾大学総合政策学部准教授)
内田和人(三菱東京UFJ銀行執行役員)
早川英男(富士通総研エグゼクティブ・フェロー)
湯元健治(日本総合研究所副理事長)
司会:工藤泰志(言論NPO代表)

引用元-アベノミクスで日本経済は再生したのか —安倍政権3年の実績評価 | 日本の将来を提言する | 特定非営利活動法人 言論NPO

3本の矢の目標設定の達成度について問われた早川氏は「円安、株価は○、消費者物価は△、経済成長は×」と評価し、湯元氏は「企業業績が過去最高益を更新し続けたことは、アベノミクスの成功した部分」としながらも、経済の好循環を生むまでには力強くなく、成長戦略は「道半ば」としました。

一方、民間企業の立場として内田氏は、「企業マインドが萎縮している中で金融・財政政策を総動員した効果は非常に大きかったが、少子高齢化や労働力の減少といったことから、設備投資へのマインドはそれほど強くない」と説明。新3本の矢が需要政策からサプライサイド政策に方向転換したのは、企業のマインドや個人の消費マインドを切り替える意味で必要なもの、と述べました。

小幡氏は「円安、株高、インフレのアベノミクスの第1ステージは今のところ100点満点」、しかし、「短期にサプライサイドで成長率を上げようとする第2ステージはやる気があるとは思えない。おそらく0点ではないか」と厳しく予想しました。

引用元-アベノミクスで日本経済は再生したのか —安倍政権3年の実績評価 | 日本の将来を提言する | 特定非営利活動法人 言論NPO

アベノミクスの失敗?|消費税の増税

消費税の増税は間違いです。昨今では、日本でも賃金格差が拡大するばかりで、低所得者層の生活は一層苦しくなっています。
消費税というのは、所得が低い方が税負担の割合が高くなる逆進課税です。低所得者は収入に対して貯蓄に回せる金額が少ないので、収入のほとんどを消費に回すからです。

引用元-アベノミクスは本当に失敗だったのか – NO TITLE

年間収入436万円以下の階級での平均消費性向(全所得に対して消費に使われた割合)は86.3%、436〜567万円では78.2%、567〜709万円では75.3%と、やはり所得が低いと消費の割合が高くなる傾向が見られます。
消費税は低所得者の負担が大きくなる税金なのです。格差が拡大する中、消費増税は間違いなのは明確です。2017年には10%になりますので、低所得層の生活がさらに苦しくなるでしょう。

引用元-アベノミクスは本当に失敗だったのか – NO TITLE

アベノミクスの失敗?|急進的な金融緩和をしたのに

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「アベノミクス、今こそ再考の時」と題した社説を掲げ、「アベノミクスの『3本の矢』は、財政出動と金融緩和で始まった。その結果、日本の公的債務残高は年末までに対国内総生産(GDP)比250%に達する勢いだ。

日銀は年間約80兆円規模の国債購入を実施しており、これは米連邦準備制度理事会(FRB)以上に急進的な量的緩和だ。それでも、銀行各行は融資を増やしておらず、デフレは続いている」「日本経済の停滞に終止符を打つという首相の公約は達成できておらず、今こそ抜本的に再考しなければならない」と勧告している(11月17日付)。

引用元-(2ページ目)海外メディアが一斉に「アベノミクスは失敗に終わった」…一方、安倍首相はデータをねじまげ「景気回復」の嘘を|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

アベノミクスの失敗?|信用を失って海外投資家が

東京株式市場では日経平均株価が連日のように下落し、株価下落の要因として、海外投資家が日本株を売る動きを強めたことがあげられているが、海外投資家は「アベノミクスは失敗した」と受け止めているのだから当然のことだ。

それだけでも日本株を売る動きにつながるが、さらに、首相をはじめ政府と日本のマスコミは「景気がそろそろ本格的に良くなってきた」などとウソをつきまくっているのだから、政府への不信が加速し、全面的な売りにつながっているのだ。

引用元-(3ページ目)海外メディアが一斉に「アベノミクスは失敗に終わった」…一方、安倍首相はデータをねじまげ「景気回復」の嘘を|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

まとめ

既に今現在多額の負債を抱えている日本国ですが、更に「新3本の矢」を実現するには資金が必要なのですよね。

twitterの反応

https://twitter.com/koji20881/status/691106505228025856

 - 仕事 経済

ページ
上部へ