皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

仕事でのミスが続く要因とは?

      2016/06/27

仕事でのミスが続く要因とは?

仕事でうっかりミスをしてしまったことはありませんか?特にミスが続いてしまった時は誰でも落ち込んでしまうと思います。今回は仕事でのミスが続く要因についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


仕事のミスが多い人と少ない人

仕事で失敗ばかり。仕事でミスしてばかり。

人はもちろん失敗する生き物ですし、
仕事をしていますと、失敗が重なる時はあります。

不調な時はとことんまで不調で、そのような精神状態では、
さらに緊張して、ミスが連続してしまうことになります。

特に自分に自信がない人は、ちょっとしたミスも多く、
又ミスが増えることによって、ますます自信がなくなり、
仕事で失敗が続く悪循環に陥ってしまいます。

仕事で失敗しにくい方法は、とにかくひたすら
繰り返して行い、身にしみるくらいのレベルに
到達することです。

つまり、時間がかかることになります。

人間には慣れという習性があり、複雑で
失敗しやすい業務を行っていたとしても、
延々と繰り返すことで、素早く正確に
出来るようになってきます。

しかし、とは言えいかに慣れることにより
仕事で失敗が少なくなるとはいえ、
根本的に失敗が多い人、少ない人が
いることは事実。さてその違いはどこから
来るのでしょうか。

そこで重要な要素は、「集中力」と言うことと、
「思い込みを捨てる」ということになります。

仕事で失敗が少ない人の特徴は、何と言っても
集中力が高いことがあげられます。

そして、集中力は途切れるものであることを
良く知っています。

引用元-仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)

良い環境は仕事のミスを減らせる!?

集中できる環境を作ろう

集中することによって、イメージはよりパワフルになり、成果もより良い結果になります。仕事に集中できる環境を作りましょう。
・他の作業が入らない時間帯を作る
・デスクの周囲の整理・整頓を行う

積極的に仕事に取り組もう
積極的になれない仕事の場合、成功を強く望んでも、本心はそう思っていないことが多いと思います。その仕事が新たなキャリアや大きな成功につながっていることをイメージしてください。

そして積極的に仕事に取り組むあなたをイメージしてください。良い印象のイメージを持つことにより、良い結果を引き寄せることができるでしょう。

事前準備を大切にしよう

準備万端の状況で仕事に取り掛かれることで、良い結果を強くイメージすることができます。また、同じような準備や知識・経験を必要とする他の仕事にも良い結果を与えます。

・初対面の方と会う前に業界のニュースや企業・人物の情報を検索する
・会議に参加する際は事前に資料に目を通し、不明点などをまとめておく

など、前提となる知識・情報の習得を常に意識しましょう。

引用元-引き寄せの法則で、仕事の失敗を劇的に減らす9つの方法 – ザ・チェンジ

ミスが続くのを事前に対策

仕事の完了までの流れをイメージしよう

小さな仕事でも、準備から完了報告まで何ステップもの作業があります。段階ごとに

・行わなければならないこと
・その手順

などをまとめ、その流れの成功をイメージしましょう。そして、ステップが完了する都度にチェックを入れることで、小さな達成感を感じることができます。たとえ小さな達成感でも、積み上げれば大きな満足となり、成功への実感を確かにすることができます。

事前にリスクと対策を検討しよう
仕事の流れをイメージすると成功を阻む問題点が出てくることがあります。その場合、事前に問題点とその対策を検討しましょう。対策を検討する際は、その問題の発生頻度・発生時の影響も考慮してください。

発生頻度が極端に低い、あるいは発生時の影響が小さい問題については検討からはずしてよいかもしれません。発生頻度が高く、影響が大きいと思われる問題点の対策を十分に練ることによって、万が一、その問題が発生した場合でも、あなたはすぐ有効的な対策を行うことができます。

「どうしたら〜ができるか」を意識しよう

問題が発生した時にその原因を追究するあまり、多くの「できない理由」をあげることがあります。否定的なことを考えることは、あなたが望む結果を引き寄せはしないでしょう。

問題の原因に対して「どうしたら〜ができるか」を考えることで成功へのイメージが高まり、思いもかけない解決策を引き寄せるかもしれません。

引用元-引き寄せの法則で、仕事の失敗を劇的に減らす9つの方法 – ザ・チェンジ

仕事のミスをする人としない人

今回は、ミスについての話をします。

仕事をしていると、あの人はミスが多い。あるいは、ミスが少ない。
そんな風に周囲から言われていることがあります。ミスという言葉は、どのようなコンテクストで使われているのかによってその意味はことなりますが、今回は、使われるシーンとしては仕事に限定し、ミスの定義として丁寧で正確ではなく仕事が雑であるとの定義の上で考えてみたいと思います。

実際にしょっちゅうミスばかりしている人としない人とがいます。ミスが多いかは、ある程度性格も関係していると思います。緻密なことに向いている人と、非常におおざっぱなことに向いている人というのは確かにあるようです。また、処理能力の高い人はもともとミスが少ないという傾向があります。
だからといっても、ミスが多いのはもともとの性格や能力だからしょうがない。そういって済ませてしまってはいけません。

それでは誰もあなたと仕事をしたいと言ってくれる人がいなくなります。

仕事をする以上、ミスは少ない方がいいのです。

引用元-仕事のミスをビックリするほど無くす方法を考えた:日経ビジネスオンライン

仕事のミスの時ほど大切なのはリカバリー力

いつも「ミスをしないように!」と、気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けるには、65歳までは長すぎるのかもしれません。

気を張りつめて仕事して、それが原因で体調を壊したり、精神的にウツになったりしていては、65歳まで働き続けることが出来ませんよね。

いつも「ミスをしないように!」と、気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けるには、人間の人生は長すぎるのかもしれませんね。

社会人の仕事は、短距離走ではなく、数十年続くマラソンでもありそうです。ですから、上手い具合に手を抜いてやらないと、逆に途中で力尽きてしまうこともあるでしょう。

仕事で気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けた結果、まだまだ定年前なのに、肉体的にも精神的にも病気になって、休職や退職する人もいるそうです。

ですから大切なのは「ミスをしないこと」もそうですが、「ミスをカバー出来ること」・・とも言えそうです。
仕事でミスしても、そのミスをカバーできるのなら、問題もありませんよね。

引用元-仕事をする上で大切なこと

まとめ

長い仕事生活でミスをしない人はいないと思います。ミスが続く原因を考え、対策をすることでミスを減らし、自信をつけたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/yuchin5296/status/703419039847096320


https://twitter.com/_mogura19/status/700922868658413569″

 - 仕事 経済

ページ
上部へ