皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

双子の育児が大変で、ストレスが溜まる〜

      2016/06/27

双子の育児が大変で、ストレスが溜まる〜

双子を持つ親御さんは本当に大変だと思います。

ましてお母さんは大変すぎて、

疲労とストレスが相当たまるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

双子親 Q&A

Q 2人が同時に泣き出すと、一緒に抱っこ抱っこできず、どちらかに順番を待たせてしまうことになってしまいます。1人の子と比べて抱っこ抱っこが足りないのではないかと心配です。

A 愛情の与え方が足りないのではないかというご心配をされるお母さんがたくさんいらっしゃいます。しかし、その気持ちがあれば心配ありません。親のその気持ちは必ずお子さんに伝わっています。また、最近一人っ子が増えて、甘やかして育てるため、なかなか我慢できない子が多くなったと言われますが、ふたごにはそんなことはありません。いつも順番を待たされるので、ちゃんと我慢することを学んでいるからです。これもこんなふうにポジティヴに考えてみてはいかがですか。

引用元-−-Tot Cop

Q 車もなく、ベビーカーも2人用ではないので、なかなか外出できず、部屋にこもりがちです。保育園に入れるまで他のお子さんやお母さんとの交流を持たなくても大丈夫でしょうか。

A ふたごの育児は一般的な育児にはない大変さが伴います。交流の場で、同じふたごのお母さんと育児の大変さを共感したり、励ましあうという経験は、きっと日頃の精神的な疲れを癒し、育児に対するエネルギーをもたらしてくれるものと思います。行政の窓口を活用してみましょう。社会福祉事務所・保健所・保健センター・市役所の育児支援関係の課・子育て支援センター・保育所など、いろいろな窓口があります。
一方、外に出なくてもそれがストレスにならないのであれば、無理に交流の場に出て行かなくてもよいかもしれません。この先ずっとこういう状態が続くわけではないので、気楽に考えるのも一つかもしれませんね。

引用元-−-Tot Cop

双子親のストレス

無事赤ちゃんたちが誕生しても、早産などによる成長、発達面の心配事を抱えながらの育児のスタートになることも。2人、3人の赤ちゃんへの授乳とオムツ替えに追われ、疲れがとどまることなくたまっていくだけでなく、複数の赤ちゃんを連れ出す労力から、なかなか家庭外との関わりを持ちにくい状況が続きます。

こういったことから、双子、三つ子の赤ちゃんを育てているお母さんはストレスの度合いが非常に高く、周りから見ると頑張りすぎるぐらい頑張っているにもかかわらず、本人は「子どもを虐待しているのでは」と思い詰めてしまうことも多いそうです。

引用元-−-All about

双子の子育ての大変さ

とにかく初めの1年は過酷、夜泣きがひどくて2時間以上寝た記憶がない。
?周りのママは、赤ちゃんをベビーカーや抱っこで連れてランチをしたり出かけたりしていたが、双子だと外食なんてとんでもない! 出かけるだけでもくたくたで、出先で二人に泣かれると、てんてこまい。
?病気は一人がかかると、もう一人も必ずかかる。
?一方の意見を取り入れればもう一方がへそを曲げ、意見調整が大変。
?一人だけがよくできた時、できたほうをほめるともう一人はすねてしまう。
?取り合いや順番決めなどの争いがよくある。
?平等を心がけなければならない。
?個性を重視して子育てをしてきたつもりだったが、子どもはえこひいきと思っていたよう。

子どもが小さい時は、同じ洋服を用意するなど、「同じ」にすることが「平等」に扱うことだったかもしれないが、年齢が上がるにつれて、複雑になっていく様子がうかがえる。それぞれの子どもの個性に合わせた対応をしたうえで、平等と感じてもらえるように、心を砕いているようだ。

引用元-−-IRORIO

双子の子育てでストレスがいっぱい?(質問)

育児ストレスから体調不良です。2歳6ヶ月の双子の男の子の母親です。最近,癇癪や食べ物の好き嫌いが激しくなり,私自身,色んな事が重なり,かなり疲れてしまいました。 預け先も探しました。保育園も待機児童で却下。一時預かりもかなり遠くの保育園,空きも今のところありませんでした。支援センターに行っても二人を見るので精一杯で職員さんとかと話もなかなか出来ません。
とにかく疲れました。非常勤の仕事をしていますが,それが唯一の息抜きです。とにかく,精神的にも一杯一杯,腰痛や頭痛など体調も悪くしんどいです。
何が質問したいのか良く分からなくなりましたが,今の状況を乗りきるコツ,ストレス発散方法などを教えて下さい。
双子ママさんの意見も聞けたら助かります。

引用元-−-Yahoo! Japan 知恵袋

双子の子育てのストレスは?(回答)

支援センターでは相談業務もあり、希望すれば個室でゆっくり話もできます。
お子さんがいては話しにくいことも多いでしょうから、その間はスタッフに お子さんをみてもらうことはできるはずですよ。

今胸の中で抱えているものを一度吐き出して受け止めてもらうことが必要な気がします。

誰かに話をじっくり聞いてもらうって、とっても大事です。
話をすることで、自分を客観的にみられるようになります。
今この時を精一杯過ごしているとなかなか振り返れないですよね。

ちょっと荷物をおろしたところで、ストレス解消法・・・

私は体をほぐすことをお勧めします。
ストレッチやヨガが気持ちいいです。お子さんが眠ってから自宅でエクササイズDVDでも見ながら体を無理のない程度に動かす。。。
少し汗ばむくらいで十分。
ほんの少しでも自分のためにつかう時間をつくれると やっぱり嬉しいですし、体がほぐれると気持ちもほぐれます。
深呼吸もしましょう。
眠りもきっと深くなります。
ウオーキングもいいですよ。頭がすっきりします。

引用元-−-Yahoo! Japan 知恵袋

 

双生児家庭育児支援事業

双子の親なら是非利用したい!「双生児家庭育児支援事業」

社団法人全国ベビーシッター協会の行っている制度で、 双生児などの多胎児の保育をしている保護者がリフレッシュのためにベビーシッターを利用した場合、一回あたり9,000円(三つ子以上は18,000円)の補助が受けられる制度です。利用回数は原則として一年に2回までですが、双子のほかに義務教育前の兄弟姉妹がいる等、特別な事由がある場合は4回まで利用することができます。

引用元-−-ふたママ.com

自治体によって様々な育児支援

双子をもつ母親に保健師による育児相談・発達相談などを行なったり、双子の母親同士が交流を持てるような会を開催するなど、孤独になりがちな双子育児のストレスを軽減するための育児支援を行っている自治体もあります。

また最近では、多くの自治体が出産間もない母親に対してヘルパーを派遣して家事・育児などを援助する「産後支援事業」を行っていますが、多胎の場合は利用できる期間や回数を単胎よりも多めに設定している自治体が増えています。

引用元-−-ふたママ.com

twitterの反応


https://twitter.com/33us/status/264536925430489089

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ