皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

不正出血の原因はピル?ストレス?それとも他のなにか?

      2016/06/26

不正出血の原因はピル?ストレス?それとも他のなにか?

生理の時以外に出血してしまう不正出血。

身体からのサインのひとつだと思いますが、原因が特定できず不安になる女性も多いのではないでしょうか? ピルを服用していたり、大きなストレスを感じていたりすると起こる場合もあるようですが、それ以外の原因もあるのでしょうか? いずれにせよ不安を抱えたままではそれがストレスになってしまいますよね。

そんな不正出血の原因について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


不正出血とは?

不正出血とは月経時以外の性器からの出血

不正出血とは「月経時以外の、性器からの出血」のことをいいます。おりものに血が混じったり、月経と月経の間に出血したり、数カ月に一度出血したり、突然、ナプキンでも間に合わないくらいの出血がある人もいます。
不正出血は「少し血が出た程度だから大丈夫」「たまにしか症状がないから大丈夫」と自分で判断するのは危険です。出血量と頻度は、病気の重さと一致しないからです。

性器からの不正出血は「器質性出血」と「機能性出血」に分けられる

性器からの不正出血には、大きく分けて「器質性出血」と「機能性出血」の2種類あります。
「器質性出血」は子宮の腫瘍などの異常によるものですが、これには良性と悪性があります。

引用元-不正出血

「機能性出血」の多くは卵巣機能と関係がありその働きが衰える、更年期にあります。また思春期の子宮や卵巣が未発達である時も、出血する場合があります。機能性出血の原因は、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスの崩れです。更年期時に過度のストレスや不規則な生活が続くと、ホルモンバランスが崩れ、不正出血につながることが多くなっています。
この他、月経と月経の間の排卵期前後に、無排卵や卵胞ホルモンの分泌が低下して少量の出血が起こる「排卵期出血(中間期出血)」や、血液疾患、ビタミンC欠乏症、急性伝染病、敗血症など、全身の病気からくる不正出血もあります。

引用元-不正出血

不正出血って危険?

「排卵期」であれば心配のいらない不正出血

周期的な月経の時期以外に出血があることを不正出血といいます。出血とはいえ、月経のように出血する場合もあれば、おりものに色がついた感じで出てくる場合もあり、気づかないこともあるかもしれません。

不正出血があると「病気かもしれない」と不安になる人もいるでしょう。若い人の間に最も多いのは、排卵期出血というもので、月経と月経の間の排卵期に1〜2日出血が起こるケースです。これは生理的なものなので、心配はほとんどいりません。

引用元-生理じゃないのに出血!?不正出血って危険なの??[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

ホルモンのバランスの乱れや性交の摩擦で起こることも

女性ホルモンのバランスが崩れて起こる無排卵周期症によるものや、子宮出口のびらんが原因の可能性もあります。びらんとは子宮内膜のやわらかい細胞部分がただれるように見える状態で、性交で子宮の入り口が擦れると出血しやすくなりますが、生理的なものなので心配いりません。

ただし子宮頸がん、子宮頚管ポリープ、子宮体がんといった場合にも、性交中に出血が見られることがあるので、注意してください。

引用元-生理じゃないのに出血!?不正出血って危険なの??[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

ピルと不正出血

◆ピル飲みはじめの出血
経口避妊薬(ピル)を飲み始めたときに予期しない(予定外の)
出血がある率は
*はじめの1ヵ月では10〜30%
*3ヵ月目でも10%程度
みられます。
これは普通のことで気にすることはありません。

*6ヵ月目以降にはほとんど見られなくなります。

◆長期服用中の出血

*すでに何ヵ月以上もピルを服用し飲み忘れも下痢・嘔吐などもないのに、予期せぬ出血があるときがあります
*これはピルに含まれている黄体ホルモンが子宮内膜に作用して血管を弱くしている為に起こっていると考えられています

◆不正出血があるのは

*喫煙してピルを飲んでいる女性では、ピル服用中の予期しない不正出血の割合が増えます
*ピルを服用していて子宮頚管のクラミジア感染があるときにも予期しない出血が多いという報告もあります
*ピルの飲み忘れがあるときには出血があります
*ピルを服用していて下痢・嘔吐がひどいときにもごく稀に出血があるときがあります

引用元-三宅婦人科内科医院“思春期”

不正出血とストレス

不正出血の腹痛とストレス

不規則な生活が続いていたり、強いストレスを抱え込んでしまった場合などは、ホルモンバランスが乱れることで、不正出血が起こることがあります。それと同様に急激なダイエットを行った場合にもホルモンバランスが乱れてしまい起きる可能性があります。ホルモンバランスが崩れたままの状態が長く続くと、次第に無排卵状態になり、不妊症になる可能性も出てきます。

引用元-不正出血と腹痛!不正出血が茶色!出血・下痢・だるい・ストレスの関係

腹痛を伴った不正出血の場合

日常で考えられるホルモンバランスの乱れなどの原因で起きる場合がほとんどですが、中には、腹痛を伴った不正出血の場合には、女性特有の疾患を伴って起きている可能性もあります。いずれにしても、腹痛を伴う不正出血の場合は、女性特有の疾患を患っている可能性もありますので、生理期間以外に出血の量が多い、少ないというよりもおりものに血が混ざっている場合には、気を付ける必要があります。女性ホルモンのバランスの乱れは、特にストレスが関係してきますので、できるだけ、自分なりのリラックス方法を見つけて、ストレスを発散するように努めましょう。そして、不正出血の量や原因も個人差によって違ってきますが、少しでもおかしいと思った場合には、早めに婦人科を受診しましょう。

引用元-不正出血と腹痛!不正出血が茶色!出血・下痢・だるい・ストレスの関係

ピル、ストレス以外の不正出血

不正出血とひとくちに言っても、その種類はいろいろあります。不正出血の原因として最も影響力の強いもののひとつがストレスですが、その他の原因としては妊娠が関係している不正出血、生理的な不正出血、病気が関係している不正出血もあります。

引用元-不正出血とストレスについて知っておきたいこと | セイナヤ

不正出血の原因のひとつとして妊娠が関係していることがありますが、具体的に妊娠と不正出血はどのようにつながっているのでしょうか。妊娠による不正出血の場合、最初におきるのが着床出血です。

着床出血は、排卵された卵子が精子と結びつき、受精卵になったあと着床する際に発生するものです。受精卵が子宮の内膜に着床する際、絨毛が内膜の組織に入り込むように根を張るため、内膜の組織の一部が傷つき出血してしまうことがあります。

着床出血の場合、数日で治まることが多く量も非常に少なめです。血液の量は微量に混じる程度で、薄ピンク色や茶色をしていることがほとんどですが、人によっては鮮血が出る場合もあります。

引用元-不正出血とストレスについて知っておきたいこと | セイナヤ

不正出血が起きる原因として、一番恐いのが病気による不正出血です。さまざまな病気のサインとして不正出血が起きることが多いため、大切なサインを見逃さないようにしましょう。

不正出血を伴う病気としては、子宮頚管ポリープ、子宮内膜ポリープ、粘膜下子宮筋腫、クラミジア頚管炎、子宮腟びらん、委縮性膣炎、子宮内膜増殖症、子宮体がん、子宮頸がんなどがあります。

病気により、ごく微量の不正出血であることもあれば、長い期間鮮血の不正出血が続くこともあります。中には黒っぽい不正出血や茶色っぽい不正出血が出ることもあるでしょう。

不正出血が度々続き、生理期間中の経血の量も増加しているようなら、一度きちんと検査を受けて病気の有無を確認しておいた方が安心です。

引用元-不正出血とストレスについて知っておきたいこと | セイナヤ

まとめ

原因は様々なようですが冷静に対処して改善できるといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/___sa___ra/status/635257900714229760
https://twitter.com/takeapil28/status/630738374295302145


https://twitter.com/0509up/status/593357425798819840


https://twitter.com/pichan201239/status/585672029724090369″

 - 健康 

ページ
上部へ