皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

子供に愛情がわかないという心理

      2016/06/27

子供に愛情がわかないという心理

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


出産後、子供に愛情がわかない

1.子供に愛情が湧かない。人の子のように感じる。
2.夫は私より子供の方がかわいいんだ
3.夫が私を大切にしてくれない、もう関心がないんだ
4.不安で淋しくてひとりでいられない
5.過呼吸、パニック発作
6.子供をとられるんじゃないか
7.赤ちゃんが死んでしまうのではと不安
8.泣かれるとつらい
9.私は赤ちゃんに嫌われてるのでは?
10.体調が戻らなく疲れてつらい

引用元-−-BlueWinds

母性本能は誰にでもあるの?

これまではすべての女性に母性本能があり、わが子をかわいいと感じて大切に育てるのは当然のことのように思われてきたが、最近はそうではないという考え方が広まっている。
しかし、社会には「かわいがって当然、」「子どものために頑張るのは当たり前」「子供の成長に問題があれば母親のせい」といった考え方が根強く、子育て中の母親に過大なプレッシャーを与えていることは否めない。
この結果「私はこんなに頑張っているのに、子どもが思い通りにいかない」と思い悩み、虐待に及ぶケースがあるのだ。「見た目や属性、社会通念で決め付けず、社会全体で温かい目で見守って欲しいと思います」

引用元-−-SAFTY JAPAN

子供への愛情を勘違いしている親、実は自己愛のかたまり

実際母性も父性もなく自己愛のかたまり(自分の人生だけが一番大事という価値観)の親がふえているらしい。
まぁ、私も自己愛のつよい(自分が一番大事な)人だからわからないこともないが・・。
断念できないほどの重要な仕事をしているわけでもないのに生んだらすぐ0歳児保育に預けて働く母親。自分の子なのだから自分できちんと育てようという気持ちが希薄なのだという。
(つまり子どもにあまり関心がないのだな。)
子どもの体調や状態さえ把握できていず、「今日○○くん少し熱がありしんどそうででしたがご家庭ではどうでしたか?」と保母に指摘されて初めて「え?熱あったんですかぁ?」と気づくということもしばしばだとか。
そのくせ早期教育には熱心で、日本語もろくにしゃべれない時期から英語や音楽やバレエや、と習い事にいとまがない。
(子どもに向ける関心の焦点がずれているというか・・・。)
保育所はサービス業だし、保母にとって親は大事な顧客である。あまり説教じみたことはいえない。
「これでいいのかよ?」「こんなふうに育てられる子どもは将来どんな子に育つんだ?」「いくら保育所で育ててもらってても、最後は製造した親に責任があるんやで!」というような疑問でいつも頭が混乱するのだという。

引用元-−-徒然なる想ひ

子供への愛情がわかないのは自分自身も愛せていない

ある母親は告白する。「保育士をやっていて、もともと子どもは大好きでした。出産も心待ちにしていたのですが、なぜか、生まれてきた赤ちゃんが可愛く思えなくて…。この子が手に負えないいたずらを繰り返すのは、きっと私の愛情が足りなかったせいだと思います」。
出産直後の母親は体調が不安定だ。同時に、精神的にも不安定になる。いわゆる「産後ブルー」(産後うつ)である。しかしほとんどの場合は、体調が回復するにつれて気持ちも落ち着いていき、子どもに対する愛情が生まれてくる。だとすればこの母親の場合は、産後ブルーによる挫折感から立ち直れなかったことが原因なのだろうか。

引用元-−-子どもと親に何が起きているのか?

愛情遮断症候群

「愛情遮断症候群」とは子どもが愛情を感じられずに育った結果、発達や成長に遅れなどが現れる病気で、乳幼児に多く見られます。親からの愛情を感じられない極度のストレスから、発育に必要な成長ホルモンが睡眠時に分泌されなくなってしまうことから起こるといわれています。

引用元-−-Doctors me

愛情遮断症候群の原因

愛情遮断症候群の要因は子どもに対する母性愛が不十分であることが原因です。その理由には様々なものが考えられます。
・入院、死亡、離婚など母親不在の場合
・うつや精神的な病気であるなどの母親の心理状態が不安定である場合
・薬物中毒や知的障害など十分な養育ができていない場合

ストレスを受けている子どもは心から安らいでぐっすり眠ることができません。子どもが成長するために必要な成長ホルモンは睡眠時に分泌されますがストレスにより睡眠が妨げられることでこの分泌が止まってしまいます。この結果、子どもに身体的や知的な発育に遅れが出ると考えられています。

引用元-−-Doctors me

まとめ

自分の子供に愛情がわかないという親が多いという事実に驚かされました。その要因は実に様々で育ってきた環境などが
繰り返されてしまうのかなとも感じました。何をすれば愛情がわいてくるのかまずは自己分析なのではないでようしょうか。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/harari_ra/status/614973169724555264″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ