皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

センター試験の国語、解く順番が重要?

      2016/06/25

センター試験の国語、解く順番が重要?

センター試験と呼ばれる「大学入試センター試験」。時間制限も厳しい試験ですが、特に「国語」は厳しいのだとか。そうしたことから効率よく問題を解くために、解く順番を事前に決めておくことが重要だとされています。それはどういうことなのでしょうか?どうやって順番を決めるのか?

そもそもセンター試験の国語とはどういう特徴を持つのかを調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


大学入試センター試験とは?

センター試験とは「大学入試センター」という独立行政法人が主催している試験です。つまり実施するのは大学とは別のところです。
高校で勉強する6教科の試験を実施して、受験者は希望する科目を受験します。
受験生は大学に「センター試験受けたよ!だからセンターに成績を請求してね」って願書を出します。
入試センターは大学からの請求によって、その受験生の成績を大学に送るのです。
大学は、センター試験の成績だけを使って合否を判定していもいいし、大学側で独自に試験を実施してセンター試験の成績と組み合わせて合否を判定してもいいのです。

つまり、センター試験とは、独立行政法人が大学の代わりに試験を実施しているものだと考えるといいでしょう。そして、大学はその成績を自由につかって合格判定をすることができるのです。

引用元-大学入試センター試験とは? – 私は大学に行っていないのでセンター… – Yahoo!知恵袋

センター国語の特徴と解く順番

センター国語の特徴は?

センター国語は、非常に試験時間がシビアなテストである。時間制限の厳しさはセンター試験全体に言えることではあるが、国語は特にその傾向が強い。そのためセンター国語で失敗しないためには、何よりもまず、素早く、効率よく問題を解く必要がある。効率よく問題を解くとはつまり、解ける問題には全て解答するということである。難しい問題に時間をかけ過ぎて、時間があれば分かるはずだった問題を取りこぼすということは絶対に避けなければならない。簡単な問題は時間をかけずに解き、残った時間で難しい問題をじっくり考えることが望ましい。

センター国語は評論、小説、古文、漢文の四つの大問からなるが、これらの解く順番を予め決めておこう。自分なりに一番やりやすい順番があればそれでも構わないが、ここでは古文漢文を先に解き、次に評論を解き、最後に小説を解くという順番をおすすめする。

引用元-国公立泣かせのセンター国語、解く順番で差をつけろ!

時間配分と解答順序の戦略を

時間勝負のセンター国語で重要なのが、戦略的な時間配分と解答順序だ。まずは時間を気にせずに過去問を解いてみて、自分はどの分野にどれくらいの時間がかかるのかを把握しよう。理想の時間配分は、第1問(評論・随筆)28分、第2問(小説)17分、第3問(古文)20分、第4問(漢文)15分だ。これを参考にしながら、自分の得意・不得意に合わせて、大問別の時間配分を考えておこう。

次に、解答順序を考える。原則は、「得意なものから解く」だ。おすすめなのが、「漢文→現代文→古文」の順で解くこと。漢文は対策さえすれば短時間で高得点が期待できるため、最初の15分でさっと解く。次に、時間をかければ正答率が上がる現代文にしっかりと時間を確保する。そして最後に、難易度が高く、時間をかけても点数に結びつきにくい古文に取り組む。たとえ古文で時間が不足しても、単語や文法の知識で解ける問1、問2は完答しよう。

一方、現代文が得意な人は、「現代文→漢文→古文」の順でもいいだろう。得意で速く解き終わる大問を最初に解くことで、精神的にも安定した状態で次からの大問に臨める。古文を一番先に解くのは、よほど古文が得意な人でない限りはおすすめしない。

引用元-国語-ポイント5.時間配分と解答順序の戦略を立てておく:センター試験[英語・数学・国語]高得点獲得への5つの必習ポイント|大学受験パスナビ:旺文社

時間内に終わる順番を確立する

〇問題を解く順番は、次の通りである。解きやすく、時間内に終わる順番を確立すること。

(評論が得意な場合)
評論・小説・古文・漢文
評論・小説・漢文・古文

(小説が得意な場合)
小説・評論・漢文・古文
小説・評論・漢文・古文
漢文・小説・評論・古文

(古文・漢文が得意な場合)
漢文・古文・小説・評論
古文・漢文・小説・評論

(漢文が不要な場合)
評論・小説・古文・漢文

なお、センター試験は国立大学ごとに毎年出題者が変わるので、どうしても傾向がないという特徴があります。傾向がないのがセンター試験といってもよいでしょうね。

引用元-センター試験国語の特徴 – 鶏肋断想

8割を目指す国語の勉強法

古文・漢文の得点UPがポイント

まず最初に、センター模試で120/200(6割)以下の人は、古文・漢文でほとんど得点できてないものと思われます。
古文・漢文(特に漢文)はかけた労力が比較的得点に反映されやすい科目です。
ここで80〜90/100を狙えるようにしましょう。

古文は動詞・形容詞・形容動詞/助動詞/敬語/和歌がカギです。
学校で配布された参考書でよいので、何度も繰り返し覚えましょう。
古文単語や古文常識は覚えていないと分からないので、薄いものを一冊ずつ購入して覚えましょう。

漢文は句法さえ覚えれば、話のメリハリがついているので分かりやすいと思います。
次に、過去問は必ず10年分以上解きましょう。

現代文の勉強法

過去問を解いておくという点で、特に現代文分野は、模試とセンター試験の問題で問題作成の性質が異なってきます。
模試で高得点が取れても、本番で大失敗する、あるいはその逆が起こるのはこのためです。
ですから、必ず試験前に赤本あるいは黒本を購入して10年分以上解いておく必要があります。

最後に、実際の試験では解く順番を決めておくと良いです。
最初から解いて時間切れ、という経験がある方は、是非とも最初に古文・漢文を解いてから、後に評論・小説を解くと良いでしょう。
おすすめする順番は漢文→古文→評論→小説です。
これは、得点が安定しやすい順番です。

引用元-センター8割を目指す国語の勉強法 | NOVITA 勉強法

まとめ

得意不得意をしっかり把握し準備しておくことが大事なようです。

twitterの反応

https://twitter.com/ken18yon/status/637645944939352064


https://twitter.com/rhiro_220/status/629905317250228224


https://twitter.com/DisneyOku/status/556260829218099200″

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ