皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

パンプスを選ぶときにヒールの違いを考えて

      2016/06/26

パンプスを選ぶときにヒールの違いを考えて

履きやすいパンプスを見つけると嬉しくなります。足に合ったものが意外と少なくてヒールの違いよりも履けるかどうかだけに意識が向いていました。ファッションは実は靴で決まると言ってもいいぐらいでいつも悩みの種だったのですが、どんな選び方をすればよいのかのヒントを集めてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


パンプスはカタチ、ヒールの高さは関係ない

パンプスは、デザインのカタチのことです。
ストラップや留め金のない形のデザインのことです。
ヒールの高さは関係ないです。

ハイヒールは、ヒールの高さが7センチ以上の靴のことですよ。
ストラップやつま先の形がどんなものでも、ヒールが高ければハイヒールですよ。

引用元-パンプスとハイヒールの違いを教えてください – パンプスは、デザインのカ… – Yahoo!知恵袋

パンプスとハイヒールの違い(笑)そもそも概念が違う

『ハイヒールとパンプスの違いを教えてください』
という質問をよく耳にします。

実はこの質問は、『哺乳類とサルの違いを教えて下さい』
といっているぐらい変な質問なのです。

パンプスとは、革靴の一種で履き口である甲部分が大きく開いていて、
つま先及びかかと部分が共に覆われている靴のことを言います。

一方、ハイヒールとは。一般には7cm以上のかかとのある靴をいいます。

パンプスが靴の種類を示しているのに対して、
ハイヒールとはヒールのタイプを高さで示した概念ですから、
両者は区別しようが無いのです。

●パンプス=靴の種類 
●ハイヒール=ヒールのタイプ

靴の種類にはパンプスの他にもサンダル、ブーツなどがあります。

一方、ヒールのタイプには、ハイヒールの他にもフラットヒール、
ローヒール、ミドルヒール、ウェッジヒールなどがあります。

パンプスはヒールの高さでローヒルパンプス、ハイヒールパンプスというような区別ができます。

そしてパンプス以外のサンダルやブーツでも同じようにハイヒールサンダルや
ローヒールサンダル、ハイヒールブーツ、ローヒールブーツという呼び方があります。

ハイヒールを靴の種類と考えてしまうと「ハイヒールとパンプスの違い」
という疑問が湧いてくることになるのです。

ハイヒールは靴の種類ではなくヒールの種類(タイプ)と考えればスッキリします。

引用元-ハイヒールとパンプスの違いについて

なりたいスタイルで選ぶパンプスのヒール~高さの違い

5〜7cm
上品にスタイルよく見せるなら7センチ!

ハイヒールの高さで、最も全身のスタイルをバランスよく見せる高さが7cmと言われています。
5センチのヒールは足長効果だとすると、7センチはエレガントに見せる効果があります。

なれない人にとっては少し歩きにくいレベルの高さではありますが、
パーティ等で着飾る時は、これくらいのヒールが最も女性らしくエレガントに見えます。

単に足が長く見える、というだけではなく、
7センチのヒールは足の甲が正面から見たときに筋が見えやすく、セクシーな女性らしい体の曲線が表現できます。

7センチヒールは、デートやパーティ向き、と言えそうです。

引用元-なりたいスタイルで選ぶパンプスのヒールの高さ | ハイヒール マニア

パンプスをヒールの違いで選ぶ~チャンキーヒールとは?

チャンキーヒール(太い棒状ヒール)
チャンキー(chunky)とは「ずんぐりした」という意味。
ピンヒールにくらべ太めで、2〜3Cmの幅があります。
チャンキーヒールは、2007年に有名ブランドから登場して話題になりました。

2013年の春頃には日本でもブームが起こりました。
チャンキーヒールの特徴として、太いヒールにより、
・ピンヒールよりも歩きやすい
・足が華奢に見える
等があります。

ピンヒールに比べ設置面が広く、安定感があるため、8Cm以上の高さがあっても安定感があり、ガシガシ歩けます。
前から見たシルエットはピンヒールと変わらないため、芦品が効果があるのに加え、後ろから見たときに太いヒールの効果により、足首やふくらはぎが華奢に見え、意外にも女性らしい足下となります。

ピンヒールよりもチャンキーヒールの方がどうしても質量が増えてしまうため、ずっしりとしがちですので
ハイヒールを履き慣れていないけど、比較的体力のある若い女性に向いています。
ピンヒールはセクシーなキャラクターがあり大人の女性向けですが、それに対しちゃんキーヒールはキュートなキャラクターがあり若い世代でも違和感がありません。

引用元-ヒールの種類 | ハイヒール マニア

パンプスでスタイルアップ!傾斜の高いヒールタイプで美脚効果を

スタイルアップ効果やトレンドとの相性だけでなく、ウェッジソール自体の歩きやすさも注目されています。

重そうな見た目のボリューム感と比べて、素材自体が軽いんです。ウェッジソールは、厚底で脚長効果抜群なのに、接地面はぺったんこで、クッション性が高いため、かかとにも優しく、とにかく疲れにくいんですよ。

傾斜が低くつま先にもボリュームがあるプラットフォームタイプも人気ですが、つま先が接地面に近く傾斜の高いヒールタイプは、より美脚効果が高いので、ここぞという時に使いたいアイテムです。

引用元-ウェッジソールでスタイルアップ・脚長効果が高い6つの着こなし方

まとめ

パンプスといってもヒールの違いだけで見た目も履きやすさ・歩きやすさもかなり違ってきますね。自分に合った靴を選びつつファッション性もコーディネートをトータルに考えて選んでいきたいと改めて思いました。

twitterの反応


 - ファッション・美容・ブランド

ページ
上部へ