皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

がんは人間の進化の過程で生まれた病気?!

      2016/06/26

がんは人間の進化の過程で生まれた病気?!

日本では生涯でがんに罹る可能性は男性の2人に1人、女性の3人に1人と推測されておりなんと年間30万人以上の国民ががんで亡くなっているそうです。これは3人に1人の割合で、もはや国民病とも呼べる状態です。そんな誰しもが恐れるがんは人間が進化していく過程で生まれた病気だと言われているようです。それは一体どういうことなのでしょうか?

人間が他の動物に比べがんに罹りやすいことと、人間の進化の関係についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


がんとはどのような病気なのか?

この「がん」ですが、「悪性腫瘍」とほぼ同じ意味です。

悪性腫瘍とはその名のとおり悪性の腫瘍であって、「腫瘍」とは、「細胞が勝手に増殖してできた塊」と定義することができます。

人間の体をつくっている細胞は、分裂して増えていき、それによって古いものと入れ替わったり、量が増えて成長していったりします。それは正常な作用なのですが、普通は、ある程度規則的に増殖していくところを、勝手にどんどん増えていくようになると、これは異常な状態と言えます。いわば細胞の暴走です。

この異常な増え方をした細胞が塊になったものが「腫瘍」で、さらにそれが、周辺の組織にどんどん広がっていったり(浸潤)、別の場所にも同じことが起きる(転移)ようになると、さらにたちが悪いということで「悪性」だとされます。これが悪性腫瘍=がんです。

引用元-がんとはどのような病気なのか? 種類と部位別死亡率について

がんができるとなぜ困るかというと、勝手に増殖して増えた細胞というのは、本来の役割や機能を果たしません。そんな細胞が広がってゆくと、内臓などの組織が本来のはたらきをしないため、健康が維持できなくなるというわけです。

引用元-がんとはどのような病気なのか? 種類と部位別死亡率について

がんは人類進化が生んだ病

動物界で人類のガン発生率は突出している。NHKスペシャルでは、チンパンジーと人の遺伝子は99パーセント同じで、違いは1%だけと解説していた。

その1パーセントの違いが、人に15倍も高いガンリスクをもたらしていた。ガン死亡率は人30%に対しチンパンジーは2%。人と比べて動物たちのガン死はとても低い。しかし、進化前に戻りたいとは誰も望んでいない。進化した知性でガンを克服し、更に豊かで健康な生活を享受したいと誰もが願っている。

5億5000年前、多細胞生物の発生と同時に、細胞分裂時のコピーミスでガンは生まれた。番組では1億5000年前の恐竜ディプロドクスの骨のガンを紹介していたが、恐竜たちにとっても、ガンは稀な病気だった。

人が二足歩行を始めてから、両手が使えるようになると頭脳は巨大化した。そして、知恵を付けた人は遠方から多くの獲物を持ち帰ることができるようになり、男は狩猟、女性は子育ての分業が始まった。その人特有の家族制度は、ガン増大に大きく関与している。

人の骨盤は二足歩行により形が変化し、人の赤ちゃんは未熟で生まれるようになった。未熟な赤ちゃんが早足歩行ができるようになるまで、最小3年は必要だ。その間、母親は食物を持ち帰ってくれる男をつなぎ止めなければならなくなった。そこで利用されたのが、愛し合う快感をもたらすドーパミンの過剰分泌だ。それは子育てのために必要なシステムだった。

引用元-病の起源・がんは人類進化が生んだ病。それが豊かさの代償なら受け入れ克服する他ない。13年5月20日: 散歩好きの絵描き

家族を構成した人類は、生き残り戦略をいつでも発情して繁殖できるように性システムを変えた。その結果、人の精子を作る細胞の遺伝子は変異して、際限なく分裂を続けられた。しかし、皮肉にも人のガンはその旺盛な増殖システムを取り入れ、人類はガンリスクに晒されることになった。

対して、チンパンジーではメスに明確な発情期があり、対応するようにオスの精子を作る細胞の増殖は一定期間で終わるシステムになっている。

人の脳の急速な巨大化に、細胞増殖に必要な脂肪酸を作る酵素FASが深く関与している。人のFAS酵素は他の動物と比べて強力に変異して、脳の巨大化を助けた。だが人のがんは精子増殖と同様に、パワーアップしたFASを大量に集中利用し、大増殖して人のガンを増大させた。

引用元-病の起源・がんは人類進化が生んだ病。それが豊かさの代償なら受け入れ克服する他ない。13年5月20日: 散歩好きの絵描き

人間の進化とがんの増殖の闘い

実は、人の精子の細胞増殖と
がん細胞の増殖の仕組みは同じだそうです。

さらに脳の巨大化とがんの増殖する仕組みに、
共通のFASという酵素(脂肪酸)が関わっている
ことがわかってきました。

がんは、増殖に脳を巨大化させる
仕組みを利用していたのです。

●がんのなりやすい現代の環境
高緯度で紫外線の少ない地域の大腸がんの死亡率が高い

紫外線は、体内にビタミンDを作ります。
実は、このビタミンDの量が大腸がんの発症率に
関係していることが全米の調査でわかってきました。

引用元-ヒトの進化とがんの増殖の闘い 病の起源 NHKスペシャル | 中高年から輝くために|人生を前向にするシニア情報サイトfrom4050

夜眠らない生活ががんの発症のリスクを高める

人は夜十分に睡眠をとることで、がんの発症をおさえる仕組み
を備えていたのですが、文明の発達がそれを阻害していることが
わかってきました。

がんの抑制に、血液中に含まれるメラトニンの量が、
関係していたのです。

メラトニンは、夜寝ている間につくられます。
つまり、夜、電気のついている明るいところにいると
メラトニンが作られなくなってしまうのです。

引用元-ヒトの進化とがんの増殖の闘い 病の起源 NHKスペシャル | 中高年から輝くために|人生を前向にするシニア情報サイトfrom4050

●画期的ながん治療薬 FAS阻害薬
FASが、がんの増殖にかかわっていることを突き止めた
ガブリエル・ロネット博士。

このFASの働きをブロックする物質を見つけ、
3年前精製することに成功しました。

その効果は、がん細胞を増殖をおさえ
死滅させることが確認されています。

FAS阻害薬は、がんの栄養となるFASを断ち切るため、
普通の細胞を傷つけたり、副作用はおきないといいます。

FAS阻害薬は、がんの画期的な治療薬として、
実用化に向け、今臨床試験の準備が進められています。

引用元-ヒトの進化とがんの増殖の闘い 病の起源 NHKスペシャル | 中高年から輝くために|人生を前向にするシニア情報サイトfrom4050

がんは人間の進化の代償?

遺伝学者のラスムス・ニールセンが、こう述べている。「私たちが発見したのは、精子の形成と、がん細胞の増殖に関連する、奇妙な進化的なつながりです。おそらく、精子に関わる遺伝子の変化が先に起き、その遺伝子をがん細胞が利用したのだと思います。突然変異は、生物に利益をもたらす一方で、弊害ももたらします。いわゆる『トレードオフ』です。これらの遺伝子の変化は、精子の形成には有利に働きましたが、がんという代償を生み出しました。こうした進化の一過程が、ヒトをがんになりやすくした要因になっているのだと考えています」。

新進気鋭の進化生物学者、メアリー・オコーネルが「注目しているのはFASという物質だ。FASはヒトはもちろん、魚やハエなど、ほぼすべての生物が持っていて、文字どおり『脂肪酸』を合成する酵素である。脂肪酸は、細胞を作る細胞膜などの材料となったり、脂肪をエネルギーとして蓄積したりするのに使われる」。「オコーネル博士たちは、ヒトがFASを作る遺伝子を大きく変化させたのは、大きくなった脳の活動を支えるためではないかと推測している。FASが脂肪酸を作る能力を他の動物よりパワーアップさせたというのだ」。ヒトの進化では、脂肪酸をより効率よく作るように遺伝子を変異させた個体が選択されるようになったというのである。

ガブリエル・ロネットらのFASの研究から、「がん細胞は、正常細胞のようにエネルギー(脂肪)を溜めておくためにFASを利用しているわけではないことが明らかになってきた。盛んに分裂を繰り返す際、新たな細胞の膜を作る材料として、FASが合成する脂肪酸を大量に必要としているのだ」。これらの研究を踏まえ開発中の「FAS阻害薬」と呼ばれる新しい抗がん剤が大きな注目を集めている。

引用元-がんに罹り易いのは、ヒトが進化した代償だった・・・【MRのための読書論(109)】 ≪ 榎戸誠の情熱的読書のすすめ

FAS酵素が鍵 ガンの特効薬?

FASの働きを弱めると、たった1日でもガン細胞の多くが消えたと報じられている。
また、ガンが欲する物質を断ち切るだけなので、副作用もほとんどないと聞く。まさに夢のような薬だ。

阻害薬を使っても脳は大丈夫なのか?成長に深く関係しているFASを封じ込めるのだから、脳の発達が心配だ。
これについては、はっきりした結論は報じられていないが、大人なら大丈夫だろう。成長期には活発に増える神経細胞も、成人するころには増加は終わる。

その後も皮膚のような世代交代はおこなわれず、老化の一途をたどっているのだが、神経細胞が新しくなると記憶が欠落する可能性もあるのでやむを得ない。

逆手にとれば、大人の脳はFASの手助けが必要ないので止めても害はない、と考えられる。もちろん最終的な判断は学者や専門家に任せるが、ガンの特効薬が誕生する日も、そう遠くないだろう。

引用元-FASと呼ばれる酵素が鍵「もしもガンの特効薬ができたら」 | 「マイナビウーマン」

まとめ

がんの特効薬もそうですが、今後人間がどのように風に進化していくのかも気になるところです。

twitterの反応


https://twitter.com/morphinegoodbye/status/614383264665481221


https://twitter.com/dancom/status/580050995138277377″

 - 健康 

ページ
上部へ