皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

一重でも不自然にならないメイクでナチュラルに

      2016/06/26

一重でも不自然にならないメイクでナチュラルに

一重だとぱっちりとした二重に憧れますよね。

アイメイクをしてもなんとなく不自然に。

ナチュラルな目元にする方法はないか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


日本人は一重が多い理由

日本人は、男女とも、一重まぶたの人が約7割、二重まぶたの人が約3割だといわれています。アメリカ、ヨーロッパの白人はほぼ全員二重まぶたです。アフリカ系の黒人もほぼ全員二重まぶたです。アジアでは、インド、東南アジア、中東のアラブ人、イランなどに住んでいるペルシャ人の人達はほぼ全員二重まぶたです。日本、中国、北朝鮮、韓国、モンゴルなどの北東アジアにのみ一重まぶたの人が存在し、一重まぶたの人と二重まぶたの人が混在しています。

何故、日本などの北東アジアのみに一重まぶたと二重まぶたが混在するのでしょうか?人類が誕生したのは450万年前で、アフリカがその起源だとされています。その後、一部の人々が食糧を追い求めてアフリカを離れ、東南アジアやアジア大陸、中にははるか遠くシベリアに足を運ぶようになりました。そして、日本にも足を運びその場に住み着きました。そのときに日本に住み着いたのが後の縄文人だとされています。縄文人は彫りが深い顔立ちをしており、まぶたの皮膚が薄く、ほとんどが二重まぶたであったといわれています。

しかし、今から約2万年前に氷河期を向かえます。その時、シベリアに住んでいた人たちは寒さに適応するために、一重まぶたに進化したといわれています。寒さから目を守るために、まぶたの脂肪を増やし、二重まぶたから一重まぶたになったとされています。つまり、元々は二重まぶたでしたが、環境に適応するために一重まぶたになったという説が有力になっています。

その後、シベリアに住んでいた一重まぶたに進化した人達は、暖かくて住みやすい土地を求めて、中国、モンゴル、朝鮮半島(北朝鮮、韓国)、日本へ移り住んだといわれています(当時、大陸と日本は陸続きでつながっていました)。そのときに日本に移り住んだ一重まぶたに進化した人達が弥生人といわれています。

引用元-何故日本人は一重まぶたが7割で二重まぶたが3割なのか?日本、韓国、中国などに一重まぶたが多い理由 : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

一重でも種類がある

一重にも、色々な種類があります。

・横に切れ長の一重
・丸くて大きな一重
・瞼が厚くて腫れぼったい一重
・瞼の皮膚が薄い一重

など、色々あります。一重と言っても、実に色々な印象の表情を作ります。

その一重の中でも、日本人が多いのが、この腫れぼったい一重。。切れ長で腫れぼったいとか、大きな目でもまぶたが腫れぼったく見えます。

引用元-一重の種類について!(日本人は二重より一重の方が多い?)

メイクでナチュラルな目元に

・陰影をしっかり付ける
一重の人は、まぶたの線がないためにのっぺりした印象になってしまいます。一重と二重の違いはズバリ、立体感!一重の人のまぶたには立体感がないので、目元が地味で目が小さく見えてしまうのです。まぶたに立体感を与えるために、陰影をしっかりと付けましょう!まぶたに影と光を与えて骨格を強調させれば、可愛いデカ目になれちゃいます♡
陰影を出す場合、アイシャドーではなくて眉パウダーを使うのがおすすめです。アイシャドーよりも粘度が高く、ヨレにくいです。
その眉パウダーのパレットで一番淡い色を、眉下から鼻筋の横にかけて、骨格に沿わせるようにひとはけします。こうすることで、顔に立体感が出ます。

・アイシャドーはぼかさないで!
二重のメイクと同じように、アイシャドーをぼかしていれるのはNG!目を開けた時に、ダークカラーがまぶたに隠れて見えなくなってしまいます。目を開けた時にダークカラーが見えるくらいがベスト◎
一生懸命ぼかそうとして、メイクが濃くなってしまうと、キツい印象になってしまうのでご注意を!
また、暖色系の色を使うと、まぶたが腫れぼったく見えてしまいます。ブラウンや赤みの少ないオレンジ、ブルーやグリーンがおすすめです!

・下まぶたにも陰影をプラス!
下まぶたの目尻側にも陰影を付けましょう!濃い色の眉パウダーを、下まぶた目尻側3分の1にも乗せるといいです◎目の際から外側に向けて広げるように乗せると、縦に目が大きく見えます。
さらに、ハイライトを涙袋にオン!ラメが入ったゴールド系をつけると、目元が華やかになりデカ目効果にも繋がります。

引用元-一重も奥二重も簡単に!ぱっちり目メイク教えます♡ – Locari(ロカリ)

一重をナチュラルにするためのお手入れ

一重まぶたのお手入れは、まずむくませないことです。ただですら、目もとが暗めの一重まぶたの人がむくんでしまっては、メイクも台無しです。そのためには、目もとをマッサージしてあげましょう。まずアイクリームなどを塗って、力を入れすぎないように薬指で目頭から眼尻に向かって、伸ばすようにマッサージします。これを3回ほど行うだけで、目もとが次第にむくみにくくなっていきます。

一重まぶたのお手入れは、しわが寄らないようにアイクリームを使うことをおすすめします。またマッサージクリームで、マッサージすることを習慣づけるのもいいでしょう。一重まぶたの魅力はつややかさにあります。そのつややかさを保つ努力を怠っては、せっかくの一重まぶたが台無しになってしまいます。このマッサージを続けることで、一重でも明るい印象を与えるのです。それは若々しさにもつながります。みずみずしいほどつややかなまぶたをしているだけでも、一重まぶたの人は美しいのです。そのためにもまぶたのお手入れを怠らないでほしいと思います。

一重まぶたのお手入れをしていても、目がむくんでしまった時は、まず冷やしてあげるとむくみがひいてきます。それから、アイクリームでマッサージをすれば、むくんだまぶたもすっきりとしてくるはずです。これはモデルさんたちがよくおこなうむくみ対策の方法です。モデルさんの中には氷水で洗顔して、むくみをとるという人もいるそうです。

引用元-一重メイクを極める!

一重さん用デカメイクのポイント

デカ目メイクにするにはどの部分を意識してメイクすればいいのでしょうか。

ポイントは以下になります。

アイライナーの使い方
一重・奥二重の人はアイテープを使う
つけまつげを2つ使う
涙袋を強調する

引用元-デカ目メイクの仕方のテクニック【一重・アイプチ・涙袋】

まとめ

一言に一重といってもいろんなタイプがありますよね。自分の瞼をよく知った上でメイク方法を研究するのがナチュラルな目元に近づけるのではないでしょうか。

twitterの反応


 - ファッション・美容・ブランド

ページ
上部へ