皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

子供を持つ後悔。いらないと産まなかった後悔。

      2016/06/25

子供を持つ後悔。いらないと産まなかった後悔。

子供は天からの授かりものと言いますが、

すぐできる方もいれば、なかなかできない方もいます。

世の中の多様化で、子供はいらないよ、という夫婦もいます。

そのなかで、子供を作らなかった後悔もあるようです。

人生、人それぞれですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

子供がいない方が夫婦関係が安定する

子どものいる夫婦といない夫婦では、どちらの方が幸福度が高いのか――。米プリンストン大学とストーニーブルック大学の研究チームがこのほど、そんな調査結果を米科学アカデミー紀要に発表した。

結論から言うと、収入や教育、健康状態といった要因を除けば、子どもがいるかいないかで人生の満足度に「ほとんど差はない」という結果が出たという。

研究チームは調査機関のギャラップが米国人180万人を対象に2008~12年に実施した調査の結果を調べた。この中には子どもをもつ34~46歳の男女も含まれる。

その結果、唯一違いがあったのは、子どもをもつ夫婦の方が大きな浮き沈みを経験しがちなことだった。ストーニーブルック大学のアーサー・ストーン教授は「(子どものいる夫婦は)人生の喜びが多い一方で、ストレスや負の感情も多い」と解説する。

これに対して、英オープン大学が英米で5000人を対象に実施した調査では、子どものいない夫婦の方が、子どものいる夫婦に比べて、夫婦関係に対する満足度が高く、関係を保つことに努めていることが分かったとしている。
人生で最も大切なのは誰かという問いでは、子どものいる女性は自分の子どもを、子どものいる男性は自分のパートナーを挙げる傾向があった。

引用元-−-こんなニュースにでくわした

子を持つ後悔、子を持たない後悔を教えてください。(質問)

題名どおりの質問なのですが、 子供を持って後悔した事、または子供を持たないで後悔したことってありますか?

ちなみに私の母親は、 弟がバイクを盗んで警察に捕まった時、 心の中でちょっと後悔したそうです(苦笑)。 (もちろん笑い話です。)

私自身の中で真剣に、プラス面だけからではなく、マイナス面からも色々と考えていきたいと思っていますので、 笑い話・本音、人から聞いた話など、どんな些細な事でも結構です。
教えて頂ければ幸いです。

また、「子供はどんな子でも可愛いもの! 子供を持ってから後悔するなんてひどい!それなら生まなければいい!」等の考えは、 私も十分理解しておりますので、 不快に思われる方がいらっしゃいましたら、どうかスルーをお願い致します。

引用元-−-教えて!goo

子供を育てるのは楽じゃない。(回答)

そもそも「後悔」とは、なんでしょうねえ。

私は、そこそこ大きい子供を一人持っています。本当はもっとほしいのですが事情があって叶いません。
で、持ったことを後悔したか。「つらいな」と思ったことは数えきれないほどあります。
一番そう思うのは、この子自身が病気になったり、トラブルを抱え込んだときです。

また、「この子さえいなければ」と思ったことはありませんが、そう思う親がいても不思議ではありません。
例えば、子供がいなければ年に1度の海外旅行を3度に増やせるなとか、こんな仕事も、あんな活動もできるなといったことは、しょっちゅう思います。
また、我が子が反抗的になったりすると、憎たらしくて憎たらしくて、心の中で子供の首をしめるくらいのことは私のみならず多くの親がやっていると思います。

では、この子に消えてほしいか。それは考えるだけでゾッとします。
この子の存在を脅かすからこそ、病気や犯罪に大いに頭を抱えるわけです。
つまり、子供が大事だからこそ、つらい思いをする。子供とは、矛盾の源です。

さて、持てなかった、もう一人の子供。これについてはなんとも言えない気持ちになります。
もともと子供はそれほど好きなほうではないのですが、持てないと思うと、不思議と喉から手が出るほど持ちたくなります。
ただ、ここが微妙なところで、子供って「いないもの」くらいに思っていたほうが程よい距離を置けると思います。
また、「できないもの」くらいに思っていたほうが幸せな気持ちでいられます。だから、そういうふうに思うようにしているし、また、そう思えることもあります。
余談ですが、子育てとは、自分が子供の頃につらかった思い出をやり直して、自分が子供の頃に楽しかった思い出を追体験できるものだと思っています。
子供を持つつらさは独特ですが、持つ幸せもまた独特です。

引用元-−-教えて!goo

子供はいらないと思っていたのにどうして変わったのですか(質問)

①「子供を作らないと決めたものの、後から後悔している方」、または、㈪「子供はいらないと決めていたけれど、考えが変わった方」に質問です。
①の方、どんな時に後悔しますか?
②の方、どうして考えが変わりましたか?、どんなことがきっかけですか?よろしくお願いしますm(v_v)m

私は26才の既婚女性です。 子供を産むか産まないかで悩んでいます。

今の私個人の考えは、子供は欲しくないと思っています。 夫婦2人で、ずっと恋人のように好きなときに旅行に行ったり、映画に行ったりできて、 金銭的にもゆとりのある生活がしたいと思っています。
今後もそんな生活を続けていきたいと今は思っています。

子育てには自分のお金や時間を割かなければならないし、 子供がいることで楽しいことももちろんあるとは思うけれど、 子供がいることで責任も重くなるし、悩みやストレスもその分増えると思います。
妊娠中の動くにくさや体調不良、産後の体系の崩れなど体の変化にも恐怖を感じてます。

ところが、旦那さんは5才年上なのですが、早く子供が欲しいと言っています。 元々彼は子供が欲しかったのですが、上記のような私の気持ちを伝えたうえで、納得してくれて結婚しました。
しかし最近になって、「自分もいい歳なのでやっぱり子供が欲しい。子供が欲しくないなら別れる。」と言われてしまいました。

子供を産んでも何とかやっていけるとは思います。きっと、楽しいこと・嬉しいこともたくさんあるんだろうとは思います。でも、つらいこと・嫌なこともあるわけで、わざわざ自分からその道を選ばなくてもと思ってしまいます。

旦那さんのことは好きです。ずっといっしょにいたいとも思います。 彼が赤ちゃんのオムツ換えなどに悪戦苦闘している姿とか見てみたいとも思います。
でも、妊娠・出産・育児ってそんな微笑ましい瞬間ばかりではないし、 結局、女性の負担の方の負担が大きいと思いますし、私はその負担を負いたくないと思ってしまいます。
今のようなネイルサロンに行ったり、友達と飲みに行ったり、仕事帰りに買い物したり、自由な生活を失いたくありません。

彼には彼の人生があるし、私が子供を産むと決心しない限り、別れるのもやむをえないとは思います。でももし、今後私の考えが変わったら、あの時彼と別れずに子供を作ればよかったと後悔するのではないか?
じゃあってことで、子供を作ってしまったとして、やっぱり欲しくなかったと後悔するのではないか?と、とても悩んでいます。アドバイスよろしくお願いします。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

 

子供を持つと変わるのです。(回答)

②ですね。
23で結婚して、好きなように働いたお金を被服費にあて、 海外旅行は年2回。 海外旅行もビジネスクラスで行けたり、国内で泊まるところも外資系高級ホテルだったり、家も建てて、 常にマイホームセンターの展示場みたいな部屋にしている生活に満足していました。

ところが、あるときから海外旅行に出ても感動がなくなり、 超高級ホテル(1泊7万とかの)での宿泊もあたりまえのように なってしまいました。
そして、そんなに満足している生活を送っているのに、 子供がいる友達とは、あまり接したくない(嫉妬心もどこかにあり)自分が、人としてどうか?って悩みました。
そんなことから結婚して6年くらいのとき、 子供が欲しいと感じました。ところが、子供を作ろうとしてもできず、足掛け4年かかってしまった んですよね。。。思うようにはいかないものです。。。

子供がいる現在、前とどう変わったか?
海外旅行→もともとアジア等の近隣に興味がないし、 欧米などの遠方へは子供 の負担を考慮して行かなくても今まで行ってきたのでどうも思わない。いづれまた行きますし。
国内旅行→相変わらず、外資系超高級ホテルに宿泊しています。 子供も馴れているので、騒いではいけないことを知っていて、 私ものんびりと滞在できてます。
被服費→ 自分が働いていることと、元々良質の物を買ってきたので今も好きに買ってる。

自分が不安に感じるほどもなく、前の生活を夫のおかげで できている部分としなくなった部分、我慢も子供への愛情で平気になったり。とにかく、子供を持つことで、変われる部分が大きいです。

私は、何に対しても嫉妬心がなくなりましたし、お母さん達とも自然に会話できるので、 女性としては幸せだなと思います。
自由は自由で楽だけど、歳を取り、寂しさも絶対にでると私は思いました。いつまでも20代、30代ではないので・・・。

人間を育てるのですから、負担も大きいのは事実です。でも、血をわけた子供を持つよろこびも大きいです。それは、子供を持たなければ絶対わからないことです。

ちなみに子供を切望していた夫は、もう一人のお母さん、いやそれ以上、子供のことをしてくれます。

それに、身ごもっている間や出産なんて、子供がまだ5才なのに いつのことやら・・・なんですよね。 体型が崩れていない人もいっぱいいますよ。
私はスタイルがいいわけではありませんが、崩れてもいません。まあ、加齢による部分はあるでしょうけど。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

まとめ

人間として生まれたからには一通り、自然な人間としての営みによって人生を歩むのが当たり前だと思っていましたが、今や選択できる時代なのですね。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/sannso0602/status/591208027937579008
https://twitter.com/wanishan2/status/590471056005038084

 - 人生 職業

ページ
上部へ