皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

共働きだと子供への愛情が不足する?そんなのウソ!

      2016/06/25

共働きだと子供への愛情が不足する?そんなのウソ!

共働きの家庭が増えている現代社会。

両親が共働きだと

子供は愛情不足だとおもうのでしょうか?

経験談も交えて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

両親が共働き‐子供は寂しく感じる?

時代も変化した

専業主婦がほとんどだった時代では「母親が仕事で家にいないとかわいそう」「夫や子どもを放ったらかして外で働きたがるなんて勝手な女性」というのが社会の一般的感覚で「よその家はおかあさんが家にいるのに」と寂しく思う共稼ぎ家庭の子は少なくなかったと思います。
しかし今は母親も働いているのが普通の時代で逆に専業主婦が蔑まれたり。そういう価値観の社会では子どもも「うちだけお母さんが家にいれば友達にも馬鹿にされ肩身が狭い」と感じるかもしれません。
家庭にもよるんじゃないかな。昔でも「働いているお母さん」が誇りだった子もいるだろうし、今の時代も「お母さんが家にいてくれる」ことが自慢の子もいるだろうし。

引用元-−-YOMIURI ONLINE大手小町

さみしかったよ

こればかりは人それぞれだと思います。
私は共働き家庭に育った事は、自分にとってよかったとはまったく思えません。
わたしのまわりだけのことですが、働く母親に育てられた人は、専業を選んで、あまり実家に行きたがらない人が多いです。
大人になって、子どもの頃のさみしさを思い出してしまうことがあります。
私の母がこのトピにレスするとしたら、日ごろの言動から、「うちは大丈夫でした!」ってレスするはずです。子どものこと何も分かってないからです。

引用元-−-YOMIURI ONLINE大手小町

両親共働きでした

私の場合、母が私を生んですぐに働き始めたので、0歳から保育所に預けられていました。
本当にさみしい思いをしましたし、なんでも口に入れようとするチック症状のようなものがあったとも聞きました。
(姉の場合ハンガーストライキでした)

小学校も鍵っ子で、たまに鍵を忘れると親が帰ってくるまで図書館で時間をつぶしたり、近所の知り合いの家に行っていました。
さみしくてさみしくて専業主婦の母を持つ友達がとっても羨ましくて、よく母に「なんでお母さんは家におらんの?」と聞いたそうです。

母は社会的に地位のある仕事をしており、母が辞めるとたくさんの人に迷惑が掛かり、そして母も仕事に生きる人でした。

でも大人になった今は母を心から尊敬しています。
一緒にいる時間が少なくてもたっぷり愛情を注いでくれましたし、叱ってくれました。

確かにお子さんはさみしい思いをすると思います。
も子供からしたら母親には好きなことをしてほしい。
後悔をしてほしくないと思います。

引用元-−-YOMIURI ONLINE大手小町

子どもと接する時間が少ないと愛情不足になるの?

「小さいうちに一緒にいる時間が少ないと愛情不足になるのでは?」共働き夫婦の多くが、このような不安を抱いているかもしれませんね。しかし、結論から言うと、そんなことはありません。一緒に居る時間だけで愛情の量が測れるものではありません。一緒に居る時間の長さでよりも、子どもと向き合っている密度のほうが大事です。
一日中一緒に居るからといって、ただテレビを見せていたり、親が電話や携帯メールばかりしていたり、というのでは、かえって寂しい思いをするもの。それよりも、昼間は子どもと接するプロである保育士さんや保育園の友達とたくさん遊んで、夕方からはお母さんとの密度の濃い時間を過ごすほうが子どもにとってはいいのではないでしょうか。
母親にとっても、昼間は精一杯働いて、「早く子どもの顔が見たい」とお迎えにいってと、生活にメリハリがあるほうが、上手くリフレッシュできてバランスの良い日々を送ることができると思います。

引用元-−-All About

育児サポートを活用してみる

そのほか、身近な人たち以外にも、育児を頼ることができます。日頃から家事のシェアも頑張っているカップルこそ、赤ちゃんを信頼できる人に預けて、ゆっくりできる時間を作ってみてはいかがでしょう。
ファミリーサポートセンターは行政や社会福祉法人が運営していて、我が子に合うサポート会員さんを紹介してくれます。
マッチングのための面談には行政スタッフも同席。1時間800円で2時間からサポート会員さんの家で見てくれますよ。プロのベビーシッターさんで相性合う方に出会えると育児が明るくなります。
一人孤独な育児で塞いでしまわないよう、たまにはプロに自宅に来てもらい、赤ちゃんと少しだけ離れる時間を持って『お休み時間』として充電してみませんか。

引用元-−-All About

 

0歳から保育園に通うと不登校が少ない

保育園に入りにくいなど、さまざまな事情から、育児休業を1年間取らずに子どもが0歳で職場復帰する方も多いもの。0歳から保育園に預けていいんだろうか……と葛藤する親は多い。
「実は、0歳から保育園に通っている子どもは、小学生になってから不登校になる子が少ないといわれています。なぜなら、小さいうちから保育園に通うことで、朝早く起きる、夜早く寝る、決まった時間に食事をするなどの“規則正しい生活習慣”が体にしみついているから。
昔は“不登校になる人は親の愛情不足”だなんて間違った考えがされていましたが、私は親の愛情よりも、まずは規則正しい生活習慣が大事だと思っています。もちろん、規則正しい生活習慣をつけるためには、親のがんばりが必要なので、親の愛情が大切になりますね」

引用元-−-マイナビニュース

学童に行くのは、むしろ子どもにとってメリット

小学生になると、共働きの家庭は、放課後に学童や習い事に行かせるケースが多くなる。小学生にあがったばかりで子どもが不安そうな時期に、親と離れる時間が多くて大丈夫だろうかと心配する声も。
「学童に行っても、全く問題がありません。教育とは“子どもを自立させること”だと思うので、むしろ、学童に行ってしっかり遊び、体を動かしたり、人間関係などを学んだりすることがメリットとなるのではないでしょうか。早く眠くなるはずなので、早寝にもつながりますよね。
小学校から早く帰り、家でゲームをして 遊んでいることより、ずっといいんですよ」

引用元-−-マイナビニュース

まとめ

経験談を読むと、子供の時は寂しく感じても、大人になってから親を尊敬する気持ちになったとありました。大切なのは、親が子供をどのように育てたいのか?という事にかかっていると思います。子供も自然と親の態度を理解して育っていくものと思いますが。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/erisabijin/status/611728368543727616

 - 人生 職業

ページ
上部へ