皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

エジソンの発明?晩年の霊界通信機とは?

      2016/06/27

エジソンの発明?晩年の霊界通信機とは?

知らない人はいない世界の発明家トーマス・エジソン。84歳まで生きたエジソンの晩年の発明には『霊界通信気』というものが存在するそうですが、科学とは対照的な感じがする霊界との通信・・・それは一体どういうことなのでしょうか?どういった経緯で発明されたのでしょうか?エジソンの晩年の発明について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


発明王エジソンの生い立ち

エジソンは製材所を経営する父サミュエル・オグデンJr・エジソンと、宣教師の娘で、小学校教師の経験を持つ母ナンシー・エリオット・エジソンの7番目の子供として1847年2月11日にオハイオ州で誕生した。
祖先は150年前にオランダから移住して、アメリカ・カナダ独立戦争を戦っている。

祖父は102歳の長寿で、超人的努力を可能にした健康な肉体も84歳の長寿もそのDNAによるものだ。

エジソンは優秀な児童ではなくADHD(注意欠陥・多動性障害)であったという話は良く知られている。

「なぜ」を連発し、1+1=2と教えられても鵜呑みにする事が出来ず、1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なのと先生に質問して、「エジソンの頭は腐っている」と言わせてしまったと言う。

そのため、小学校に入学するもまもなく退学させられ、母ナンシーが教えることになったのですが、その事が発明王エジソンを誕生させる事になるのです。

引用元-発明王エジソン

主な発明品

1.株式相場表示機

エジソン、株式相場表示機で大儲け

1869年に株式相場表示機を発明(実際には以前からあったものを大幅に改良)。この特許が4万ドルで買い取られる。本人は5000ドルで売るつもりだったらしいが、当初の想定の8倍で売れたことに心臓が止まるかと思うほど驚いたらしい。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

2.蓄音機

エジソン、蓄音機を発明

1877年に蓄音機の商品化で名声を獲得する。音を記憶する装置自体はその20年程前に別人によって発明されていたが、エジソンなどの改良によって音の再生もできるようになり普及する。広義での蓄音機の発明はエジソンによるもの。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

3.電話機

電話機の実質の発明はエジソン!?

通説では電話機の発明者は別人とされているが、炭素粒を用いたカーボンマイクの採用や誘導コイルによる送話距離を伸ばしたのはエジソンだ。電話機の発明を巡っては多くの人と争った。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

発明王エジソンの晩年

エジソンが白熱電球の改良研究を行っていた1883年、最愛の妻メリーが病気で帰らぬ人となってしまいます。その後、エジソンは再婚を期に長年親しんだメンローパークからウェストオレンジに研究の場を移し、更なる研究を続けたのです。

このウェストオレンジ研究所への移転と同時に、「エジソン・ゼネラル・エレクトリック」社を設立しています。この会社は後にエジソンの手を離れ「ゼネラル・エレクトリック」社、通称GE社として名を残しています。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

霊界通信機の研究
エジソンは常々、「発明に関するひらめきは宇宙から送られてくる」といった発言をしていました。

エジソンは魂というものは宇宙を構成するエネルギーであると考え、自分のひらめきとは魂が送ったメッセージなのだと考えていたのです。つまり、エジソンはユング心理学が言うところの「集合的無意識」が魂の持っていた記憶であると考えていたのです。つまり、エジソンが考えていた霊や霊界というものは怪しいものではなく、「人はどこへ行くのか、そして記憶や経験というものはどうなるのか」という疑問を自らの力で解き明かすための過程であったのです。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

人工ゴムの開発
ゴムはかつて、ごく一部の地域でしか栽培・採取できないものでしたがイギリスの植物学者たちによって東南アジアでの栽培が可能になりました。しかし、ゴムの需要が自動車の普及などで爆発的に増加したことで、天然ゴムだけでは供給を賄うことができなくなったのです。

最晩年のエジソンは友人で自動車王のフォードたちと協力してゴムノキ以外の植物でゴムを作る研究に取り組んだのです。研究には成功したものの、石油からゴムを合成する技術が開発されたことでエジソンの人工ゴムの生産は途中で打ち切られることになりました。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

晩年のオカルト研究

エジソンには超自然的、オカルト的なものに魅せられていたという一面もあった。ブラヴァツキー夫人やバート・リーズの降霊術を信じていて、ブラヴァツキー夫人の開く神智学会に出席したこともある。また、来世を信じ、後半生は死者と交信する電信装置 (Spirit Phone) を研究していた。ただし、あくまでエジソンは合理主義者を自負しており、1920年代を通じて常に自由思想家協会を支持していた。

引用元-トーマス・エジソン – Wikipedia

エジソンは、「人間の魂もエネルギーである」と考え、「宇宙のエネルギーの一部である」と考えていた。「エネルギーは不変なので、魂というエネルギーは人間の死後も存在し、このエネルギーの蓄積こそが記憶なのだ」と考えていた。エジソンの言によれば、自分の頭で発明をしたのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、「宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていたに過ぎない」のだという。

引用元-トーマス・エジソン – Wikipedia

エジソン晩年の研究の最大の謎

「死後の世界や霊との通信機械」・・・エジソンが晩年に発明攻略に挑戦した、この機械は本当に実現できる確かな理論に基づいた代物なのでしょうか?

「そんなこと、出来る筈がない・・・」という気持ちと「いや、あの数々の不可能を可能にしてきたエジソンが確信をもって開発していたのだから、ホンモノかも?」という2つの気持ちが交錯しています。

それでは、このはっきり言って、かなり無茶な話を、エジソンと同時代の偉人達はどう感じていたのか?

まず、エジソンの発明における最大のライバルであるグラハム・ベル。

実はグラハム・ベルも又、「考えることによって電気と同じパワーが生成される。例えて言うと、脳細胞は電池の役目も果たしていて、その電池が電流を神経内に流すようなもの」ということを主張しており、この「考える」ためのエネルギーということに関しては、エジソンと似た考えをしていた・・・ということです。

また、「自動車の世紀」の育ての親、あのヘンリー・フォードもまたエジソンを敬愛してやまない一人でしたが、この「死後の世界や霊との通信機械」についての話をエジソンからさんざん聞かされてきたようです。

通常、そんな怪しい話を持ちかけられたら、「変なヤツ」とばかりに逃げてしまいそうなものですが、フォードは逃げるどころか、晩年のエジソンの屋敷の隣に自分の別荘を建て、さらには、この「死後の世界や霊との通信機械」に対してかどうかはわかりませんが、多額のお金を融資したりしていま

上記2つの話から考えると、エジソンの話は本当だったのでは?と考えたくなります。というのも、偉くなった人というのは、それなりの人を見る目が養われたりしています。

もしエジソンの話がどう考えても「嘘八百」としか思えなかったとしたら、あのフォードが融資まで実行するでしょうか?

引用元-晩年のエジソンと同時代の偉人たちは、死者との交信をどう考えていたのか???:エジソン晩年の研究の最大の謎!エジソンコードを解明せよ!

まとめ

奥さんを感じたかったのでしょうか?であればロマンチックです♪

twitterの反応


https://twitter.com/subetenotisiki/status/649480178561773568


https://twitter.com/loaobo/status/607537804243918848″

 - 雑学

ページ
上部へ