皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

ストレスが原因かも?!蕁麻疹の症状と対処法

      2016/06/26

ストレスが原因かも?!蕁麻疹の症状と対処法

これは蕁麻疹?突然体に現れたポツポツは自然治癒で治まるような症状のものもあれば治療が必要なものもあります。

体に何かしらのトラブルがおきていることには間違いないのですがその原因が定かでないと対処も難しいもの。

特にストレスによる蕁麻疹は軽んじると更なる病気をもたらす危険が潜んでいるようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


蕁麻疹のメカニズム。どんな症状が現れる?

じんましんの症状とは?
じんましんはその症状として、蚊に刺されたときのような、赤いふくらみが現れる皮膚トラブルです。突然、体の一部に現れたかと思うと、数時間で何事もなかったかのように消えてしまうというのも、特徴の1つです。

その形状は、2~3mmの円形や楕円形のものから、直径10cm以上にもなる地図状のものまで、じつにさまざまです。多くはかゆみを伴いますが、場合によってチクチクとした痛みや、灼熱感(熱く焼けつくような痛み)を感じることもあります。

また、症状が強い場合は、いったん消えたかと思うとまた別の場所に現れたり、次々と新しいじんましんが出て、体中に広がることもあります。

「湿疹とはどう違うの?」と思われる方がおられるかもしれません。かゆみを伴う点はどちらも一緒ですが、じんましんの場合、湿疹と違って患部がカサつくことがなく、皮膚の一部がふくらみ、しかも短時間で消えるという様子から湿疹と区別することができます。

引用元-「じんましん」ひどくなったときの対処法|教えて薬剤師さん|ヒフノコトサイト|田辺三菱製薬

蕁麻疹の発症箇所は決まってません。

 
特に発症しやすいのは太腿、股、腹部、臀部、乳房周辺になりますが、

残念なことにそれに限らず頭皮、手の甲、足(脛・ふくらはぎ)、背中、唇など、皮膚面であれば何処にでも発症する可能性があるため、限定することは出来ません。

あまり知られてはいませんが、口の中や胃腸、咽頭、気道にも発症することがあり、発症した場合、痒さ以外にも腹痛、声枯れ、呼吸困難、呼吸障害、胃腸障害を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。

また、稀に目にも発症することがあり、目の粘膜に蕁麻疹が発症すると、目が開かなくなるほど膨れ上がることがあります。

引用元-蕁麻疹の出る場所とその原因

皮膚の血管内や血管周辺には、極めて小さい粒子がたくさん詰まった肥満細胞が散らばっています。この肥満細胞の小さい粒子にはヒスタミンという成分が含まれています。
アレルギーや外部刺激など、じんましんの原因物質が肥満細胞を刺激することで、その肥満細胞からヒスタミンが放出されて、血管内に広がります。
血管には目には見えない小さい穴がたくさん開いていますが、分泌されたヒスタミンの影響により、血管が拡張されて穴も広がります。
この穴からはサイズが大きい赤血球や白血球は漏れることはありませんが、血漿と呼ばれる血液の液体成分は漏れて、血管の外に滲み出ていきます。
その結果、血漿が皮膚の一部を盛りあげて、じんましんの特徴である皮膚表面の赤みやむくみが現れます。さらにヒスタミンはかゆみの神経を直接的に刺激するため、じんましんが発生した箇所はかゆくなりやすいです。

引用元-じんましんを発症する理由!肥満細胞がヒスタミンを放出する|蕁麻疹(じんましん)事典

皮膚の下に存在する「肥満細胞」から何らかの刺激で「ヒスタミン」という物質が出ると、毛細血管から血液成分の一部がもれ出て地図状に盛り上がり、かゆみを引きおこす。これは食品や薬品(抗生物質、解熱鎮痛剤など)によるアレルギー、摩擦、急な温度変化などの物理的刺激が原因となることが多い。

「食品では、人間に近い豚肉や牛肉などを食べてもじんましんはあまり起きません。鶏や魚類、甲殻類と、だんだん豚・牛肉から離れるにしたがってじんましんは起きやすくなります。人体が異物と認識してアレルギー反応が起きやすいからでしょう」。

ただ、実際に原因を特定するのは非常に難しく、血液検査などのアレルギー検査をしても多くは「わからない」と言われるという。

引用元-疲労やストレス……じんましんの意外な原因に迫る – リラックス時にも注意 | マイナビニュース

蕁麻疹の症状から原因を追及する

蕁麻疹の種類の大分類

蕁麻疹は、大まかに次の4つに分類することができます。

(1)急性・慢性
(2)アレルギー性
(3)物理性
(4)その他特殊系(血管性・ストレスなど)

引用元-蕁麻疹の種類 | ヘルスケア大学

(1)急性・慢性

急性蕁麻疹
1ヶ月以内に治るもので、毎日のように症状が現れます。細菌・ウイルス感染などが原因であるアレルギー性のものが多いと言われています。

慢性蕁麻疹
1ヶ月以上続くもので、毎日のように症状が現れます。原因が特定できず、非アレルギー性のものが多いと言われています。

(2)アレルギー性

アレルギー性蕁麻疹
食べ物や薬剤などが原因で、いずれも身体の中に何か特定の物質が入り込むことによって症状が現れるものです。何かを摂取した時だけ症状が出るという場合には、このアレルギー性蕁麻疹を疑いましょう。

その他原因となるものは、ペットの毛やハウスダスト、ダニ、花粉、虫などがあります。

(3)物理性

物理性蕁麻疹
物理性蕁麻疹には、とても多くの種類があります。寒冷、温熱、接触・摩擦、日光、コリン性蕁麻疹と言われるものは、すべてのこの物理性蕁麻疹に含まれます。物理性蕁麻疹の場合、物理的に刺激を受けた箇所に膨疹(ぼうしん)が出ることが多いので、見分けやすいでしょう。

・寒冷蕁麻疹
外気やエアコンの冷気に触れ、身体の特定部分の温度が下がった時に症状が出るものです。

・温熱蕁麻疹
布団やお風呂、エアコンなどの温かい刺激によって、身体の特定部分の温度が上がった時に症状が出るものです。

・機械性蕁麻疹(接触・摩擦による蕁麻疹)
腕時計のバンドやきつい下着、ショルダーバッグの持ち手など、外部から皮膚への刺激によって症状が出るものです。

・日光蕁麻疹
紫外線の強い季節に、外で直射日光に当たった部分にだけ症状が出るものです。

・コリン性蕁麻疹
運動したりお風呂に入ったりした際など、汗をかいた時に症状が出るものです。「コリン」というのは、汗腺を刺激する「アセチルコリン」という物質名に由来しています。一つ一つの膨疹の大きさが、1~4mm程度と小さく、子どもに多く発症します。

(4)その他特殊系(血管性・ストレスなど)

その他、蕁麻疹には次のような特殊なものがあります。

・血管性浮腫
唇やまぶたなどがある日突然腫れ上がり、2~3日後に消えるものです。かゆみは伴いません。

・ストレスによるもの
ストレスやヒステリー、てんかん、自律神経失調症など精神的な問題を抱えている時に身体に現れるものです。

引用元-蕁麻疹の種類 | ヘルスケア大学

ストレスが原因の蕁麻疹

検査をしても蕁麻疹の原因が特定できない・・・突如発症する蕁麻疹・・・
このような悩みはありませんか?

そんな蕁麻疹・・・心因性であることもあります。極度の緊張や精神的なストレス、肉体的なストレスが原因です。
 
ほとんどの心因性の蕁麻疹は、自然に治まることが多いです。
しかし、継続的に毎日ストレスを感じ、その都度蕁麻疹が発症するようなら注意が必要です。
蕁麻疹だけにとどまらず、うつ病になってしまう恐れもあります。
「不安、焦燥、抑うつ、無気力、引きこもり」のような精神的症状を自覚することがあるようならば「心因性の蕁麻疹」の可能性が高いので、原因となるストレスを解消しなくてはなりません。

引用元-原因が分からない蕁麻疹…もしかして心因性蕁麻疹ではありませんか?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

何だか皮膚がかゆくてたまらないのに、別に虫に噛まれたわけでもない・・・。
それは蕁麻疹が表れているのかもしれません。

蕁麻疹の原因の特定ははっきりとはされていませんが、アレルギーや食べ物が原因ともされています。

しかし思い当たるものがなければ、蕁麻疹の原因はストレスかもしれません。
自覚症状がなく精神的ストレスが大きいと心因性蕁麻疹といってブツブツが出てきます。

これは夕方から夜にかけて出るのが特徴ですよ。

ストレスは蕁麻疹を悪化させ、時間がたつと消えるからといって放っておくと症状もどんどん悪化します。

ストレスは蕁麻疹すらも引き起こしてしまうんですね(;_;)

引用元-えっ!突然の蕁麻疹の原因はストレスから!? | shittoku.xyz

心因性じんましんはストレスを中心とした心の病が原因で発症するじんましんです。ストレスを感じるたびに発疹が出現して、赤い膨らみとかゆみを伴ったときは心因性じんましんの可能性が高くなります。
自覚症状なしで精神的負担を背負っていると、原因不明で皮膚に肌荒れや湿疹などの変化が現れることがあります。この状態を放置することで肌は悪化しやすいですが、自然に治まる可能性も高いです。

ただ、急激な環境の変化や著しい精神的ショックを体験したり、慢性的に不都合な状況にさらされたケースでは、柔軟に対処していく力が及ばずに、心の病にかかりやすいです。
特に極度の不安、焦燥感、抑うつ、無気力、引きこもりといったような精神的症状を自覚することがあります。このような症状が慢性的に出現する状態は「心因性疾患」と呼ばれています。

心因性疾患は主に神経症、心身症、躁うつ病に3種類に分けられます。さらに心因性じんましんはてんかんや自律神経失調症などの病気、内向的な人や情緒不安定な人にも起こりやすいです。

引用元-心因性じんましん – 過度のストレスで皮膚の状態が悪化する|蕁麻疹(じんましん)事典

心因性の蕁麻疹には、ストレスが大きく関係します。ストレスを受けることで、脳からの指令によって、ストレスホルモンと呼ばれるものが分泌します。ストレスホルモンは、免疫機能を低下させる働きを持っているため、長期に渡ってストレスを受け続けると、免疫機能にもその分、影響を与えます。蕁麻疹のようなアレルギー疾患は、免疫機能と深い関係を持っているため、ストレスによって、蕁麻疹が起こってしまったり、悪化してしまったりするのです。

心因性の蕁麻疹の場合、症状が慢性的になりやすく、なかなか治らなかったり、治っても繰り返しやすくなったりするため、病院へ行き、きちんと医師の指示を仰ぐようにしましょう。ストレスが原因だと思ってしまうと、わざわざ病院へ行かなくても大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、蕁麻疹症状が長引けば、それだけ痒さや痛み、見た目などの問題からストレスを新たに生じ、蕁麻疹を悪化させてしまうこともあるからです。また、蕁麻疹の症状が、自己免疫疾患などの病気による可能性もあるため、注意が必要です。

引用元-ストレスと蕁麻疹/職業性ストレス簡易調査票

ストレス性蕁麻疹になってしまったら?

蕁麻疹が出たら、まずはすぐに冷やしましょう。

蕁麻疹は強い痒みを伴うことが多く、掻くことで症状が悪化してしまいます。
痒みを止めるには、冷たいタオルや氷水を入れた袋を患部にあてて冷やすのがよいでしょう。

また、蕁麻疹は数分から数時間で消えてしまうことが殆どなので、その後に病院へ行っても症状を伝えることは難しい場合があります。

そのような時は、蕁麻疹をスマートフォンなどで撮影しておくのも一つの方法です。画像があると医師も判断がしやすくなります。

そして、蕁麻疹が消えたからと言ってアルコールやコーヒーなどは飲まないようにしましょう。

引用元-ストレス性蕁麻疹の症状と対処法【市販薬のおすすめは?】

日頃のストレス発散させるも治療の1つ

心と体のストレスは一定の限度を超えると、さまざまな病気の原因となったり、症状を悪化させたりすることがあります。
じんましんも例外ではなく、ストレスはじんましんを悪化させる要因です。じんましんは食物や物理的刺激で起こる病気として有名ですので、ストレスが原因と気付くまでは時間がかかるかもしれません。
特に自覚症状がないストレスが続くと、軽いストレスに対しても過敏に身体が反応しやすいです。例えば、仕事でクレームを1本受けただけで、胃痛や頭痛が起こります。
定期的に繰り返して現れる心因性じんましんでも、心身のストレスにより発症頻度が高く、次第に症状も悪化していきます。
仮に心因性じんましんの疑いが濃厚であり、それ以外に体の異常が見つからない場合は、心因性じんましんを自分では気付かないストレスの信号と受け止めて、仕事やプライベートの内容を見直す機会にしたいです。
心因性じんましんの治療では、一般的なじんましんの治療で使用する抗ヒスタミン薬の内服や注射などを行うよりも、精神的負担を軽減させて、ストレスをなくすほうが健康的に治療できます。
原因物質が精神的負担と判明されているために、心因性じんましんの治療では精神的負担を避けることが大切です。

引用元-心因性じんましん – 過度のストレスで皮膚の状態が悪化する|蕁麻疹(じんましん)事典

蕁麻疹がでたら症状で自己判断せずに病院へ

蕁麻疹が出た場合、皮膚疾患ということでやはり専門である皮膚科を受診するのが妥当だと思います。

皮膚科では抗ヒスタミン系の内服薬やステロイド系の塗り薬が処方され、痒みや痛みに対しての対処療法が行われます。

また、皮膚科ではアレルギー検査も行いますのでアレルギー性蕁麻疹の診断や、検査を行った結果どこにも異常がなかった場合は、ストレス性蕁麻疹の診断もされます。

アレルギー性蕁麻疹の場合は、アレルギーそのものを改善する必要があるため、アレルギー科へ行くのがよいでしょう。

さらに、蕁麻疹の原因がストレスではないか?と思える場合は、最初から心療内科へ行くのもよいでしょう。

心療内科でもストレス性蕁麻疹の診断もしてもらえますし、蕁麻疹の症状を抑える薬と共に、ストレスが原因でうつなどの病気になっている場合はそちらの治療も進めていくことができます。

引用元-ストレス性蕁麻疹の症状と対処法【市販薬のおすすめは?】

基本は、まず皮膚科です。

目の前の問題である、この赤い発疹を、まずは飲み薬(抗ヒスタミン薬)と
塗り薬(ステロイド薬)で、対処しなくてはなりません。
対症療法で、一旦「噴火」を押さえないと、日常生活にも
支障がでます。

私は、急性蕁麻疹が出た時に点滴をしてもらったことがあります。
点滴を受ければ、あの酷いチクチク感も痒みも一発で収まります。
(この時は、まぶたにまで蕁麻疹が出て、目が開かない位でした)

これで、完治すればいいのですが、そうはいきません(泣)

次が、総合病院等のアレルギー科です。

大きな病院や、専門クリニックにはアレルギー科があります。
ここで原因を突き止めて、原因に応じた対処を模索してゆきます。

血液検査をして、アレルギーの原因となる要素や、
肝臓の機能、細菌やウイルスの感染の有無などを調べてもらいます。
食品成分のパッチテストや、光を当てて発疹するかも、
診てもらうことができます。

ここで、原因が特定できれば、それはラッキーです。
原因に応じた、対策や治療を受けることができます。
原因が内臓などにある場合は、内科を紹介してもらえます。

ところが、残念なことに、
まだ70%の人が原因不明のままとなります。
で、大体が「ストレスですかねぇ?」ということになります。

最後が、心療内科です。

もし、心に強いストレスや不安を感じていたり、鬱症状が
自覚できているような場合は、最初から心療内科でも大丈夫です。
心療内科では、ちゃんと蕁麻疹も診断しています。

引用元-蕁麻疹は何科?原因がストレスの時はこの科です! | 彩 on your world

まとめ

病気といっても蕁麻疹の場合痒みを我慢さえすればさほど通常生活に支障をきたすこともないかもしれません。しかししっかりと原因をつきとめ対処しなければかゆいだけでは済まされない事態になることも。ストレスは自分で気づかないうちに蓄積することも往々にあります。しかし体は正直です。原因不明の蕁麻疹が出たら身体からの合図だということを受け止め対処することが必須です。

twitterの反応


https://twitter.com/norinoriooo17/status/649556443197083648


https://twitter.com/toui00/status/615486506388471808″

 - 健康 

ページ
上部へ