皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

トレーニング後の筋肉疲労の回復度は部位によってどう違う?

      2016/06/25

トレーニング後の筋肉疲労の回復度は部位によってどう違う?

体の部位によって筋肉の疲労の回復日数が違うので、回復が遅い部位は、筋トレの頻度を少なくするなどの調整が必要です。

今回は、トレーニング後の筋肉疲労の回復度を部位別に調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


運動による筋肉疲労の原因−知っておこう。回復の為に

スポーツやランニング、トレーニングでのエネルギー源となる食事から摂取した炭水化物や糖質は胃腸でグルコース→ピルビン酸へと変化し、細胞内のミトコンドリア内でATP(アデノシン三リン酸)という物質に変換され筋肉に供給され収縮を行います。しかし、激しい運動で多くの筋力を必要とする場合にはエネルギー産生が間に合わなくなります。その場合には筋肉や肝臓に蓄えられた糖質(グリコーゲン)を分解し、筋肉収縮の手助けをします。
この時同時に「乳酸」とアンモニアを発生します。発生した乳酸はしばらく筋肉内にとどまりやがてエネルギーとして使われますが、筋肉内の乳酸の蓄積は弱アルカリ性で活性を発揮するpH値のバランスが酸性に傾きエネルギー合成がうまくいかなくなり、運度停止、パフォーマンスの低下、筋肉疲労を招く原因といわれてきました。

引用元-筋肉疲労回復方法/運動後の乳酸をクエン酸効果で体の疲れをとる方法

運動による筋肉疲労の回復−有酸素運動

運動は、大別すると有酸素運動と無酸素運動がありますが、 疲労回復に効果があるのは総じて有酸素運動であることが多くの研究で明らかになっています。
その他、整理運動、反射運動、筋力トレーニングなども疲労回復に効果がありますが、 汎用的により多くの疲労回復に効果があるとされるのは有酸素運動です。

引用元-なぜ運動で疲労が回復するのか

運動による筋肉疲労を回復するために

定期的な運動とは、1週間に複数回運動を実施することです。
回数は推奨する団体、機関、研究者、対象者の疲労度合い、年齢によって異なります。
正確な統計を取ることは難しいものの、 概ね1回30〜60分、週に3〜5回、3ヶ月以上の継続で大きな効果が現れるとする文献、研究が多く見られます。

これは、心筋や毛細血管、ミトコンドリアといった身体能力の向上にはある程度の月数が必要なためです。

また、運動開始時期は少ない負荷であっても運動そのものに対するストレスも大きいため、 エンドルフィンやセロトニンといった神経伝達物質が一時的に減少する可能性も否めません。
そのため、最初は軽い負荷のものからはじめ、次第に強度を上げていくことが疲労回復には効果的です。

引用元-なぜ運動で疲労が回復するのか

筋肉の疲労回復に時間がかかる部位−大きな筋肉

ベンチプレスやスクワット、ラットプルダウンや懸垂(チニング)など、筋力トレーニングのメインとなるような種目で働く筋肉でもあります。

これらの大きな筋肉は修復にも時間がかかり全体的に回復に時間がかかるという性質を持っています。

引用元-筋肉の部位と回復速度 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

特に脊柱起立筋群は体全体の筋肉の中でも回復が遅く、知らず知らずのうちに疲労がたまって痛めてしまうことがあるので要注意です。

例えば背中の筋肉を鍛える日と脚の筋肉を鍛える日が接近している場合などは、脊柱起立筋群がオーバートレーニングになってしまわないようにメニューの調整を行いましょう。

引用元-筋肉の部位と回復速度 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

筋肉の疲労回復に時間がかからない部位−手、腕の筋肉

上腕二頭筋や上腕三頭筋、前腕筋群、下腿三頭筋などの筋肉は、ベンチプレスや懸垂(チニング)スクワットなどの複合関節種目では脇役。
アームカールやトライセプス・エクステンション、カーフレイズなどの単関節種目を行うときに、初めてメインの筋肉として使われることになります。
これらの筋肉は体幹筋に比べると全体的に疲労の回復が速く、短い休養日数でもオーバートレーニングになりにくい性質を持っています

引用元-筋肉の部位と回復速度 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

「握力を強くしたい」とか「腕や脚を太くしたい」という目的がある場合は、無理のない範囲でトレーニングの頻度を上げてみると良いかも知れません。

引用元-筋肉の部位と回復速度 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

まとめ

トレーニングの後の筋肉の疲労を回復を早くするためにも、有酸素運動の頻度も適度に増やすことが必要なのですね。

twitterの反応


https://twitter.com/namidadesu1/status/634728641914499072


 - 運動 ダイエット 趣味

ページ
上部へ