皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

世界に名だたるフランスチーズ!おすすめは!

      2016/06/27

世界に名だたるフランスチーズ!おすすめは!

フランスといえばフランス料理やワイン文化。そのフランス料理・ワインに欠かせないのがチーズです。そこでフランス産チーズの味わい方について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


フランスとチーズ濃密な関係

豊富な種類
フランス人の1人あたりの年間消費量は約26kg(2009年時点)で、日本人のおよそ14倍以上にもなります。
この1人あたりの年間消費量は世界で2番目ですが、生産しているチーズの種類の豊富さは世界一です。

引用元-フランス – チーズで世界旅行 | チーズの産地 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社

第二次世界大戦中、フランスの全土がドイツ軍に占領された当時、イギリスの首相ウィンストン・チャーチルが「400種類ものチーズを創造した民族が滅亡することはあるまい」と言った話をご存じですか?
また、フランスのドゴール大統領が「600種類ものチーズをもつ国を統治するのは困難である」と嘆いた逸話も有名です。資料によっては300種類になったりするなどその数は正確なものではないようですが、それにしても膨大な種類であることはまちがいありません。しかも、古代ローマの昔、2000年も前から誕生しているチーズもあるというから驚きですね。

引用元-フランス – チーズで世界旅行 | チーズの産地 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社

1つの村に1つのチーズ!?

フランスでは、チーズに地名や町村の名前をつけているものがたくさんあります。ノルマンディの名品、カマンベール、リヴァロ、ポン・レヴェックなどはそのまま村の名前に由来しています。
さらに、パリ近郊のモーには有名なブリー・ドゥ・モーがあり、クロミエの町にも同名のチーズがあります。その他にも、ロックフォール、マンステル、ヴァランセなどなど…。

引用元-フランス – チーズで世界旅行 | チーズの産地 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社

フランスが生んだ「チーズの皇帝」ロックフォール

『カサノヴァが讃えたロックフォールのマリアージュ』
フランスでは、ワインや食べ物の取り合わせに“マリアージュ(結婚)”という表現を使う。つまり、いい相手が見つかれば幸せになれるというわけ。そこで、有名なのがあのイタリアのプレイボーイ、カサノヴァの言葉。「ロックフォールを食べ、シャンベルタンを飲めば、消えかけた愛は再び燃えたち、芽生えたばかりの恋はたちまち成就する」。これはチーズとワインのマリアージュのすばらしさを強調しており、この言葉でロックフォールとシャンベルタンが爆発的に売れたとされている。

引用元-チーズと偉人 – チーズ(仮)

味わいは強く濃厚で、塩味、旨味がしっかりとした中に、青かびのシャープな刺激も。舌触りはバターの様になめらかでクリーミー。味わいの余韻は長い。

引用元-ブルーチーズの最高峰、ロックフォール [チーズ] All About

塩気の強いロックフォールは甘味との相性が良いので、蜂蜜やドライフルーツ、ドライフルーツ入りのパンやチェリージャム等もお勧めです。他にはチコリやクルミ、洋梨とも合わせることが多いチーズです。

引用元-3/3 ブルーチーズの最高峰、ロックフォール [チーズ] All About

定番のフランスチーズといえばカマンベール

カマンベールチーズとは、軟質チーズの表面に白カビを生やして熟成させたチーズであり、小型で中が柔らかいのが特徴です。カマンベールチーズは「チーズの女王」とも称されており、コクとうまみが特徴で、熟成が進むほど内部がトロリと柔らかくなります。

カマンベールチーズはクセが少なく、上品でクリーミーな味わいですので、老若男女を問わず高い人気を誇るチーズです。柔らかさも特徴ですので、硬質なケースに入れて型崩れを防いでいます。

引用元-カマンベールチーズの魅力や食べ方を徹底解説 | チーズ専門ページ | ピントル

特に調理が要らないカマンベールチーズの美味しい食べ方としては、クラッカーやフルーツと一緒に食べることです。簡単で美味しい食べ方ですので、おすすめのカマンベールチーズの食べ方です。

また、居酒屋では定番のメニューである「カマンベールフライ」もおすすめです。トロリと溶けるカマンベールチーズと表面のカリカリが魅力であり、お酒のおつまみとして高い人気を誇ります。

電子レンジなどでカマンベールチーズを温めて溶かせば、「カマンベールチーズフォンデュ」が出来ます。こちらもお手軽で美味しいのでおすすめです。

引用元-カマンベールチーズの魅力や食べ方を徹底解説 | チーズ専門ページ | ピントル

チーズ初心者におすすめ!フランス伝統のブリー・ド・モー

ブリー・ド・モー(フランス語: Brie de Meaux)またはブリー・ド・ヴァロワ(フランス語: Brie de Valois)[3]は、フランスで生産される、牛乳を原料とした白かびチーズ、ブリーチーズの一種[6]。その風味は「上品」と評され[7]、「チーズの王様」とも称される[8]。AOC認定は1980年8月[9]。1814年 – 1815年のウィーン会議において、何故か行われたチーズのナンバーワンを決める会議ではブリー・ド・モーが、ノミネートされた60以上のチーズを押さえ満場一致で1位となった。

引用元-ブリー・ド・モー – Wikipedia

カマンベールはブリーの製法をお手本にして16世紀に作られ始められたというから、ブリーのほうがずっと歴史は長いようです。味もクセがなく食べやすいのでナチュラルチーズを食べる取っかかりにするにはうってつけのチーズだと思います。

引用元-ブリー・ド・モー

意外に合う!日本酒やお茶とのマリアージュもおすすめ!

1.吟醸酒は乳脂肪分の多い白カビタイプのようにクリーミーなものと合わせやすい

2.純米酒は熟成したハードタイプやブルーチーズがよく合う

※ただし、ブルーチーズはチーズ自体の風味が強いので山廃仕込の日本酒の方がパンチがあって合う。

3.ウォッシュタイプやシェーブルタイプは合うとは言いにくい

4.練り梅や味噌などの和風食材と合わせるのも日本酒との相性を楽しむコツ

5.残ったものは味噌漬けにしておくと便利

6.ぬる燗と合わせると口の中で溶けて風味が広がって美味

7.ルールを見つけるのが難しかったら熟成が進んだミモレットやコンテと合わせる!この2つは王道

引用元-チーズと日本酒!?知らない人も多いですがこれが意外と合うんです。

● 紅茶にはフロマージュブラン
フランスでは一般的に飲まれ食されている。朝食やオヤツ時のシュガー入り紅茶には、フレッシュチーズなどのやさいし味わいの組み合わせがオススメ。フランスのマダム達の中では、日常よく飲まれているようです。

引用元-社団法人 GSK・銀座社交料飲協会

● 煎茶とコンテ
渋みのある煎茶と、くせのないコンテは絶妙な相性。甘いものが苦手な人などや、カルシウムを沢山取りたい人におすすめで、最高のお茶受けとなる。なおオッソーイラティーにもよく合う。

引用元-社団法人 GSK・銀座社交料飲協会

まとめ

チーズは切るだけでおつまみにもよし、調理するもよし、デザートにもよしの万能食材ですね!フランスチーズだけでも色々な味わい方ができそう。チーズの世界は奥が深い!

twitterの反応


 - 生活 暮らし

ページ
上部へ