皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

大学の講義中の私語って学生が子供なの?先生が下手なの?

      2016/06/27

大学の講義中の私語って学生が子供なの?先生が下手なの?

「授業が始まったら私語が多く先生の話が聞こえない。」といった大学に通い始めたばかりの学生の嘆きを知りました。大学の講義で私語が多いのはどうしてなのでしょうか。

今回は、大学の講義での私語についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


なんで大学の講義は私語でうるさいの?

今は週一回しか大学には行っていませんが、行けば、講義を受ける時の態度の悪さが目について仕方がありません。

例えば、授業中の私語。
先日もある授業で、とにかくうるさくて先生に怒鳴られ、生徒の方にチョークを投げられました。こんな光景はいつもです。
まるで小学生のようにうるさくて、授業を受けている私も他の学生もイライラします。

引用元-どうしてこんなに授業態度が悪いのか… – 大学・短大 解決済 | 教えて!goo

学生の意識の問題ですね。

あなたはまじめな学生さんのようですが、「授業」や「生徒」と言う言葉が出てくるところを見ると、やはり「勉強を教えてもらいに行くところ」と言う意識が抜けていないようですね。

大学は「自ら学びに行くところ」ですので、「講義」であり「学生」なんです。

教授・講師の側にも問題アリです。試験の成績のみで単位を決定するも良し、講義の妨害をした学生は問答無用で単位不認定もよし。

大学での単位認定については高校までの「成績付け」とは全く異なる、絶大な権限があるはずなのに、それを効果的に運用しない。

あなたがもっと良い環境で学びたければ、教授のところに直訴に行くべきですね。あるいは、講義で聴けなかったところを直接教えを請いに教授室まで押し掛けるのもOKです。

引用元-どうしてこんなに授業態度が悪いのか… – 大学・短大 解決済 | 教えて!goo

大学の講義がつまらない|日本の大学は教え方がへた?

今まで日本の大学の多くは、教え方に対してほとんど投資や工夫をしてきませんでした。ですからこれからは、戦略と実行、カリキュラムと教員のティーチングメソッドの開発が、非常に重要なテーマです。

引用元-日本は時代遅れ?「大学がつまらない」と言われる3つの理由。 | co-media

もう1つ重要なことは、学生たちにどんどんアメリカの大学のように「強い負荷」をかけた方がいい、ということです。そして同時に、負荷に耐えられる学習環境をつくるべきでしょう。

現在の大学生は、多くの課題やレポートなどで勉強するスタイルになっています。 しかし逆に、あれやこれやと目先の課題をこなすことに集中するあまり、落ち着いて物事をじっくり観察したり、考えたりする余裕がなくなってきています。

また、教員があれもこれもやらそうとするあまり、学生の消化不良の原因を作ってしまっているのではないでしょうか? あるいは「グローバル人材」「キャリア教育」といったコンセプトのもと、TOEICの点数を上げることや、会社に入ってすぐ「役に立つ」スキルの習得などにばかり教育の重点が置かれているのです。

この時代の流れこそ今の日本の大学が機能していない大きな理由です。 大学はあくまでも強制的に勉強する高校の延長ではなく、学びたいことを学びに来る場所なのです。 しかし、本当に勉強したい学生は留学をします。なぜなら、海外の方が勉強できるからです。

日本の大学教授は授業がどれだけ素晴らしくても、受講者がどれだけいい成績を出してもその成果を認めてくれることはないですし、そもそもまだ昔の大学の感覚を持って、生徒に楽な道をすすめる人も多いのが現状です。

こういった現状により、大学はいつまでも義務教育の延長でしかなく、大学生よりも小学生のほうが勉強しているなどと言われてしまっているのです。

引用元-日本は時代遅れ?「大学がつまらない」と言われる3つの理由。 | co-media

大学の講義で私語が多いのは講義がつまらないから?

今の学生は、出席は必須。半期15回の授業を、4回休んだら、自動的に不可。これが常識。だから教室にいざるをえない。でも授業はつまらない。結果として、まわりにいる友人との私語をはじめる……というもの。

引用元-私語の多い大学授業という問題 – とみざわのマーケティング入門

90分×15回の授業時間のすべてを、興味を引きつけ続けられる教員がいるのであれば、ぜひ見学してみたいもの。サンデル先生だって、15回のうちには、中だるみがあるはず。もちろん自分の授業にもある。
ワーワー盛り上げるだけでなく、少し堅苦しいけれど、理論を説かねばならない場面が必ずある。学習意欲の強くない学生に、いかにそこを理解してもらうか。ここだと思います、教育の難しいところは。

引用元-私語の多い大学授業という問題 – とみざわのマーケティング入門

学校は、知識を得る場。もしくはそれを実践する場でもある。
目的は本来はっきりしている。なのに、面白く話をしてもらわないと注意が散漫になる。盛り上がる話をしてくれないと、記憶に残らない。いったい何をしに来ているのでしょう?

中学校はまだしも、高校は義務教育ではない。大学進学率50%、全入時代の前に、今一度「教育」というものを、学び手側も再確認する必要があると思うのであります。

引用元-私語の多い大学授業という問題 – とみざわのマーケティング入門

大学の講義に私語対策

私の工夫実践例ですが、講義中、「私語はルール違反であること」を十分に説明しておきます。そうしておいても私語をして、注意されても止めない学生たちに、予め「切符を切る」と予告しておきます。

私の切符とは、2面1セットで、右側に、日付、学生番号、氏名、「私は君の私語を注意した」という文面があります。左側に、日付、学生番号、氏名、「私は私語を注意されたことを認めます」という文面があります。

まず、私語した学生に、切符の左側の紙を渡し、日付、学生番号、氏名を書かせます。これを受け取ってから、右側の紙に、日付、学生番号、氏名を書き、当該学生に渡し、教室から出すのです。

受講ルールですが、切符を1枚切られると、最終成績を10%カットすること、その日は教室から出て行くこと、次回からは、私語を誘発する学生の傍に行かず、心を入れ直して出席することなどです。

切符は、いつも数枚持参していて、授業の開始時に、「切符はたくさんあるぞ」と見せつけます。これを毎回しますと、抑止力が働くようになります。切符を切るときはにこやかに対応することが肝要です。決して感情に引きずられて切符を切ったのではないことを、意図的に演じるのです。教室から出す学生には、「来週の出席、期待しているよ」と、一声かけることがミソです。

発行した切符は、教務手帳に貼り付けて置いて、必ずルールを守ります。すなわち、当該学生の成績を減点するのです。次年度には、大きな効果が期待できますよ。

われわれ教員だって、学生の時、随分と私語をしたはずです。そこで、私は授業中に「私語タイム」を設けることにしました。これは「4分法授業」をベースにしていて、1コマ(90分)の授業の中で、始めの4分の1と4分の2は「講義タイム」、次の4分の1は演習で「バズタイム」、最後の4分の1は再び「講義タイム」とするものです。

「バズタイム」では、受講生は自由に話しても、自由に移動してもよい時間で、「バズ」とは、「蜂がブンブンと唸る様」を表す言葉です。演習であるから、自由に意見交換してもよろしいとしたのです。

引用元-私語対策 | 講師が語る

大学の講義|私語が起こる理由

小学校時代から、教育には4つの基本がありました。

①知識を授与すること。
②技術を習得させること。
③習慣を形成すること。
④態度を育成すること。

今日、大学教育では、①の知識授与と②の技術習得がメインになっています。ところが、③の習慣形成と④の態度育成がありません。大学生は大人だから、③と④は省いているのでしょう。
私語に関しては、③の習慣形成(公的な場では、私語を慎む習慣を身に付けること)、④の態度形成(私語をしないという態度を、周囲の環境に関わらず養うこと)の2つが指導できていないから起こるのです。

態度や習慣の指導は、小学校や中学校での教育であって、大学で教育するべきことではないと思っている教員が多いと思われます。しかし、小学校や中学校で、こうした教育を受けて来なかった学生が、ごく普通に大学に来る今日、大学教員は、この2つの教育目的をしっかりと意識し、指導するべきであると私は思っています。相手が大人の学生であるからこそ、最後の教育チャンスであるはずです。

引用元-私語対策 | 講師が語る

まとめ

さすがに大学では、講義を静かに聴く習慣をつけさせたり、態度を育成する必要はないと普通は思いますよね。一部の人達は大学に行くのが当たり前すぎて「大学は何をするところか」という事まで考えていないのでしょうか?卒業さえすればよく、学歴さえ手に入れば良いと思っているのでしょうか。それにしても、その人たちが卒業できるのでしたら大学にも問題がありますよね。

twitterの反応


https://twitter.com/aYoRmM/status/682137945923403776

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ