皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

アメリカの大学に入学する時の年齢って何歳位?

      2016/06/27

アメリカの大学に入学する時の年齢って何歳位?

日本ではストレートであれば大学に入学する時の年齢は18歳頃です。いっぽう日本とは違い様々な年齢層の人がいると言われているアメリカの大学では何歳くらいに入学する人が多いのでしょうか。

アメリカの大学と入学時の年齢について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


アメリカの大学進学率、入学年齢

日本では、大学に入学するのは高校を卒業して(浪人をしなければ)すぐの18歳ごろというのが一般的な認識で、文部科学省の統計データでも明らかになっているのですが、実は世界の常識とは少々事情が異なっているとしたらどうでしょうか?

引用元-世界主要国の大学進学率、大学入学年齢はこうなっている!—ノルウェー:大学入学年齢平均:30歳 | 生活 | 大学生活 | マイナビ 学生の窓口

●アメリカ

・大学進学率:74%
・大学入学年齢平均:27歳

世界1位の留学生受け入れ国。4,000を超える大学があり、専攻の数も650以上。多様な価値観を受け入れる懐の深さと、世界最先端をいく科学力がその魅力です。入るのは簡単ですが、卒業するのは非常に難しい、日本の大学とは正反対の性格を持ちます。

引用元-世界主要国の大学進学率、大学入学年齢はこうなっている!—ノルウェー:大学入学年齢平均:30歳 | 生活 | 大学生活 | マイナビ 学生の窓口

アメリカの飛び級制度(質問)

アメリカの飛び級制度とは、どんなものなのでしょうか?
現在高校1年の人が大学に入るにはどうしたらいいのでしょうか?

引用元-アメリカの飛び級制度とは、どんなものなのでしょうか?現在高校1年の人が大… – Yahoo!知恵袋

アメリカの飛び級制度(回答)

アメリカの高校は単位制で、教室も大学と同じように科目ごとに自分が登録している教室に生徒が移動する形式ですから、高校1年目でも、自分が「能力と理解力があって、授業について行ける」と思えば、最終学年向けの科目を取ることができます。また、能力のあると思われる生徒はPSATやSATという全国共通テストを高校に入った年や早めに受けることを薦められ、その結果で高校のアドバイザーが自分の年齢よりも進んでいるクラスを取ることを薦める事もあります。

このようにやっていくと、進んでいる生徒は高校最後の年や一つ前の年には科目によってその高校で受ける授業が無くなります。そのときに大学が近くにあると、許可を貰ってその大学のコースを受けることが出来ます。私の学校区では、その大学のコースでB以上の成績を取ると、その授業料は学校区(教育委員会)が後で返金してくれる仕組みになっています。

このように高校生の年齢でありながら大学で受けた授業は、高校卒業の単位に認められるだけでなく、同じ科目が大学によっては大学卒業の単位にも認められることがあります。
したがって、大学(主に州立・公立大学)を普通よりも早く卒業できます。

引用元-アメリカの飛び級制度とは、どんなものなのでしょうか?現在高校1年の人が大… – Yahoo!知恵袋

アメリカ大学教育の苦悩

「アメリカ社会は日本以上に学歴社会だ」というのは、結構有名な話かもしれません。しかし、日本で言う学歴と、アメリカで言う学歴は若干意味が異なります。

日本で言う学歴とは、東大、京大、早稲田、慶応などのような有名大学を出ていることを意味していると思いますが、アメリカでいう学士は学士号、修士号、博士号、といったような学位の高さを意味します。極端な例、ハーバードを出ていようが、その辺の州立大学を出ていようが、企業からしたらどこの大学をでたというよりもどのレベルの学位をもっているかの方が重要なわけです。もちろん、物事には例外はつき物で、企業によっては学閥もあるし、コネがなければ入れない、なんてこともありますが。

引用元-アメリカ大学教育の苦悩② −アメリカの労働市場−|アメリカの大学政策事情

今アメリカで高卒だけではもう就職はできなくなっている、というのは社会の常識になっているようです。もちろんアルバイトみたいな仕事はできますが、いわゆる中流階級レベルの生活をするためには、最低でも大学をでなければ、就職ができないわけです。もちろん大学をでさえすれ就職できるという保障はありません。ただ、最低でも就職戦線に参加することはできるわけで、高校卒業者は就職活動すらできないというわけです。
アメリカは日本と違って、貧富の差が激しいです。そして、その差はますます広がっています。その原因の一つが、この労働市場の仕組み、そして学歴社会にあるわけです。

そして、貧困階級にいる人たちのほとんどが高卒者、もしくはそれ以下なわけです。彼らは、そういった暮らしから抜け出そうと、大学へ行こうとします。しかし、昨日述べたように学費の高騰がそれを阻むわけです。もちろん、政府も貧困階級対象の奨学金を給付しますが、財政難により支出を抑えざるを得ないわけです。

引用元-アメリカ大学教育の苦悩② −アメリカの労働市場−|アメリカの大学政策事情

ところで、アメリカの大学には様々な年齢層の人がいるといわれます。30代40代になって大学に来ている人は、もちろん趣味で勉強しているなんて言う人もたまにはいるかもしれませんが、ほとんどは就職をするために来ているといっても過言ではないと思います。日本では、「様々な年齢の人が学べるアメリカの大学はなんて素晴らしいんだ!」、と思っている人もいるかもしれませんが、それはそうせざるを得ないアメリカの社会状況を理解する必要があります。

故に、「日本の大学もアメリカのように様々な年齢層の人を受け入れていかないといけない!」、と思いたくなる気持ちは分かりますが、大学そのものの権威が失墜してしまった日本では、30−40になって大学にわざわざ戻ろうという人がいるのかどうかが疑問だし、需要がそもそもないような気がします。理想論としては素晴らしいと思いますが、理想論に手を出す前に現実になさねばならないことは山ほどあるように思います。

日本の大学で必要なこと、それは社会から失った信頼を取り戻すことだと思います。

引用元-アメリカ大学教育の苦悩② −アメリカの労働市場−|アメリカの大学政策事情

アメリカでは年齢は関係ない

「X歳で大学院を出てアメリカで仕事があるでしょうか」

などとよく聞かれて、その度に「いや、年齢関係ないです」と返事しているんですが、何度も繰り返し聞かれるので、これだけのエントリーをば。

えと、そもそもですね、アメリカでは年齢による上下関係という概念が薄い。兄弟は上も下もbrother。姉妹は上も下もsister。先輩・後輩、にぴったりした表現がないので、日本語/英語バイリンガルの人同士だと、英語で話してても、He’s my senpaiとか言ったりする。(普通の英語の会話だったら、he’s my co-worker)。そもそも気にしていないので、日常生活の中で相手の年齢を聞くことがあまりない。

その上さらに雇用における年齢差別禁止の法律もあるので、雇用時にはさらに注意深く年齢を聞かないことになっている。

だから、

「そもそも誰にもあなたの年齢などわからない」

のです。

ただし、50代、60代となるとさすがにちょっと厳しくはなる。が、それまでは、東アジア系の我々は、それ以外の人たちより10歳は若く見えることが殆どなので、どちらかというと老けていると思われるリスクより小僧に見られるリスクの方が高い。

(もちろん、自分より10歳年下のクラスメートに囲まれて勉強するのはウザイとか、そういう自分の側の問題は別にあります。)

「年上の人を敬う」ということが日本の大事なカルチャーな訳で、その中で育つと、「年齢を気にしない」という別文化があることが中々想像しにくいと思いますが、本当にあるんですよ。

引用元-アメリカでは年齢があまり関係ないことについて | On Off and Beyond

まとめ

何事にも年齢での縛りある日本とは根本的に違うのでしょうね。

twitterの反応

https://twitter.com/acc_ayk/status/626535979583586304


https://twitter.com/cassava274/status/618936083309424642

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ