皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

ピルの服用のせいで不正出血?それともストレスのせい?

      2016/06/25

ピルの服用のせいで不正出血?それともストレスのせい?

ピル服用中だと、不正出血は起こりやすいとのこと。

また、ストレスなどでホルモンバランスが崩れて起こるのがほとんどのようです。

今回は、ピルと副作用についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

不正出血って?

不正出血とは、生理の時以外に女性器から出血することを言います。
あまり知られていませんが、実は生理痛や生理不順などと同じぐらいの数の女性が悩みを持っていると言われています。
出血にはその時々の原因によって、うっすらと血が混じる程度のものから生理と同じぐらい出血するものまで色々とありますが、量が少ないからといって放置してしまうとよくありません。
不正出血は、なにかしらの病気(子宮ガンや子宮筋腫など)が原因であることもあるので、一度専門医に診てもらうのが望ましいでしょう。
また更年期障害や思春期など、ホルモンバランスが崩れた時にも出血することがあります。
ストレスや不規則な生活なども原因となるので、日々の生活に気を配り、出血した場合は、例え病気が発見されなかったとしても、生活サイクルの見直しのいい機会ににしてください。

不正出血と生理についてですが、毎月順調に生理が来ているからと安心してはいけません。
実は通常の生理だと思っていても、そのまま不正出血に続いているということもあるのです。
生理なのにいつもと色が違う。など、ふと思い当たる節はありませんか?
そういう時はなるべく体調を整えて、不正出血の予防に努めてください。
それがゆくゆくは大きな病気の予防にもつながっていきます。

引用元-−-不正出血の全て

ピル服用中で不正出血、何故?

不正出血はストレスなどでホルモンバランスが崩れて起こるのがほとんどです
また、ピル服用中は不正出血はつきものです
今まで不正出血がなかったのが、たまたまだと思います
問題ないとは思いますが、下腹部痛が気になるし、不安だと思うので婦人科受診した方が安心できると思いますよ

引用元-−-Yahoo! Japan 知恵袋

ピル服用による不正出血の原因

低用量ピルで不正出血が多いのは、プロゲストーゲン(黄体ホルモン)の子宮内膜維持力を助けるエストローゲンの量が少ないからです。しかし、理由はそれだけではありません。中用量ピルでは生理5日目の服用開始になっています。子宮内膜の剥脱が終わってから飲み始めることになります。一方、低用量ピルでは生理初日の服用開始が推奨されています。そのために、子宮内膜の剥脱が不十分に終わることがあります。つまり、出るべき経血が出てしまわずに維持される状態になることがあります。このことも、不正出血の多さの原因となっています。3相性ピルは、生理初日の飲み始めに最も適した作りになっています。3相性ピル(特に第2世代ピル)の生理初日服用開始に、他の低用量ピルがつきあっていることも不正出血の多さにつながっています。中用量ピルを誤って生理初日に飲み始めると不正出血の頻度は相当高くなります。

引用元-−-ピルとのつきあい方

低用量ピルって?

低用量ピルの避妊効果はほぼ100%です。
しかも、昔のピルとは違って非常に安全な薬です。
生理が来なくて不安になったことがあるのでしたら、今のあなたにはOC(低用量ピル)が必要です。

【ピルに対する誤解や偏見】
低用量ピル(OC)は健康な方が服用する薬です。
日本人は健康な方が使用する薬剤に対してかなり慎重に考える傾向が強いです。
インフルエンザワクチンなどでも同様ですね。

引用元-−-IWATA Ladies Clinic

 

低用量ピルの副作用

低用量ピルにも副作用が起こる可能性はあります。
しかし非常に軽い一時的な副作用と考えてください。
頭痛やむかつき…10人に2人くらいです。数日で治まることが多いです
胸の張り…生理前のような張りを感じることがあります。
不正出血…少量の不正出血が起こることもあります。 心配なものではなく服用を続けているうちに治まることが多いです。
血栓症…ピルを服用するうえで最も重大な副作用です。しかしながら滅多に起こらないものです。
あまり知られていないようですが、女性は妊娠すると血栓症のリスクが高くなります。それと比較すると、低用量ピルによる血栓症リスクは半分から6分の1程度と言われています。

引用元-−-IWATA Ladies Clinic

ピルによる不正出血は2種類?

ピル服用中の不正出血には大きく分けて2種類あります。
基本的に心配いらないタイプの出血がほとんどで
出血しても避妊効果には問題ありません。

A. ピルをのみ始めて、最初の2〜3シートの間に起こる不正出血
1シート目に不正出血が起こることが多く(10〜30%)、徐々に減っていき、数ヵ月以降には不正出血がなくなっている、という例が多いです。
また、不正出血が起こるのは喫煙者に多いといわれています。
自然になくなるタイプの出血なので、特別な対策は不要です。

なぜ、ピルのみ始めに不正出血が起こるのか?
自然の状態では、月経後、子宮内膜が徐々に厚くなって、妊娠するための準備をします。ピル服用中は、ホルモン作用によって子宮内膜が薄くなります。今まで厚くなるのが普通だった子宮内膜が、薄い子宮内膜になるので、その変化に適応するまでの間に不正出血が起こりやすくなります。

B. 服用後数ヵ月〜半年以上たってから不意に起こる不正出血
対策a  長くピルを服用している間の不正出血の多くは、ピルに含まれている黄体ホルモン剤の影響で子宮内膜が少しもろくなることが原因です(専門的にいうと脱落膜化といいます)。専門用語で破綻(はたん)出血とよばれる出血です。放っておいてもよいのですが、シートの前半で出血すると長引くので、たとえばプレマリンという薬を1日1錠、7日間のめば大抵止血します。

対策b  また、21日型タイプのピルでは休薬期間(偽薬服用期間)が7日間ですが、その間に卵胞が途中まで発育することがあります(つまり卵巣の周期が元に戻ろうとする)。卵胞が途中まで発育している間に少しエストロゲン(卵巣から出る女性ホルモン)が増え、その後に減るので、消退出血(エストロゲンが減ることによる出血)という不正出血が起こります。ですから、何度も出血する人の場合には、24日型タイプのピルのように実薬を24日服用して休薬を3〜4日にしてみるという手を試してみるのもよいです。ただし、この方法を利用するには1相性のピルを使う必要があります。

その他、見逃しやすい不正出血の原因
まれですが、感染(例えばクラミジア感染)が原因で出血するということもあります。その場合、おりものの色が黄色や茶色っぽくなったという程度の軽い出血である場合が多いです。

よくある誤解
不正出血が続いた場合、ピルの種類を変えたら出血が止まったという経験をした人は多いと思います。実際は単に時間がたったから止血しているだけで、ピルを変えたからではないらしいです。

引用元-−-レディースクリニック つねざわ

まとめ

知識を入れれば、ピル服用はそれほど難しくはありませんね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/travellingnyk/status/580914606840750080


https://twitter.com/miyu_asaki/status/565167342628245504


https://twitter.com/drsgtpepper/status/542924974286458880

 - 健康・病気

ページ
上部へ