皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

大企業と中小企業の格差より業種間の格差が顕著

      2016/06/25

大企業と中小企業の格差より業種間の格差が顕著

大企業と中小企業の格差が当たり前と評価されがちでしたが、現在の企業の格差には、少し変化も現れたようなのです。

今回は、大企業と中小企業の格差についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


大企業の定義

1.資本金の額又は出資の総額が3億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が300人を越える会社及び個人であって、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの

2.資本金の額又は出資の総額が1億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの

3.資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの

4.資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が50人を越える会社及び個人であって、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

引用元-就職活動時に知っておきたい大企業と中小企業の違い

大企業と中小企業の違い

大企業で変化を起こすのは容易ではありません。あなたの会社に新しい考え方を歓迎する社風があっても(それ自体はありがたいことですが)、部内の体制を変えたり、新しい商品を開発したりするには時間がかかります。

引用元-大企業vs中小企業、どちらで働く? なにが違う? | ライフハッカー[日本版]

中小企業の福利厚生制度は大企業ほど整っていません。キャリア形成の初期であれば、会社が健康保険を制度化するまで我慢できるかもしれません。しかし、何もないところから何かが生まれる可能性は低いものです。あなたにとって福利厚生が大切で、応募する会社がそれを提供していないなら、いつかそれが提供されるだろうと望むのではなく、制度が整っている会社を探す方が賢いでしょう。

引用元-大企業vs中小企業、どちらで働く? なにが違う? | ライフハッカー[日本版]

当然のことながら、どの会社に入るかは、あなたの向き不向きによります。すべての人が、何千人もの従業員を抱える大企業で働きたいと思っているわけではありません。給料が高く福利厚生が整っているのはどこか、と考えるだけではなく、あなたの個性や能力が最も発揮できるのはどこか、と考えることも重要です。

引用元-大企業vs中小企業、どちらで働く? なにが違う? | ライフハッカー[日本版]

大企業と中小企業の違いは独自性

研究開発の質も企業規模別に違いがみられる。大企業が行う研究開発は比較的需要が大きい市場を目指して行われることから、先行した研究開発を行ったとしても、競合企業が追随してくる。つまり、大企業は同質的行動を取るのに対し、中小企業の研究開発は、誰もが行わないような「独自性」を追求したものが多い。

実際、企業規模別に研究開発の内容と競合他社との関係をみると、規模が大きい企業は、技術的に先行していても他社の追随を受けている企業又は自社が競合他社に対して遅れをとっている企業の割合が高いのに対し、規模が小さい企業ほど「競合他社では全く行われていない研究開発をしていることが多い」割合が高い

引用元-中小企業庁:(2)中小企業の研究開発の独自性

大企業と中小企業の賃金格差

賃金構造基本統計調査

引用元-大手と中小の間で賃金格差ってどのくらいありますか?

データは「従業員1000人以上」と「従業員10-99人」に区分しました。これをみますと「男性 全年齢比較」では、従業員10-99人の中小企業は、大手と比較して62%しかありません。
また、最も格差が拡大する年齢であるとみられる「50-54歳」においては56%です。

引用元-大手と中小の間で賃金格差ってどのくらいありますか?

Q 新聞で読んだことがありますが、中小企業は大手と比べて「753」だといいますね。「賃金7割、賞与5割、退職金3割」という意味のようです。

A もっと格差はあります。実際は「賃金7割 年収6割 賞与3割」ぐらいでしょう。退職金に関するデータはありませんが、3割もないと思います。

Q 悲しい現実ですね。大手は中小の協力工場にコストダウンを強要することが多くなっていますが、その結果、中小企業は働いても働いても報われない状況に陥っています。これでは日本社会全体がおかしくなってしまいます。

引用元-大手と中小の間で賃金格差ってどのくらいありますか?

中小企業が格差を埋める|中小企業を選んだワケ

・大企業よりも風通しが良い印象で、自分に合っていたと思ったから。(女性/29歳/マスコミ・広告)

・自分の個性を生かしたいから。(男性/22歳/機械・精密機器)

・アットホームだから。(女性/22歳/アパレル・繊維)

・親のすすめ。(女性/23歳/小売店)

・仕事の柔軟性。(女性/23歳/建設・土木)

・組織の一部というよりも、個人として仕事ができるようになりたかったので、そういう環境のある中小企業を選びました。社長と距離が近いのも魅力的です。(女性/23歳/マスコミ・広告)

・大企業は、自分と同じ学歴で自分より仕事ができそうに見える人がたくさん応募するのが容易に予想できた。そういう人たちと競っても仕方ないと感じたため。また、中小企業の方が、自分の裁量でできることや、任せてもらえる仕事の種類が多そうで、自分自身が早く成長できそうなイメージがあったため。(女性/25歳/情報・IT)

引用元-大企業より絶対に中小! 就活で見えた中小企業のメリットとは | アンケート・調査 | データで見る就活 | 就活スタイル マイナビ 学生の窓口

大企業と中小企業の格差|むしろ業種間で差

生涯賃金でみると重要なのは企業の規模ではなく、どの産業に属するかである。例えば、小さな金融業者は大きな卸売業よりも賃金が良い。金融/医療/情報通信/学術・専門サービス/不動産といった頭脳的な職種が多い産業のほうが、既に製造業よりも賃金が上である。現代における製造業は、そんなに儲かる商売ではなくなっている。

多くの人は勘違いしているが、賃金は労働市場で決まるのであって、企業規模で決まっているのではない。「他社に引き抜かれない程度に給料を出す」のが経営の基本だから、儲かる産業に行けば賃金も上がるのであって、大企業にいるから賃金が上がる訳ではない。

大企業であることが儲けに直結する製造業は、そこがそういう仕組みの業界だからであって、他の産業は別である。つまり、自分の賃金を上げたければ儲かりそうな分野に行けばいいのであって、盲目的に大企業に行ってもしょうがない。

引用元-高賃金が狙いなら大企業でなく産業を選べ

大企業と中小企業の差ではなく業種間の差が堅著

多くの人は勘違いしているが、賃金は労働市場で決まるのであって、企業規模で決まっているのではない。「他社に引き抜かれない程度に給料を出す」のが経営の基本だから、儲かる産業に行けば賃金も上がるのであって、大企業にいるから賃金が上がる訳ではない。

大企業であることが儲けに直結する製造業は、そこがそういう仕組みの業界だからであって、他の産業は別である。つまり、自分の賃金を上げたければ儲かりそうな分野に行けばいいのであって、盲目的に大企業に行ってもしょうがない。

引用元-高賃金が狙いなら大企業でなく産業を選べ

大企業と中小企業の賃金格差を無くすためには?

今の日本で必要なことは「同一労働・同一賃金」の考え方を徹底することが、賃金格差是正の基本だろうと考えている。つまり雇用形態が正規社員であれ、派遣社員であれ、同じ仕事をしているのであれば、同じ賃金が支払われるべきだという考え方だ。

「同一労働・同一賃金」ルールは欧州ではかなり徹底していると聞く。まずこの考え方をベースに置かないと日本の場合は賃金格差は是正されないだろう。次に業種によっては既に大企業間で過当競争が起きている分野が多い日本で中小企業の参入障壁を下げることが、企業内の賃金格差是正に有効かどうか疑問である。

むしろ日本の場合は「同一労働・同一賃金」ルールにより、雇用形態の影響を抑制し、人材の流動化を促進することで、企業再編を促進する方が先ではないか?と感じているのである。

引用元-賃金格差の原因は企業規模の違い?

まとめ

仕事をする目的が何なのかをはっきりと決めておく必要がありますね。もし、「賃金を最優先」と考えるのなら盲目的に大企業ではなく伸びる可能性のある分野の業種を探すことが必要なのかもしれません。

twitterの反応

https://twitter.com/Vertex3on500mbp/status/708644883007873024


https://twitter.com/48gokuraku/status/702779627098345472

 - 人生 職業

ページ
上部へ