皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

バツイチで結婚は反対されがち?

      2016/06/25

バツイチで結婚は反対されがち?

バツイチで結婚するには

周囲に反対される傾向にありますよね。

どういうところが心配をかけるのでしょうか?

いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


バツイチの結婚で確認しておきたいところとは

離婚の原因に彼の親や親戚が絡んでいないかどうか

女性側が耐えられなかった離婚の原因として、彼の実家の両親との折り合いが悪かったケースは実に多いのです。男性の側が自分の親を悪くいうことはまずないので、「元奥さんがうちの親に気に入られなかった」などの言い方をするかもしれませんが、実は彼の親がモンスターペアレンツのようなめちゃくちゃなである可能性も。彼の親から財産目当て扱いをされて傷ついたり、習慣の違いを強要されてうまく行かなかったというケースもあります。

親の言いなりのマザコン、ファザコン男ではないかどうか

元嫁との離婚原因とも重複する部分はありますが、親に逆らえない男性と結婚すると苦労します。
母親の料理をやたら褒めたり、実家の味付けにこだわりが強い男性も要注意。

離婚原因

離婚の原因は聞いてもあまり本人同士には関係がない場合もありますが、バツイチ男性と結婚するとなるとあなたの親はどうしても心配するハズです。離婚の理由をあなたがちゃんと把握していないとなったら余計に心配してしまうので。一応きちんと確認しておくことも大事ですよ。
また、彼が自分の方が一方的に悪かったと説明するケースは一見謙虚で誠実な人柄のように見えなくもないですが、ちょっと怪しいかもしれません。そもそも人は自分に都合の悪いことはなるべく言いたくないもの。よほど卑屈なのか、実はもっと悪い事実が隠されていたりするようなケースもあるので掘り下げて聞くべき。彼がちゃんと言いたがらないようならそこも含めて疑った方がいいでしょう。

借金の有無

聞きにくいことですが、前の離婚の際の条件はしっかり聞いて置いた方がいいです。浮気が原因で高額な慰謝料を払う羽目になっていて借金をしているようなケースもあります。他にも借金の有無は後々発覚すると必ず揉める部分なので、きちんと確認しておきましょう。家のローンや車のローン、奨学金の返済など理解できるものから、知人の保証人になったり事業での失敗などあなたが納得できるか納得できないか微妙な種類のもの、ギャンブルでの借金など精算しないで結婚するのはやめたほうがいいものなど、借金も理由と状況によっても違いますよね。

子どもの有無と関わり方

子どもがいるケースはやはりいないケースよりは複雑。子どもがいる、いないくらいは聞いているかもしれませんが、具体的にどんな関わり方を取り決めて離婚したのかは把握していますか? 養育費の額や期間、それぞれが再婚した場合の条件の変更や持ち家の名義など。あなたには聞く権利があります。経済的なことだけではなく、彼がどう考えているかも含めてきちんと聞いてみましょう。

引用元-−-女子力アップGoogirl

バツイチ子持ちの結婚はむづかしい

現在、婚活中の人はたくさんいると思いますが、そんななかでバツイチ子持ちの結婚は、どうしても難しいかと思います。
自分がバツイチの場合はそこまで気にならないかと思いますが、相手側からしてみれば前の結婚相手のことを気にしてしまうものですし、相続や教育費などの問題を一生抱えなくてはなりませんので後々のことを考えると少し、考えてしまうことでしょう。
もちろん、バツイチ子持ちの結婚の難しい点というのは他にもあり、戸籍謄本を取得する際に毎回、以前の結婚した相手の名前も見なくてはならないからです。

引用元-−-LOVE batsu

バツイチは結婚が早い

バツイチの人は一度、結婚をしているだけあって出会いを求めること自体、苦手ではないと思います。
むしろ、バツイチ 結婚が早い人も多いのも事実なので、出会いさえあれば再婚される人も多いでしょう。

今現在、離婚率が高くなっており、そのなかでも多いのが、子どもを授かって結婚をした人や勢いで結婚をされた人が非常に多くいます。
一度、離婚をしてしまうと周りからの印象が悪くなってしまったりしますが、結婚を経験したことでより独特の優しさを持てたりしますし、大人ならではの包容力を持っていたりします。
そのため、自然と異性からモテやすくなっていますし、今まで恋愛をしていない独身の人と再婚をする可能性が高くなっているのも事実です。
ですので、バツイチで結婚が早い人も多くなっていますし、次の相手を見つけるまで、そう時間はかかることはありません。

引用元-−-LOVE batsu

子どもに結婚を反対されないために相談する

シングルマザーのあなたが再婚したい人に出会えたなら、まずは子供にしっかりと正面切って話をしてみましょう。やってはいけないのは子供に同意を強要することです。
「お父さんが欲しいって言ってたよね?」などの誘導尋問も良くありません。
素直な子供の気持ちを聞きましょう。それがどんなに耳の痛いことだとしても、あなたが受け入れるべき言葉です。
そして、子供の意見を再婚相手にも正直に伝えましょう。子供が本当は反対しているのに、再婚相手に嫌われたくないからと嘘をついたところで事態は解決するどころか悪化します。
再婚してしまえばこっちのものだと思う方もいるかもしれませんが、果たして相手を騙し子供にエゴを強要するような心持でこの先の結婚生活をやっていけるのでしょうか。
子供の意見を聞くことが、結局は家庭円満の秘訣になります。
母子を心から支えようとしてくれている男性なら、子供の反対だってしっかり受け止めてくれるはずです。子供の反対を受け入れられない、子供の意見は聞かないという態度の男性は結婚後も同じ態度で子供に接します。
子供の父親になるのですから、自分に都合の悪い子供は嫌いなんてわがままは通りません。反対されたなら、男性の心づもりを確かめる良いチャンス位に考えて、焦らずに再婚相手の男性と話し合い、子供の意見を考慮しながら関係を続けて行けるように努力しましょう。

引用元-−-LOVE戦場

両親の反対を克服するには

1人ずつ味方を増やしましょう

幼い頃から貴女を一番可愛がってくれて、貴女に一番甘かったのは誰ですか? まずその人から味方につけていきましょう。
ただし、説得はしない事。例えばそれがおじい様なら、おばあ様と知り合ったきっかけや結婚に至るまでのエピソードを聴いて共感出来るところを見つけ、「そんな事されたら、おばあちゃんも嬉しかっただろうね。私だったら益々好きになるよ」などと同調しましょう。
可愛がってくれたのがおばあ様なら、同じ女性として、若い時の気持ちに共感出来る事も多いでしょうし、ご家族それぞれの若い頃の恋愛観を1人ずつ聴いていく事で恋愛からは遠ざかっている世代のご家族に、恋愛当時の気持ちを思い出してもらいましょう。ご家族だって若い頃は、きっと世間体よりご自身の気持ちを優先させていたはずです。

引用元-−-恋愛.jpコラム

まとめ

バツイチ結婚は心配して反対することが多いですよね。
反対を味方に変えらますように。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/Jewely___/status/502469522566045696

 - 人生 職業

ページ
上部へ