皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

妊娠24週の赤ちゃんを出産!?早産の生存率と影響

      2016/06/25

妊娠24週の赤ちゃんを出産!?早産の生存率と影響

10カ月という長いようで短い妊娠期間をママはお腹の中で大事に赤ちゃんを育てることに慎重にもなりますね。どんなに慎重に生活をしてても様々な原因が重なり24週で生まれると早産となります。その場合赤ちゃんの生存率や影響はどうなるのか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


妊娠24週の赤ちゃんの大きさと成長

妊娠24週目の胎児の体長は300~350ミリ、体重は550~1,000グラムほどになります。子宮内にはまだ余裕があり、脳が発達して体のコントロールができるようになることから、胎児は羊水の中で動きまわります。ときには激しい胎動を感じることもありますよ。胎児の皮膚の下では、毛細血管が作られ始め、肌がピンク色になっていき、このあと不透明になっていきます。

引用元-妊娠24週目!胎児やお腹の大きさ、体重、エコー写真は?逆子で大丈夫? – こそだてハック

● 毛細血管が皮膚下でつくられ始める
● 毛細血管の影響で、赤ちゃんがピンク色に見えるようになる
● 聴覚が発達し、お腹の外の音にも反応する
● 肺など臓器の中の血管が発達する
● 鼻の穴が開き始め、肺が発達する
● 脊椎の構造ができていく
● 脳が発達し、体の動きをコントロールできるようになる
● 胎脂が見られる

引用元-妊娠24週目!胎児やお腹の大きさ、体重、エコー写真は?逆子で大丈夫? – こそだてハック

24週での出産は早産になる

妊娠22~36週前でのお産を早産といいます。早産で生まれた赤ちゃんはなるべく命を助けられるように治療が施されますが、妊娠週数が早いほど赤ちゃんにとってはダメージが大きくなり、後に障害が出現する可能性も高くなります。妊娠24週頃の早産の場合、脳に障害を起こしたり、肺炎で在宅酸素療法を続けることになったりします。

そして4人に1人の割合で赤ちゃんが亡くなってしまうこともあるそうです。ですので、早産にならないようにしっかりと健診を受け、早産になりやすい状況の早期発見と予防が必要です。早産の原因は感染や体質で起こることが多く、また常位胎盤早期剥離や胎児機能不全などで子宮内では赤ちゃんが生きられない状態になってしまった時に人工的に早産せざるを得ない場合もあるそうです。

早産は全妊娠の5%程度起こると言われています。

引用元-【妊娠24週目】早産には要注意!!大きくなるお腹と上手に付き合おう!|welq [ウェルク]

低出生体重児で出産の赤ちゃんへの影響

早産によって産まれた胎児を「低出生体重児」と呼びます。

低出生体重児は大きさによりさらに呼び名が区別されていて、2500g未満(36週頃に出産)の胎児を「低出生体重児」、1500g未満(30週頃に出産)の胎児を「極低出生体重児」、さらに1000g未満(28週以前に出産)の胎児を「超低出生体重児」と呼びます。

1500g未満で産まれた胎児は、様々な機能がまだ未熟であるため、合併症を引き起こす可能性が高いです。産まれて数日間の間に、新生児仮死、呼吸窮迫症候群、低血糖などを引き起こすことがあります。また免疫力もとても弱く、感染症にもかかりやすくなります。

2000g以上あれば、現在の医学では通常の赤ちゃんと同じように育つことができるようです。

引用元-【赤ちゃんにどんな影響があるの?】早産のリスクを知ろう | MARCH(マーチ)

早産で生まれた赤ちゃんの生存率

早産のリスクの中でもっとも気になる問題は生存率ではないでしょうか。
ひとくくりに早産と言っても、その中でも何週で生まれてきたのかで、その後の生存率は大きく異なると言われています。

例えば、28週以上で生まれてくる赤ちゃんは95%の生存率と、通常の時期に生まれた赤ちゃんと比べてほとんど差がありません。さらに、24週から28週の間で生まれてくる場合も8割と比較的高い生存確率です。

しかし、それ未満の週数の場合には半数が亡くなってしまいます。このため、24週以前に生まれてくる赤ちゃんへのリスクは非常に高くなります。

引用元-低体重で生まれるよりも危険?早産のリスク4つ!週数によって生存確率は大きく変わる!? | からきゅれ

早産の予防法

早産を防ぐには、生活習慣を見直す3つのポイントがあります。一緒にみていきましょう。

■身体が冷える場所に長時間いない
■仕事中に適度な休憩を取る
■リラックスできる時間を持つ

急に生活環境や仕事環境を変えることが難しい場合は、このような日頃の心がけが予防に繋がります。

引用元-早産が起きてしまう原因と気になるその予防法 | メディシル

まとめ

妊娠は病気ではありませんが、身体への負担は赤ちゃんにも伝わってしまいます。ストレスなどためないよう心がけたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/yuicimu55/status/696989839229497345


https://twitter.com/nakadai4311/status/565520616301002752″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ