皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

ダウンライトが欲しい!LEDにしたら電気代は本当に安い?

      2016/06/25

ダウンライトが欲しい!LEDにしたら電気代は本当に安い?

ダウンライトって、雰囲気が良いですよね。

そんなに明るくなくても良い場所とか、廊下とか….

ダウンライトのLED照明器具は最近一体型の者が主流とか。

新築の場合で一体型をすすめられると迷いますよね。

もし故障したらどうかとか、

器具が高いのに本当に電気代が安くなるのかとか。

今回はダウンライトとLED電気代について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

ダウンライト

天井に埋め込んで取り付ける照明器具のうち、小型のもの。天井に埋め込んで設置するため天井面がフラットになるという特徴がある。 補助的な照明として使われることが多い。
多くのダウンライトは筒状の形状になっており、天井内部に埋め込んで下面を照らす。 天井に露出する下面の形状は角型、丸型がある。
過熱による火災を防ぐため、ダウンライト内部のまわりには空間を確保する必要がある。

引用元-−-Wikipedia

ダウンライトの交換はまるごと?

家の光環境にはそれなりにこだわりたいうたた寝家なんですが、標準仕様(推奨仕様かな?)のLEDダウンライトは電球交換不可の一体型。

球切れ交換時もそうなんですが、住み始めてからもっと明るくしたいとか、暗くていいなとか、もしくは色温度を変えたいという場合も器具ごと変えないといけないというのがなんとも。
照明にかぎらず、自分で色々工夫するっていう選択肢を奪われるのが何よりも苦痛なんですよね。

色々検討・相談もしてみて、電球型の蛍光灯やLEDが使える物にしておく、というのが一番の解決策かと思っていたんですが、どうやらLED電球仕様のダウンライトで使える物は無く、電球形蛍光灯仕様のものは横差ししかないとのこと。
次回打ち合わせ時にはLEDユニット交換型の物も提案してくれるようなんですが、値段は間違いなく上がるし、結局交換ユニットはメーカー縛りになっちゃうんですよね。不自由だ。。

引用元-−-〜ローコストで実現したい!快適生活〜寒がり夫婦のダブル断熱+吹抜けの家づくり計画

ダウンライトは交換不可・大丈夫?(質問)

新築で照明をLEDのダウンライトをふんだんに取り入れようと思っています。
価格の面でも、電球交換不可のタイプを勧められています。LED電球がきれる頃には照明器具自体が寿命になるので電球交換できるものにする必要がないと言われました。
そうなのでしょうか?
LED電球も10年位で交換した方が良いと聞いたことがあり、10年後に照明を本体ごと総取り替えになると金額面も凄くなるのでは?と不思議です。

引用元-−-e戸建て

蛍光灯ダウンライトにすれば?

普通の人は蛍光灯ダウンライトにして、数年後に交換可能なLED電球につけかえます。住んでから明るさも変えられますし、総合コストも一番安くなりますよね
電気代もLED電球の1.15倍くらいでしょ、蛍光灯ダウンライトって

引用元-−-e戸建て

ダウンライトを器具ごと取り換えるには?

①穴径サイズを確認

穴径サイズは60?300mmまで、大きさは様々です。
既存のダウンライトは、照度アップにために大きなサイズが多い。対して同程度の照度のLEDダウンライトは、一回り程度小型のになっています。小さくても大きな光を発することができるからです。

小型のLEDダウンライトを取付けるには、スペーサーが必要です。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

②天井裏 断熱材の有無や材質を確認

一般住宅などは、天井を断熱材で覆っているのもが多いが、ビルなどは少ない。LEDダウンライトは、断熱材で覆われていてもOK、NG両方ありますので、必ず確認してください。

【注意】
ダウンライトを交換すると、天井部分に汚れが目につく場合がありますので、汚れを拭き取ることをお忘れなく。交換用として縁のサイズが広くなっている商品もあります。
それらの確認の為にも。テスト点灯することをお勧めします。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

電球やコンパクト蛍光灯であれば、一般の方でも取替えられますが
『ダウンライトの取付け電気工事は、電気工事士の資格が必要で、一般の方の電気工事は法律で禁止されています。』
工務店や電気工事会社は、照明の専門知識を持っている会社は少ないようです。
本格的に、照明士や照明デザイナーへ依頼するのも、ひとつの方法です。

引用元-−-節電・省エネ 楽画企

 

LED照明の電気代

LED照明は、電球形蛍光灯よりも消費電力を小さく抑えることをメリットとして、普及が進んでいる照明です。白熱電球から交換した場合は多くのメリットがありますが、電球形蛍光灯からの交換は、LEDの優位性は未だ確立していないのが現状です。
白熱電球60WとLED電球60W形を比較します。60Wの消費電力を持つ白熱電球は、1kWhを24円とした場合、1時間あたり1.44円の電気代が掛かります。毎日5時間点灯した場合、7.2円の電気代になります。1ヶ月では216円、1年では2,628円です。この間、ランプ交換は回実施されると考えられます。
対して、60W形のLED電球は6.0W程度の消費電力です。概ね1/10の消費電力になりますので、毎日5時間点灯した場合、0.72円の電気代になります。1ヶ月では21.6円、1年では262.8円です。
LED電球は1個あたり3,000円〜4,000円が相場なので、2年もあれば減価償却し、LED電球を導入するために支払った金額については、元を取ることが可能です。
ただし、LED照明は電気部品を数多く搭載しているため、異常発熱、振動、衝撃などで故障することが考えられます。白熱電球は単価が低く、故障しても交換が容易で、機器本体の故障によるロスを限りなく小さく見積ることができます。LED照明は機器本体が高価であり、地震などの天災、引越しなどの振動衝撃で故障するおそれがあり、長期間運用する場合のリスクを考慮することも重要です。

引用元-−-電気設備の知識と技術

LED照明電気代は、白熱球の8分の1?(Q&A)

照明器具について、代替照明器具としてLED電球を使えば、照明器具にかかっていた電気代について、 白熱電球と比べ、最大で1/8になるものもあるというのは確かにあります。
製品を切り替えて、必ずしも1/8になるわけではないことと、 家全体の電気代が1/8になるわけではないのでご注意ください。

また、あくまで白熱電球と比べた場合です。
電球型蛍光灯をご使用の場合、さほど差がありません。
電気がすぐ点くかなどの特性は異なりますが。
比べる製品によってはLED電球製品のが高い場合もあります。

またLEDは電球だけに使われるわけではありません。
テレビ等もLEDを用いた製品もあります。比較的エコですが、こういった製品について電気代が1/8になるわけではありません。

40Wタイプの白熱電球(消費電力38W)から、40WタイプのLED電球(消費電力7W)に変更した場合、 電気代が1kWhあたり25.19円で換算すると、1時間あたりの電気代が、電球が29円、LED電球は5円となります。

使用している白熱電球機器が少なく、 豆に消す人だと、あまり電気代が安くなったように感じないと思います。
家ではもっと電気のくう家電製品はあると思いますので、微々たる差ともいえます。
LED電球は、白熱電球よりも高いので、かえって高く感じるかも知れませんが、 白熱電球よりはもちがよいのと(どんな製品にもハズレはあるので絶対ではありませんが)、LED電球自体が安くなってきたので、白熱電球を使っているのであれば、 次回交換時あたりに切り替えるのもよいと思います。

不良品とかをひかない限りは、最終的には、元はとれる製品だとは思いますよ。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

まとめ

LEDの電気代はやはりかなり安くなるようです。電球型蛍光灯の寿命は13,000時間程度、LED電球の寿命は4万時間程度だそうですよ。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/guri_gura/status/315814908338008065


https://twitter.com/cazmani/status/199818541074104320

 - diy-住居-雑貨

ページ
上部へ