皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

医療事務って保険の点数で計算する。保険の種類の基礎を学ぶ

      2016/06/25

医療事務って保険の点数で計算する。保険の種類の基礎を学ぶ

医療事務を行う上でのメリットは何と言っても医学的知識が得られる事でしょう。そして薬剤や検査等の知識を得ることができるのも大きな要素です。また、自分が病気になったときの治療方法がわかるかもしれませんよ。

今回は、医療事務の基礎である保険の種類について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


医療事務は医療の経理

医療事務の中で最も重要なレセプト作成業務は、一般企業の経理のポジションにあたる業務になります。
通常、医療機関で診察を受けると医療費が発生します。その医療費の1部は患者が窓口で支払いますが、残りの医療費は病院側が保険者へ請求しなければならないのです。その請求するための資料がレセプト(診療報酬明細書)になります。レセプトは1ヶ月分の診療報酬を月末で締めて作成します。
作成したレセプトに間違いがあると審査支払機関からレセプトを差し戻され、再作成をしなければなりません。そうなってしまうと、再作成のための時間が余分にかかり診療報酬額が少なく支払われることがあります。この様な場合、収入減少や経営悪化など医療機関に悪影響を及ぼすことになります。
医療事務の要であるレセプト業務は、正確に作成・確認・点検が求められる最も大事な業務なのです。

引用元-医療事務のレセプトとは?|診療報酬の請求手続き

医療事務−保険者、被保険者

医療保険は「保険者」「被保険者」「医療機関」で構成されています。

引用元-医療保険制度・しくみ|医療事務の基礎知識

【保険者】
医療保険を運営する団体をいいます。被保険者から保険料を徴収し被保険者証(保険証)を交付します。代表的な例でいえば、一般のサラリーマンの殆どが加入している政府管掌健康保険は政府が保険者です。一般の国保の場合は、保険者は各地方自治体(市区町村)です。国家・地方公務員や警察・学校などの場合は、共済組合が保険者となります。

【被保険者】
被保険者証(保険証)の交付を受けている加入者のことです。加入者本人以外の扶養家族も加入者と同様の医療保険の給付を受けることができます。

【医療機関】
診察行為等を提供する機関、診療所や病院のことをいいます。医療事務の業務はこの医療機関のポジションで行うことになります。

被保険者は保険者に保険料を納付し、保険証の交付を受けます。その被保険者が医療機関にかかった時、医療費の一部を支払います。残りの医療費は医療機関が保険者へ請求し、支払いを受けるという仕組みになっています。医療事務は、この被保険者に対する会計と保険者への請求業務が主な業務になるといってもいいでしょう。

引用元-医療保険制度・しくみ|医療事務の基礎知識

医療事務で扱う保険の種類

医療保険は、社会保険と国民健康保険の2つに分けられます。
社会保険は、会社、官庁、学校等で働く方々が加入する医療保険です。
国民健康保険は、農業や商業を営んでいる方、自由業などの一般地域住民が加入する医療保険です。
国民健康保険の中には、高齢者医療確保法による給付対象の後期高齢者医療制度も含まれています。

引用元-医療保険制度・保険証について|ときわ会グループ|福島県いわき市

医療事務−国民健康保険と社会保険とは

被用者を対象とする社会保険と自営業者等を対象とする社会保険に大別されるが、医療保険では、一般住民が加入する「国保(国民健康保険)」に対し、被用者保険を「社保(社会保険)」と呼ぶことがある。また、企業では、健康保険と厚生年金の2つを合わせて「社会保険」と呼ぶことがある(雇用保険と労働者災害補償保険の2つを合わせて「労働保険」と呼ぶことがある)。
主に国または地方公共団体が直接管理・運営するが、企業やその業界団体が健康保険組合や厚生年金基金を公法人として設立し、管理・運営することができる。
● 被用者
● 会社員 – 健康保険、厚生年金、雇用保険、労働者災害補償保険(労災保険)
● 公務員 – 共済組合(短期給付)、共済組合(長期給付)、退職手当、公務員災害補償
● 船員 – 船員保険、厚生年金
● 国会議員・地方議会議員 – 国民健康保険、厚生年金

● 自営業者等
● 自営業者等 – 国民健康保険、国民年金

特色[編集]
社会保険制度は、日本の社会保障制度の中で中核的な存在であり、生活保護が公費(税)による給付を行う救貧制度であるのとは違い、保険のしくみを利用して一定の事故に対する給付を行う防貧制度である。また、個人の努力では救済しきれない経済的損失を、国家または社会が集団の力で救済するという社会的目的のために、私的保険とは違う特色を持つ。

引用元-Wikipedia

医療事務に必要な国民保健と社会保険の違いは?

日本では、全員が公的医療保険制度に加入する「国民皆保険」と云い、全員が加入することになっていますが、サラリーマン等が加入する「健康保険」と、個人でお店や事業を行っている人や、フリーター、学生などが入る「国民健康保険」、公務員の人が加入する「共済組合」などがあります。

引用元-国民保険と社会保険の違いがわかりません。 – 健康保険 | 教えて!goo

健康保険組合には二種類あり、単一の会社が運営している場合と、同じ業種で複数の会社が集まって運営している場合とがあります。
単一の会社の場合は、設立自体はその会社が設立し、運営は健康保険組合自体で行っています。
同じ業種で複数の会社が集まって運営している場合は、設立はその業種をとりしきっているところ(○○振興会とか○○商工組合とか、○○協同組合など)が母体となり設立し、運営は健康保険組合自体で行っています。

国民健康保険と社会保険の主な違いは、たいていの場合は、国民健康保険に加入し保険料を支払う額よりも、社会保険の自己負担(従業員負担)を支払うほうが、保険料として安いんです。
ですので、会社から従業員に対する福利厚生という意味合いが強いですね。
安い保険料で休業補償もついていて、将来もらえる年金も、国民年金だけよりもはるかにいいんですから。

引用元-国民保険と社会保険の違いがわかりません。 – 健康保険 | 教えて!goo

まとめ

医療事務を行う上では大変な事が多いようです。診療報酬は2年ごとに改正されるため、新点数を覚えなければならない。新しい薬剤を使用する場合も、薬効などを覚えなければならない。などがあるようです。

twitterの反応

https://twitter.com/m1yp1n/status/628921963897970690


https://twitter.com/akiduk1/status/181044833488617472

 - 仕事 経済

ページ
上部へ