皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

フランス風アンティークで、エスプリ感じるお部屋に模様替え!

      2016/06/25

フランス風アンティークで、エスプリ感じるお部屋に模様替え!

部屋をフランス風に飾る。

フランス風とひとことで言っても少し大雑把ですね。

フランス装飾様式の基礎とアンティークについて調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

フランス装飾様式・バロック

16世紀後半から18世紀初頭までフランスやイギリスを中心に隆盛した様式で、その装飾は王侯貴族や統治者の権威を誇示する絢欄豪華、装飾過多に特徴があります。特に、この様式はフランスではルイ14世様式、イギリスではウィリアム&メアリー様式としてしられています。同様式の建築ではフランスのベルサイユ宮殿、イタリアのサンピエトロ聖堂が有名です。
家具の意匠は荘重、男性的で金泥塗装、亀甲や象牙の象嵌装飾に特徴があります。ルイ14世の宮廷家具師アンドレ・シャルル・プールによる亀甲象嵌を施した家具はこの様式を代表するものとして有名です。オランダのバロック様式が導入されたイギリスのウィリアム&メアリー様式は、ウォールナット材に渦巻彫刻を施す意匠に特徴があります。

引用元-−-BAUHAUS History

フランス装飾様式・ロココ

ロココ様式とは

ベルサイユ宮殿などの庭園につくられた人口の洞窟を「ロカイユ」と呼んだことから始まり、その後、貝殻や植物模様などの曲線状のモチーフを「ロカイユ装飾」と呼ぶようになりました。そして「ロカイユ装飾」を多用した室内を「ロココ様式」呼ぶようになります。宮廷サロン文化の絶頂期の頃、すなわち18世紀の中頃から国王ルイ15世の公妾、ポンパドール婦人によってロココ様式は発達していきます。

ロココの女王

1774年に国王ルイ16世の王妃になる、マリーアントワネットがロココ時代のフランスにオーストリアから嫁いできて、ロココをさらに発展させ、後に「ロココの女王」と呼ばれます。
健康のために必要なカルシウムの情報サイト

ロココ様式の特徴

壮大である種大掛かりなバロック様式に比べ、優美で繊細なロココ様式はパリの宮廷やサロンで愛用され、ヨーロッパ中に広まりました。現代に通じる美しい化粧台や、永遠の女性の憧れでもある、カブリオールレッグ(猫足)の家具などもこの頃に作られました。

引用元-−-世界のインテリア

フランス装飾様式・アールヌーヴォー、アールデコ

アールヌーヴォー

インテリアアールヌーヴォーという言葉は「新しい芸術」という意味を持ち、その様式は19世紀末、パリの美術商サミュエルビングの店の名前から広く一般に知られるようになったと言われています。そして、アールヌヴォーは1900年に開催されたパリ万博で最盛期をむかえます。花や植物、昆虫など自然界の有機的なデザインをモチーフに、木や石などの伝統的な素材とガラスや鋼といった当時の新素材を組み合わせて作られたのがアールヌーヴォーの特徴です。アールヌーヴォーはパリの多くの建物に影響を与え、アールヌーヴォーのインテリアは家具職人により一部のブルジョア向けに一点もの中心で作られました。

アールデコ

アールデコとは「装飾美術」という意味です。1925年に開催されたパリ万国装飾美術博覧会の略称をアールデコ博と呼び、その時代世界中で流行した装飾様式をアールデコといいます。古今東西のいろいろな様式、例えばドイツのバウハウス、日本や中国などの東洋美術、古代エジプトの装飾模様などからインスピレーションを受け、その引用が見られるのが特徴です。アールデコは大量生産とデザインの調和を指標し、世界中の人々に大量に消費された装飾です。

引用元-−-世界のインテリア

アンティークは一点もの

100年近く前のものなので、今と違って機械ではなく昔の人の手作業で作られたもの。 だからこそ、たとえ同じデザイン、形のものが見つかっても1つ1つも色も形も微妙に違います。

私たちは、そんなアンティークを大切に大切に扱って、きちんと使えるようにキレイに修復をしたものだけをお届けしていますが、工業製品ではないので、傷や汚れ、色などは1つ1つ違ってきます。 それが、アンティークの一番の特徴であり、良さだと思っています。

なので、キズや色、汚れや、1つ1つが違うことに対して、それをアンティークの良さだとご理解いただき楽しんで使って頂けない方にはアンティークをお使い頂く事はおススメしていません。

引用元-−-Handle

時間の経過とともに、キズが付いて風合いが出ていたり、 汚れていたり、剥げていたり、凹んでいたり… それは決して人工的には作れないものです。 そんなアンティークの風合いを楽しみながらお使い頂きたいと思っています。

引用元-−-Handle

私たちは、人と同じように、 大切に扱われながらもキズがついたり、色が変わったり、凹んだりして 時が刻み込まれ風合いに変わっていった「アンティークのよさ」を たくさんの方に伝えて行きたいと思っています。

引用元-−-Handle

レース

レースはその起源となった技法によりニードルポイント・レース(Needlepoint Lace)とボビン・レース(Bobbin Lace)とに大別されます。
両技法とも16世紀末にヴェネツィアで確立された後、多様なレースデザインのニーズに
応えながら新しい技法を次々と派生させ発展していきました。
19世紀初めには機械編みレースが登場し、その後産業の発展とともにレースの需要は大衆化していきますが、
惜しみない時間とともに編み出された手工芸であること、華麗で豊富なデザイン、
そして手編みゆえの希少性に共通する時代の贅沢さを味わう点において、
近年益々アンティークレースの価値と人気は高まっています。

引用元-−-イギリスとフランスのアンティーク エグランディーヌ

 

ココシャネルの部屋

複雑な装飾が施されていますが、それを複雑だと感じません。
なぜならその複雑さを細かく理解できず、頭の意識から外れてしまうからです。
世の中にはツルツルのものはなく、その細かさを理解できないから、頭があきらめてぼんやりと認識するんですね。
つまりコーディネートでも、徹底的に細かく複雑にやって、カラーとかでまとめてしまえば複雑に見えません。
こういったテクニックをお部屋に生かしていきたいものです。

引用元-−-インテリアハート

ベルサイユ宮殿をヒントに

ゴージャスの代名詞ベルサイユ宮殿のお部屋です。
インテリアは高くて手が出せそうもありませんが、そのコーディネートの傾向は、ゴージャス&エレガントを求める方には参考になると思います。
ベルサイユ宮殿は右の3色、ホワイト、ゴールド、ダークブラウンをベースにして、 基本的なインテリアをコーディネートしています。
そして部屋ごとに+αなカラーをパターンで追加している感じですね。

引用元-−-インテリアハート

まとめ

色については、学ぶところも多いし、ちょっとしたアンアティーク小物を使っても十分にフランス風になるかと思います。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/mocamama324/status/289957229937954816
https://twitter.com/lmrin/status/252408912702234624

 - diy-住居-雑貨

ページ
上部へ