皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

女性のファッションの基本からブランド選びまで

      2016/07/07

女性のファッションの基本からブランド選びまで

ファッションを楽しみたいが

何から始めればいいのか?

女性のおしゃれを基本、

そしてブランド選びまでを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


「センスの良さ」ってなんだろう?

僕は、自分がセンスがいいのか悪いかはよく分かりませんが、
「センス良さそうに見せること」は得意だと思っています。

それは自分自身もそうですし、お客さまもそうです。
このような服を着れば、センスが良さそうな印象が作れる、
ということをある程度理解をしています。

ではどんなファッションに人は
「センスがいい」と思う傾向があるのでしょうか。

僕が思うには、
「シンプルであること」「やりすぎていないこと」「ベーシックであること」
「ちょっとだけ”違い”を見せられること(嫌味じゃない範囲で)」

こんな要素がセンス良く見せてくれるのかなと思っています。
センスというと、なんだか仰々しい感じもしてしまいますが、
あまり派手すぎるファッションの人に「センスの良さ」って感じませんよね。

見るからに「お洒落してまっせ!」というのは、
なんだか見ていて逆に恥ずかしくもあります。

それよりも、パッと見は普通。
でもよく見るとサイズがしっかり合っていて、
着ている服も上品な感じがする。

前に出過ぎていないけど、
なんだか雰囲気がいいな〜という人に、
「センスの良さ」を感じますよね。

すごくこだわっているのだけども、
そのこだわりが良い意味で悪目立ちをしていない。
そういうファッションに僕はセンスの良さを感じます。

そして自分もそうありたいと思います。
だから目立つファッションには僕はそんなに興味がないですし、
お客さまをそういう方向に持っていくことはそんなに多くありません。

どこにセンスの良さを感じるかは人それぞれですが、
それでも「センスが良く見える傾向」というのは確かにあるんですよね。
それを表現するのが僕の仕事でもあります。

そしてセンスというのは、
ファッションだけではなく、立ち振舞いや姿勢、表情にも
表れるものだと思います。

ですので、ファッションはあくまで一部分でもあるのかなと。
全体を高めていくことが大切なのですね。
僕はそういった意味では人間的な成熟がまだまだ浅いです。(反省)

そしてこのセンスというのは、
どうすれば身に付けられるのか、ということを自分なりに
考えた結果、「知識を持つことで、センスを良く見せる工夫ができる」という結論に至りました。

引用元-−-Stylist SHUNOYAMA

ファッションには練習が必要

楽器もスポーツも、何をするにも練習が必要。
それなのにメンズファッションのお洒落だけはすべてが生まれつきの「センス」でくくれるものなの??

もちろん間違い。

だって、ピアノを全然練習しない人がピアノが下手で「俺はセンスがないから」と言ってたらおかしいと感じるはず。勉強をまったくしていない人がテストで点数を取れなくて「センスがない」なんて言っていたらお母さんが怒るだけです。

メンズファッションも実はそれと同じ。

お洒落な人は勉強し、練習することでファッションのセンスを磨いているのです。

◯まずは学ぶ

メンズファッションの基本というのは、本になっていることも多いもの。

メンズファッション雑誌を読むのも良いですが、図書館に行って単行本を借りれば、色使いや基本的な考え方を学ぶことができるのでおすすめ。

「古くさいファッションになりそう」

とまあ確かに図書館の本と言えば色褪せてから10年、聖子ちゃんヘアーのモデルが表紙といった感じの本も多いですが、基本は意外と変わらないもの。

それに理屈がわかれば流行の着こなしも簡単に出来るようになります。

◯練習する

予定の入っていない土曜日などにありったけの服を出してきて、姿鏡を置いてその前で組み合わせ続ける。これこそがメンズファッションのセンスを磨く第一の手段です。

休日の時間があるときにいろいろ試しておいて、「これとこれはいけるな」と思うものを作っておけば、忙しいときにもそれを思い出すことができます。

これとこれはオッケー。

これとこれは……??

出かける日の朝には時間がないので、結局いつもと同じ服を選んでしまうことになる。
それではファッションのレベルは上がっていきません。
あらかじめコーディネートを考えておき、積極的にいろいろな服装を作って出かけましょう。

引用元-−-大人になれる本 WEB MAGAZINE

大人のファッションが垢抜ける色合わせの基本って?

見た目の印象を左右する要素のひとつが、色だということをご存じですか? 色の基本を学び、相性のよい色合わせを実践するだけで、グッとお洒落になれます! 今回のアドバイザーは、カラープロデューサーの今井志保子さんです

■色合わせは装いの重要要素

編集部:いいものを着ているのに、どことなくちぐはぐに見える男性って、結構多いですよね。

今井:色合わせに失敗していると、そう見えてしまうんです。色は自分のイメージ作りに欠かせない重要な要素。相手に落ち着きを与えたり、反対にイライラさせたりと、装いの中でも色の効能は高いんです。

【色の基本3パターン】

■同系色

最も馴染みのいい配色
多くの人に好感を与える配色は、同系色による濃淡配色。たとえば水色×青×紺のように、同じ系統による濃淡配色は、馴染みがよく、まとまりよく見えます。同系色の中でも淡い色調の分量を多くすると軽やかさを、また低明度色が多いほど落ち着きをアピール。同系色の濃淡配色は手軽に実践でき、初心者に最適です。

■類似色

お洒落上手な上級者に
「赤×オレンジ×黄」など、色相環(※色の輪)で、隣り合う3つの色が類似色です。類似色は色相がかけ離れていない分、相性がよく、ほどよい主張があるので変化をつけたいときにおすすめ。同系色はひとつのイメージを確立したいときにぴったりですが、やや遊び心に欠ける。一方、類似色でまとめると幅広い魅力をアピールできるからお洒落度も格段にアップ!

■反対色

絶対タブーな看板カラー
「赤×緑」など、色相環の対極にある色が反対色で、色彩の専門用語では補色の関係といいます。これがよく使われるのは目立ち度の高さが求められる看板やユニフォームです。こうしたものには効果的といえますが、ともすると奇抜に映る危険性もあります。相手にストレスを与えることもあり、大人の基本コーディネイトでは避けるのがベター。

引用元-−-Begin

大人女子は注意!イタいと周りに引かれる「勘違いオシャレポイント」4つ

1) 流行のリュックは「シンプル」なものを

リュックはそれだけでとてもカジュアルなアイテム。ちょっと間違うと一気に「登山家」のようになってしまうことも……。

フリルやレースのついたガーリーなリュックや、スポーティーすぎる派手なリュックは避け、黒・白などのシンプルな色、レザー・ナイロンなどの素材を選ぶと子供っぽくなりすぎませんよ。

2)3パターン以上着回しできないアイテムは買わない

服を買う前に、この服を使ってどんなコーデができるか、着回しできるか想像してみましょう。どう考えても1パターンしかない場合は、その服はもしかしたら「ちょっと派手すぎる」か、「デザインが個性的すぎる」可能性があります。

ワンピースなどでも、どんなバッグ、靴を合わせても違和感ない服を買うことが、「イタい」と思われるファッションを防ぐポイントです。

3)露出&カラダの線が見えすぎはNG

「抜け感を出そう!」とした工夫したつもりが、胸元が大きくあいていたり、体のラインが丸見えだと、オシャレではなく「下品」になってしまいます。

下品にならない露出のポイントは、「露出していても、どれだけ動いても胸や下着が絶対見えない」こと。例えばオフショルダーの服であれば、どんな動きをしても絶対ずり落ちない素材を選びましょう。

4)服のブランドのターゲット層をチェック

特にアラサー世代になってくると起こりがちなのが、女子大生の頃と全く同じコーディネートをし、同じブランドで服を買うこと。

気をつけなければ、必要以上に「若作り」に見えてしまいます。どんなブランドでも、シンプルな服であれば問題ありませんが、やはりそのブランドのターゲットとしている年齢層を知ったうえで買い物をする方がいいでしょう。

引用元-−-ラルーン

ブランド選びのコツは!

とにかく試着

お洋服を選ぶときのポイントは、とにかく試着すること。

いろいろなブランドで、面倒くさがらずに試着をお願いしてください。新しい自分の身体に慣れることが、オシャレへの近道です。

今まで似合わなかった色にも積極的に挑戦してみて。意外なアイテムが似合うようになっているかもしれません。

細い部分を出す

ちなみに、ボディラインを強調する服や、露出の多い服を無理に着なくても、首筋や手首、足首を少し見せることで華奢なイメージを演出することは可能です。

また、ショートパンツの流行が続いていますが、短い丈のボトムスをはくときはタイツかストッキングをはくようにしましょう。素肌の露出はそれだけで老けて見えます。

どこかに女らしいアイテムを

そして、できればハイヒールをはく、1点でもいいのでアクセサリーをどこかに着けるなど、これまでは避けてきた女らしいアイテムにも挑戦してみてください。

上手にお洋服を利用して、20代の頃より素敵な自分に出会いましょう

引用元-−-nanapi

まとめ

ファッションを楽しむのは元気もでてきますよね!いくつになっても歳相応のおしゃれを楽しみたいですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/YuNaGa0930/status/607834203456077825


https://twitter.com/fashion_kotoba/status/615658415746985984″

 - ファッション・美容・ブランド

ページ
上部へ