皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

仕事でミスを連発!同じ失敗を繰り返さないための対策とは?

      2016/06/25

仕事でミスを連発!同じ失敗を繰り返さないための対策とは?

仕事でミスを連発してしまった…という経験、誰にでも一度はあると思います。大切なのは、ミスの原因を分析し、次に同じミスを引き起こさないことです。ミスをなくすにはどうしたらよいのか、ミスをしてしまった時の対処法についても調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


ミスを連発する原因

「仕事に集中していればミスは起きない」
出来ている人にとっては当たり前の事のようですが、そうでもない人には難しい問題です。
一度のミスならともかく、何度も何度もミスを繰り返してしまい、会社での評価もマイナス…
なのに、いつまで立っても改善されない。これは大きな問題です。
 
そもそも、何故ミスは起きてしまうのでしょう?その対処法は?
まずは知る所から始めてみましょう!
 

ミスを引き起こす原因

・目標の設定が曖昧・不明確
・自分の能力以上の事をしてしまった
・知識が不足していた時
・注意をコントロールできなかった
・習慣化(仕事に慣れて油断してしまった)
・まわりの環境によってエラーが誘発される
・悪い事が次々と重なり、セルフコントロールが効かなくなった時
 
ミスを引き起こす原因は、自身の内にも外にも存在します。
重要なのは、ミスした事実を受け入れる事、原因を知り改善する努力を惜しまない事でしょう。

引用元-キャリアウーマンの成功哲学 | A_Angel

ミスの連発が目に余る場合は…

新入社員たちの初々しい姿を見かけるが、新米のうちは何かと失敗も多い。本人も周囲も度重なる失敗は「せっかち」「だらしがない」などと性格のせいにしてしまいがち。
しかし、中には「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」が影響している場合もあるので注意しよう。

【仕事のミスから発覚】

 ADHDは、先天的な脳機能不全(発達障害)のひとつ。通常は子供の時期から特性(別項)が認められるが、大人になってから問題点が発覚する場合もある。
 成人のADHDの治療を行っているクリニック西川(東京・大塚)の西川嘉伸院長(精神科専門医)が説明する。
 「特性の本体は『注意不足』と『衝動的行動』で、『多動』はある場合とない場合があります。
 多動が目立たないケースでは、より複雑な社会的行動を要求される社会人になって仕事のミスなどから発覚しやすい」

引用元-【気になるこの症状】大人のADHD 仕事のミスなどで発覚 特性把握し長所生かす – 健康・医療 – ZAKZAK

【特性を上手に生かす】

 しかし、ADHDの特性は、裏を返せば「積極性」や「柔軟性」という長所にもなる。
 「集団の中で平均的な行動を要求されると適応が難しいが、ADHDの人はアイデア豊富、エネルギッシュで雄弁、行動力があり、天才と呼ばれる人も多い。
  社会のしばりがない、芸術、研究、独創的な仕事では才能をいかんなく発揮します」
 治療では、自分の特性を十分理解して長所は伸ばし、短所は学習と訓練によって矯正していくカウンセリングを行う。
 必要であれば、不足している脳内物質のドーパミンやノルアドレナリンを増やす薬が処方される。

引用元-【気になるこの症状】大人のADHD 仕事のミスなどで発覚 特性把握し長所生かす – 健康・医療 – ZAKZAK

仕事のミスをなくすには?

ミスを完全になくすことは難しいですが、減らすことは可能です。
ミスを減らすためのポイントをいくつかご紹介しますので、試してみてはどうでしょうか。

(1)聞き間違いを防ぐ
「わかったつもり」で聞き流していることはありませんか。
聞いたことは「~するということですね」と復唱し、確認しましょう。もし理解できなければ、理解できるまで聞きなおすことが大切です。

(2)思い込みや勘違いをなくす
「たぶん~」「きっと~」といった口ぐせがある方は要注意。
思い込みや勘違いで仕事を進めないこと。迷ったり、わからないことがあれば、必ず確認しましょう。

(3)入念な確認でうっかりミスを防ぐ
「入力ミス」「計算ミス」「誤字脱字」などのうっかりミスは、多かれ少なかれ誰にでもあるもの。これを防ぐには確認が欠かせません。特にミスが多い方は、二重、三重に確認を行いましょう。

(4)忘れてもいいように工夫する
忘れてしまうのは仕方がないこと。忘れても思い出せるように工夫しましょう。例えば、重要なことは手帳やメモに記録して毎日チェックするなど。

引用元-仕事のミスをなくすにはどうすれば お悩みBOX | 産業能率大学 プロカレッジ

仕事上のミスは正確に報告を

仕事でミスをした場合、当然上司からの評価は下がります。
しかし、だからといって自分に都合のいいように報告内容をねじまげたり隠したりしてしまうのはマイナス効果です。
隠していた事実がなんらかの形で上司にバレてしまったとしたら。それこそ社外のみならず社内におけるあなたの信用はガタ落ちとなってしまいます。仕事がしづらくなります。

ミスの報告の仕方は「5W1H」

仕事上のミスを包み隠さず正確に報告するには「いつ」「どこで」「誰に」「何を」「なぜ」「どのように」の5W1Hをはっきりさせましょう。
報告の仕方如何では、上司が対処するべきレベルの内容であったり、マニュアル化されていて対処法がすでに存在している場合だってあるかもしれません。

引用元-仕事でのミスを上司に報告をするときの注意点(1ページ目) | ビジネススキルのことならキャリアパーク

仕事でミスをしてしまった場合、上司に報告を入れるのをためらってはいけません。
お客様にとっては、コミュニケーションをとっている”あなた”が会社の顔役なのです。
つまり、『ミスをししてしまったときにどう対処するか』の判断はあなたひとりで決めるモノではなく、会社の判断が必要となってくるのです。
「こう対処しておけば問題が大きくならないのでは?」なんて甘い判断は決してしてはいけません。
まずは起きてしまったミスを、謝罪を含めつつきっちりと報告し、その後の対処を上司に仰ぐようにしましょう。

引用元-仕事でのミスを上司に報告をするときの注意点 | ビジネススキルのことならキャリアパーク

ミスは成長につながる!!

ミスをしてしまうと、そのときは当然仕事が止まるし周囲に迷惑をかけてしまうのですが、だいたいはその後、以前よりもぐっと成長しています。
人間、仕事に慣れてくると一度そこで成長は止まります。ひととおりやることを覚え、ある程度回せるようになってきたとき、そこで完成した状態になります。
そんなとき、ミスが起こるとどうなるか。
これはやや不謹慎な話ですが、「ものすごい当事者意識」が生まれます。
慣れてきた状態だと、それほど仕事の中身を意識しなくても日々の業務は動くようになりますし、少し流し運転になるのは経験的にわかると思います。
ある意味平常心で仕事ができているので良いことなのですが、成長速度は少し落ちているでしょう。
そんなときに、ミスが起こると、猛烈な勢いで事態を解決しようとします。
業務の流れをすべて見直し、問題点はないか、どうやったら次を防げるかを考えますし、
お詫びする中で、その仕事が誰に関わっていたのか、自分がどんな人たちと仕事をしていたのかを強烈に意識することでしょう。
慣れてきた仕事を再び強烈に意識して見直すことで、またぐっと知見が増え、力がアップしていることと思います。

引用元-仕事でミスした時…落ち込む気持ちを切り替えて立ち直る6つの考え方| 楽しい仕事へ@はたらくす

まとめ

仕事でミスを連発してしまうと、すごく落ち込みますよね。
でも、しっかり反省して次につなげることができれば、自分が成長できるチャンスに変わりますよ。

twitterの反応


 - 仕事 経済

ページ
上部へ