皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

キャリアの女性に結婚のメリットってあるのでしょうか?

      2016/06/25

キャリアの女性に結婚のメリットってあるのでしょうか?

現代社会では、女性のキャリア志向も高まり

女性ひとりでも生きていける時代です。

女性に結婚のメリットがあるのかを探ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

女性に結婚のメリットはあるの?

「結婚したらできるなら女性に家事育児介護のほとんどをやって欲しい」
「結婚しても女性には働いて欲しい」
という男の本音に触れるにつけ、結婚しても、働く女の自分にはなんのメリットもなく苦労するだけだなと思う最近です。

引用元-−-YOMIURIONLINE大手小町

あわれな女性ですね

心が乾き切っているのでしょうか?
結婚により得られる精神的安定、安堵、自分の味方の存在など、メンタル面はあまり意識されないで生きてこられたのでしょうか?
深夜に及ぶ激務の後に、先に帰宅してるかもしれない夫の顔を見る喜び、あなたにはわからないものなのでしょうね。

引用元-−-YOMIURIONLINE大手小町

実際は結婚してみないとわからないんです。

すごく尊敬して出来た人でも、いざ結婚したら自分にメリットを感じない人もいます。
幸福も不幸も個人の尺度により感じ方は違います。
それをメリット・デメリットで考えるなら、トピ主さんは結婚は止めておいたらいかがでしょうか。
そんな自分に好都合な男(家庭)なんて存在しないから。
それは相手(男)も同じです。

私も働く普通の独身でした。
結婚願望は無く、メリットも感じませんでした。
何をどう転んだか、今は夫と結婚して15年たちます。
けれど、まだ答えは出てないです。

夫は働き者。家事も出来るし、子煩悩。これはメリット?
でも私は一人の時間はまず取れず、
夫親族や子供の事ばかりで自分は後回し。デメリット?

でもそうとも割り切れないんです。
答えなんて、死ぬ間際にもしも出れば、それはすごい事だと思いますよ。

引用元-−-YOMIURIONLINE大手小町

結婚は「メリット」「デメリット」で考えるべからず?

・「『結婚のメリット』と言い出す時点で止めた方が良い気がします」(うーちゃん)

・「損得ばかり考えるからでしょう。最近男女問わず、結婚をメリットデメリットで考える人増えましたね。最近の傾向を見ると、結婚って単なる生活の相手探しなんだっけ?と間違えそうになります」(太っ腹中年さん)

・「目的を同じにすればそんなに損得はないもの。夫婦は川の向こう側とこちら側にいるのではなく同じ岸に立ち同じ方を向くという事と思っています」(のんのさん)

・「二人が平等にということで、夫婦どちらもがそのスタイルでは二人ともが昇進の機を逃し、二馬力なのに、生活的にも精神的にもあまり裕福ではないことになってしまうかも」(momoさん)

引用元-−-Peachy

メリットがわからない……女は結婚すると損ばかり?

今の時代って、テレビやネットを見ていても、女性は社会で働いて、結婚して、家事をこなして、子供を産んで、子育てしながら働け。みたいな風潮です。将来的には夫の親の介護も。
昔の女性は、結婚したら家事や子育てに専念するかわりに、夫に養ってもらうギブアンドテイクが成り立っていたし、男性にも、女は守るものという価値観が主流でしたよね。でも現在は、男性同様バリバリと働くことが求められ、子供まで産めと。
結婚へのあこがれはありますが、苦労を考えると……。だからといって未婚でいるのも肩身が狭いし。女性って損ばかりですよね? 一体、結婚になんのメリットがあるのかわからなくなります。周りの女の子が必死で婚活している意味もよくわかりません。

引用元-−-恋愛.jp

アラサー女性の良さって?

私の経験上、街婚や合コンで出会った30代の女性の印象としては

●既に自分が形成されており自我が強い(絶対に折れないし、染まらない)
●30年も生きると、女も生意気な人が多い(喧嘩になる)
●肉体的な劣化が一目でわかる(若作りしても化粧を落とせば…な女性ばかり)
●人間は20歳がピークで老化が進み30歳から急降下する
●お金に対する執着心が汚い
●車で送り迎えしても、奢られても普通の態度を取る。(感謝の気持ちが見れない)
●子供が中々出来ないと1人目で母体が36歳なんてことも・・・
●時間が無いから!1年で結婚!っとせかす

などで素敵と思える人が1人もいませんでした。
正直、顔もそんないいか?という方ばかりでした。

対して20代前半の女性はピュアで何をやっても喜ぶし、奢れば心からありがとう、私も払います!といい子ばかりです。感謝の気持ちすら忘れて当然でしょ?とか考えるアラサー女性とは違います。

引用元-−-教えて!goo

8歳年下の女性と結婚した男です。

理由は質問者さんと同じですね。30過ぎた女性って生意気で自我が強くて可愛げがないのですよ

一番嫌だったのが
「あー、仕事終わっちゃったー、家に帰りたくねーなぁ」という未来が見えたことです(笑)

結局、30代女性とはお別れしましたが30代の女性ともなると必死で暫く電話やメールが続きストーカーの一歩手前まで行ってました。

紆余曲折して出会ったのが今の嫁さんです
8つも年下だとやっぱり純粋でいいです
自分の色に妻が形成されていきますから そりゃ相性だって良くなりますよ

引用元-−-教えて!goo

独身と結婚、どちらがいいのか

どちらにもメリットがありデメリットがあります。独身を選ぶ場合は自分の問題ですが、結婚を選ぶかどうかは相手がそこにいてこそ。縁を感じる相手に出逢えたのなら、デメリットを考えるよりも先にメリットしか考えられなくなるのではないでしょうか。
「結婚するタイミングだった」と語る既婚者も居ますので、その時と思える時まで決断を下さないこともひとつの選択方法かもしれませんね。

引用元-−-女性の美学

まとめ

色々な意見がありました。結婚は損か得でするものではありません。メリットという次元で考えることも役に立つかもしれませんが、実際に結婚している方達は感情が先にたって結婚へ踏み切ったという意見も沢山ありました。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/mote____/status/616232308375314432
https://twitter.com/attackonchikuwa/status/616136285908963329
https://twitter.com/lovjunky1234/status/616084545931055104


https://twitter.com/kuro_kutar/status/615707285835247616

 - 人生 職業

ページ
上部へ