皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

太平洋戦争の戦闘機|日本が誇る戦闘機は零式戦闘機

      2016/06/27

太平洋戦争の戦闘機|日本が誇る戦闘機は零式戦闘機

太平洋戦争では日本が敗れる事になりましたが、多くの犠牲を払いながらもテクノロジーは随分と発達するに至ったようです。まず飛行機の分類ですが、飛行機と戦うのが戦闘機、爆弾落とすのが爆撃機、両方出来るのが攻撃機です。

今回は、太平洋戦争で活躍した戦闘機の日本での事情を交えて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


太平洋戦争時の戦闘機|日本の特徴

戦闘機なんかを考えると、当時の技術では、艦載機としても陸上機としても優秀な機体を設計するのは困難で、そんな万能機を作ろうとしても、なかなか上手くはいきませんでした。
例外は零式艦上戦闘機(いわゆるゼロ戦)ですが、これは奇跡。
実際に海軍は戦前に設計した零戦を終戦間際まで使い続け、後継機(烈風と言います)の開発には実質失敗してしまっています。
一方、陸軍は(空母が無いから)万能機に拘る必要がなく、戦時中に毎年一種の割合で新型主力戦闘機を投入しています。
例えば五式戦闘機などは零戦を超える傑作戦闘機として知られます。

引用元-太平洋戦争前に陸軍・海軍の名前を聞きます。空軍も名前は聞きませ… – Yahoo!知恵袋

戦闘機の日本のさきがけ|三菱 九六式艦上戦闘機

海軍は九試単座戦闘機として新型戦闘機の競争試作を行った結果、三菱が提出した機体を制式採用し、これを九六式艦上戦闘機と命名した。

三菱航空機では堀越技師(後に零式艦上戦闘機を設計)を中心に試行錯誤を行い、何種類ものエンジンを試し、空気抵抗を減らす沈頭鋲を採用するなどした結果海軍が要求した最高速度を100キロ/時も上回る、当時としては傑出した性能の機体を完成させたのである。

空戦格闘性能に重点を置いたいかにも日本的な戦闘機で、日華事変において
は九六式陸上攻撃機とコンビを組んでの爆撃行や中国軍機との空戦などで大活躍した。しかし、航空機の発達は加速度的にスピードを増し、太平洋戦争開戦時には零式艦上戦闘機へ主力の座を渡してしまっていた。

主力の座からは退いたものの、新鋭機である零戦の生産・配備が進む昭和17年頃までは、小中型空母や南洋諸島に配備されており、太平洋戦争緒戦の仏印やソロモン、ニューギニア方面で戦闘を続けた後、昭和17年末ごろからは練習戦闘機として練習部隊で終戦まで使用されている。一説によると終戦時の残存機数は38機だったという。

引用元-日本の名機(九六艦戦)

太平洋戦争で活躍の戦闘機零戦

九六式艦戦を元に、徹底的な軽量化によって高い機動性と長い航続距離を得た機体。
その機動性に太平洋戦争初期の米軍機は全く付いて行けず、日本の快進撃の一因となった。
しかし軽量化のために装甲や武装が犠牲になっており、戦争後期に米軍の新型機が機動性で追いつくようになってくると、ボロボロ落とされる事になってしまう。 良くも悪くも日本を象徴している機体だ。
名前の 「零」 は完成が皇国暦 2600 年だったからだが、その神秘的な名前から、世界中で覚えられている。

引用元-大戦略1941 太平洋戦争・日本軍航空機一覧

太平洋戦争の戦闘機零戦|日本の実力機

零式艦上戦闘機(以下、零戦)は、日本海軍が1940年から1945年にかけて運用していた戦闘機。開発は三菱重工業。
第二次世界大戦におけるアジア・太平洋戦線(太平洋戦争)にて、開戦から終戦まで運用されたため、同戦争における日本海軍の軍用機を象徴する戦闘機でもある。

引用元-零式艦上戦闘機 (れいしきかんじょうせんとうき)とは【ピクシブ百科事典】

1937年(昭和12年)に海軍の要望で三菱内燃焼製造に戦闘機開発が依頼され、堀越二郎を中心に設計開発がされて、1939年(昭和14年)の試験飛行を経て翌年に正式採用された。堀越にとって零戦は好きではなく、海軍の「ないものねだり」の要求性能による開発だった。

引用元-零式艦上戦闘機 (れいしきかんじょうせんとうき)とは【ピクシブ百科事典】

登場当初は広大な航続距離(飛べる距離)と強力な戦闘能力で、連合国軍の戦闘機を圧倒した。
一時期はほとんど無敵と言っていいほどで、1機の零戦を撃墜するまでに、連合国軍の戦闘機は12機墜落させられるとまで言われていた。
しかし、戦争が長引く中で後継機の開発が遅れたため、旧式化してもなお戦線に送られた。
また、戦争が長引いたことで、多くの熟練パイロットが失われてしまう。

引用元-零式艦上戦闘機 (れいしきかんじょうせんとうき)とは【ピクシブ百科事典】

太平洋戦争の戦闘機|「隼」

長距離の制空援護用の戦闘機でした。
具体的には重爆撃機を援護して爆弾を投下するまで、敵地上空を制圧し、爆撃が可能な制空を行うための機種で、基地上空の迎撃や爆撃に使用する機体として開発されたものではありませんでした。

引用元-一式戦闘機「隼」研究所−隼の誕生

昭和13年12月に初飛行を行いましたが、三重県伊勢市小俣町明野にあった陸軍戦闘機隊の本拠地を自任する明野陸軍飛行学校での審査ではキ−27との模擬戦闘で速力のみキ−27をわずかにまさる程度で旋回戦闘ではどうしても勝てない等、空戦性能が劣ったため不採用となりました。
しかし、昭和16年3月までに南進作戦用の爆撃機を援護する長距離戦闘機を3個中隊(48機)揃える必要性に迫られたため、発動機、蝶型空戦フラップ、可変ピッチプロペラ、燃料タンク容量の改善で空戦性能、速力、航続距離が向上したキ−43が要求に応えられる機体として注目されるようになりました。

引用元-一式戦闘機「隼」研究所−隼の誕生

とくに、採用に貢献したのは陸軍の飛行実験部であり、ここには当時不採用になったキ−43の試作機が数機置かれており、九七戦及び九五戦を上昇旋回と急降下急襲にて、つぎつぎと打ち破る戦法を編み出したことで(垂直面での巴戦で2回から3回の垂直旋回を行う戦法)、その実力を陸軍航空本部に認めさせることができました。

ところが、参謀本部でも航空本部でも不採用を中島側に通達してしまった後であったことから、急遽キ43の採用決定を会議にて行うとともに、中島飛行機側にその場から採用の電話連絡を行いました。そのため、深夜に中島飛行機の幹部が上京する、というあわただしさでした。

結局、日本陸軍は昭和16年4月にキ−43を制式に陸軍戦闘機として採用しました。初飛行から制式採用まで実に2年4ヵ月も無駄に費やされたことになります。

キ−43はこのように制式採用年度が1941(昭和16)年、つまり皇紀2601年になされた戦闘機ですから、一式戦闘機と呼称され、以来終戦まで5,751機が生産されることとなります。

引用元-一式戦闘機「隼」研究所−隼の誕生

太平洋戦争の戦闘機|「鍾馗(しょうき)」

それまでに開発された他の日本戦闘機とは異なり、旋回性能よりも速度を優先させており、優れた上昇力、加速力、急降下性能を備えた優秀な迎撃機であったが、反面、日本の戦闘機としては旋回性能、航続力は低く、翼面荷重が大きい。これらは欧米の戦闘機と比べると標準的な値であったが、操縦の容易な従来の軽戦での格闘戦に慣れた日本のベテランパイロットには、離着陸の難しさ、航続距離の不足などを理由に嫌われる傾向にあった[2]。設計に携わった糸川英夫技師は、『一式戦闘機「隼」は時宜を得て有名だが、自分で最高の傑作だと思っているのは、それの次に設計した「鍾馗」戦闘機である』と戦後の著書に記している。
最高速度(二型甲)605km毎時(高度5000m)、航続力1200km、各型総生産数1225機。

引用元-Wikipedia

1944年、日本本土にB-29が飛来するようになると、外地にあったいくつかの部隊は本土防空に呼び戻され各地の基地に展開し、飛行第47戦隊(1945年前後には四式戦疾風へ機種改編)や飛行第70戦隊(東京都内の調布飛行場を基地とする。)などが戦果を挙げ、第70戦隊は吉田好雄大尉や小川誠准尉ら二式戦乗りのエースを輩出し、本土決戦用の兵力温存の処置がなされるまでは邀撃部隊として活動を行った。イギリスのケネス・マンソンの著作[17]によれば、37mm砲装備の二型丙(40mm砲装備の乙型特別装備機との誤認とされる)が高高度で編隊を組んで飛来した爆撃機に対してよく戦ったとの記述も見られるが、日本側の記録では高高度で飛来するB29に対しては、高空性能が著しく劣って攻撃ができず、防弾版、防漏ゴム、4門の機銃まで降ろして200キロの軽量化を行って、体当たりでB-29撃墜をする「震天特別攻撃隊」が飛行47戦隊や飛行70戦隊などで編成されるほどだった。

南方の第一野戦補充飛行隊所属の陸軍トップ・エース、上坊良太郎大尉がホ301装備の二型乙でB-29撃墜の戦果を記録したが、高度な技術を持つエースの稀な例でしかなかった。だが、軽戦闘機が大半であった日本軍機の中では数少ないB-29にも有効な火力を持つ機体であったのは変わりなく、残存機は迎撃戦闘機(インターセプター)として本土防空の任務に就き終戦まで活躍した。

引用元-Wikipedia

まとめ

第二次世界大戦は、航空機主体の戦いとなりました。戦争参加各国とも国を挙げて戦闘機の改良と増産に励んだそうです。各国が鎬を削った第二次大戦の中でも、最も激しい競争が起きた兵器分野が戦闘機であったのです。

twitterの反応


https://twitter.com/gekkou907/status/693471834121961472


https://twitter.com/miyamiya38541/status/687330010181455873

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ