皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

世界中が巻き込まれた第二次世界大戦に日本が参戦した理由

      2016/06/27

世界中が巻き込まれた第二次世界大戦に日本が参戦した理由

鎖国からの開国時、アジアの極東の一島国でその他大勢の国の一つであった日本は、日清・日露・韓国併合・第一次世界大戦と軍事・外交的成功を収め、欧米から列強の一つとして認められるまでになりました。

その後第二次世界大戦への日本の参戦となるわけですが、その理由はどんなものなのでしょうか?今回は、第二次世界大戦への日本の参戦の理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


第二次世界大戦|日本の参戦理由

多くの列強が国境を接ししのぎを削りあっているヨーロッパ・アメリカから最も遠い極東アジアには、列強の利権が最後まで未確定であった中国がありました。

衰退した清朝の倒れた後の中国は、軍閥が群雄割拠する政治的に混乱した社会があり、中国と隣り合う日本はもっとも有利な地理的位置におり、中国の利権を手に入れれば一躍、アメリカ・イギリス(広大な植民地の中でも、インドという人口の多いアジアの重要地域を手に入れたことが、イギリスの繁栄の原動力でした。)と並ぶ列強トップになれるように見えました。

第一次世界大戦の破壊からヨーロッパが回復するにつれ、世界の列強間の経済戦争が激化し、お互いの勢力圏から他国を締め出すブロック経済が進展、利権の確定していない中国が各国の経済戦争の主戦場となりました。

経済戦争だけでは、国力のあるアメリカ・イギリスに勝てない日本は、その地の利を生かして軍事的に中国の利権を確保すればよいという考えが、軍内部に生まれました。

引用元-なぜ日本は第二次世界対戦に参戦したのか。 – 歴史 解決済 | 教えて!goo

日本の選択肢は、日本がアメリカの覇権を認めるか(第二次大戦後、現在も続いている状況です。)、日本がアメリカと並び立つかという選択になりました。(当時、あめりかのGDPは日本の10倍と言われていました。)そして日本は日本がアメリカと並び立つ可能性にかけたわけです。
(ですから、日本とアメリカの間の戦争は侵略戦争ではありません。)

引用元-なぜ日本は第二次世界対戦に参戦したのか。 – 歴史 解決済 | 教えて!goo

アメリカに対抗する以上、満州事変から日華事変(=支那事変・日中戦争)太平洋戦争と続くこととなりました。

引用元-なぜ日本は第二次世界対戦に参戦したのか。 – 歴史 解決済 | 教えて!goo

第二次世界大戦の日本の参戦以前|第一次世界大戦

戦争では三国同盟を形成したドイツ、オーストリア、イタリアと三国協商を組んだイギリス、フランス、ロシアが激しく争うことになります。ドイツを中心とした三国同盟側を同盟国。イギリスを中心とした協商側を第一次世界大戦では連合軍と呼びます。ちなみにイタリアはオーストリアと仲たがいしていた為、後に連合国側で参戦することになります。

引用元-第一次世界大戦と日本

ところで日本ですが、この戦争は主にヨーロッパで行われた戦争。日本には、あまり関係のない話なのですが、日本はちゃっかり、この戦争に参戦します。当時、日本はイギリスとの間に日英同盟を結んでいました。(日露戦争の直前、ロシアの勢力拡大を恐れていた日本とイギリスは同盟を組みましたね)

そして、この同盟の内容のひとつに「どちらか一方が二カ国以上の国を相手に戦争を始めたら、もう一方の国も味方して参戦する」という約束事がありました。今回の第一次世界大戦では、イギリスが二カ国以上の国を相手に戦争を始めたわけなので日本もイギリスに味方し参戦する大義名分ができた訳です。

とはいえ、主な戦場はヨーロッパ。日本からは遠すぎる・・・。というか、実は日本にとってヨーロッパで起きている戦争なんぞどうでもいいのです。第一次世界大戦に日本が参戦した理由は、中国の勢力拡大にあったのですから・・・。日本は、列強国がヨーロッパの戦いに夢中になっている間に、なんと中国に出兵します。名目は、同盟国イギリスの敵であるドイツの中国基地を攻撃すること。

引用元-第一次世界大戦と日本

第二次世界大戦の日本の参戦以前|第一次世界大戦の結果と影響

・旧帝国の消滅
第一次世界大戦の結果として、ドイツ帝国(ホーエンツォレルン家)、オーストリア=ハンガリー帝国(ハプスブルク家)、ロシア帝国(ロマノフ家)という中世以来の専制君主制国家が崩壊した。また、オスマン帝国でも大戦末期にトルコ革命が始まり崩壊した。そのため、オーストリア=ハンガリー帝国、ロシア帝国、オスマン帝国に支配されていた東ヨーロッパやバルカン半島の諸民族が独立を達成することとなった。

・イギリスの没落
第一次世界大戦の結果、イギリスは戦勝国ではあったが、戦争のために疲弊し、また植民地でも反英独立運動が活発になってその統制は弱まり、19世紀中ごろからの「大英帝国」の繁栄、第二帝国またはパックス=ブリタニカといわれた状況は終わりを告げることとなった。

・社会主義国の出現
第一次世界大戦の末期に、ロシア革命が勃発し、世界最初の社会主義国家としてロシア(ソヴィエト=ロシア。ソ連の成立は1922年)が出現した。一方で資本主義を繁栄させたアメリカ合衆国を中心とした陣営は、「自由主義」を掲げて、社会主義勢力の拡大や革命の伝染を警戒するようになった。

・アメリカの繁栄
途中から第一次世界大戦に参加したアメリカ合衆国は、戦後に債務国から債権国に転換し、世界の強国にのし上がった。戦後の1920年代は「永遠の繁栄」と言われる最盛期を迎える。

・東ヨーロッパ諸国の独立
東ヨーロッパの大国に従属していた諸民族が、アメリカ大統領ウィルソンの「民族自決」の理念に沿って、戦後に独立を達成した。ハンガリーとチェコスロヴァキアはオーストリアから分離独立した。またオーストリア領であったボスニア・ヘルツェゴビナはセルビア・モンテネグロと共に新たにユーゴスラビアを建国した。またポーランド、バルト三国(エストニア・ラトヴィア・リトアニア)、フィンランドがロシア帝国からの独立が認められた。

・植民地の民族主義運動の激化
帝国主義国家間の矛盾が世界戦争に行き着いたことから、それまで植民地として支配されてきたアジア・アフリカの諸民族の中から、民族の独立を求める運動が本格化した。特にイギリスの支配を受けていたインドでのガンジーらによる新たな独立運動の展開、西アジアのアラブ諸民族の自立の動き、中国の五・四運動や朝鮮での三・一独立運動に見られる動きなどが重要である。また大戦後の民族独立運動は、ロシア革命によって登場した社会主義運動とも結びついていく。

引用元-第一次世界大戦

第二次世界大戦への日本の参戦|もう一つの理由

太平洋戦争開戦時も日本は米国のユダヤ系資本に借金を負っていました。終戦後、米国は同盟国に戦争賠償金を課さないことを呼びかける一方で、結局、しっかり昭和の終わりまでかけて金利を加えて日本から借金を回収したのです。少なくともその間、日本は借金に隷属していたと言えます。そして今でもその影響が残っているのです。

結局、親の世代が莫大な借金をしたことが太平洋戦争の原因です。負債さえなければ、戦争をする必要さえありませんでした。その借金の債権者は米国であり、ユダヤ人でした。負債を踏み倒せば、国家転覆する、それが日本が第二次世界大戦に参戦した理由だったのです。

日本がなぜナチスに与し同盟国側で第二次世界大戦を戦ったのか、日本がなぜ軍国主義に向かっていったのかよく考えれば、単に前の世代の負債をごまかすために対外的関心に向けさせられていたことに気が付きます。そして、その借金は戦後もさらに孫の世代までかけて回収されたのでした。

引用元-日露戦争での外国からの借金を返し終わったのは、82年後の昭和61年 – るいネット

第二次世界大戦への日本の参戦|アメリカの制裁措置が理由

1941年7月26日、ルーズベルト大統領が日本の資産の凍結を発表します。日本への原油の輸出も禁止されます。ちょうど現在、アメリカなどがイランに対して経済制裁しているのと同じようなカタチで、アメリカに預金されていた日本の資金にもアクセスできなくなりました。日本がボルネオでシェルから買いつけようとしていた石油も、代金の支払いのための預金がアメリカにあったので買えなくなってしまったのです。

当時、アジアにおける権益は、主にイギリスとフランスが持っていました。第二次世界大戦の火ぶたを切ったドイツが、イギリスやフランスに勝利すれば、アジアに権力の真空が生じます。とうとうアメリカから石油の輸入を止められてしまったわけだし、代替ソースを確保するには今しかない! という判断に至ったのは、このためです。

そういうわけで、当時の日本の戦争の目的は(少なくとも海軍に関する限り)フィリピン、ボルネオ、英領マラヤ(シンガポールを含む)、スマトラ、ジャワを占領することでした。特にジャワが重要でした。そして、2年間、持ちこたえて、アメリカはじめ列強に現状を認知させるのが狙いでした。

引用元-日本はなぜ太平洋戦争に邁進したか? – Market Hack

まとめ

日中戦争という中国との戦争をしつつ、アメリカにも宣戦布告し敗戦した日本でしたが多くの利害関係が絡み合って大きな負の遺産を背負った苦しみを現代の世代にも理解してほしいですね。
先代と同じ失敗は繰り返して欲しくありません。

twitterの反応

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ