皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

子宮頸がんの検査後の出血について

      2016/06/25

子宮頸がんの検査後の出血について

子宮がん検診でみられる出血は、必ずしも異常に即結びつくものではありませんので安心して良いそうです。子宮がん検診の出血は子宮頸がん検診、子宮体がん検診、どちらでも見られるもののようです。

今回は、子宮頸がんの検査と検査による出血について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


子宮頸がん検査での出血

子宮頸がん検診では子宮頸部の表面の細胞を、子宮体がん検診では子宮内膜の細胞を採取して細胞診を行いますが、どちらも専用の器具や綿棒で軽く細胞をこそげ取ることになりますので、出血する可能性があります。

また、子宮頸部の細胞は、専用のヘラや綿棒などで表面を軽くなでるようにして採取しますが、子宮内膜の細胞は専用の器具(ブラシ)を挿入して採取をするため、より出血が起こりやすいというのが実状です。
いずれにしても、子宮がん検診において出血自体は珍しいものではないという訳ですね。

ショーツにうっすらと残る出血や、おりものに血が混じるといった程度の出血であれば、過剰に心配する事はありません。

引用元-子宮がん検診後の出血 | 子宮がんのき・ほ・ん

子宮がんの検査|妊娠後の検査の出血

妊娠初期の初診時に子宮がん検診を行いますが、これは妊娠週数が進むと細胞診時に出血しやすくなるためです。

妊娠の週数が進むと、子宮の入り口周辺が肥大して柔らかくなっていくため、細胞診のような小さな刺激を受けても、周辺が出血しやすくなり、診断も困難となります。

また、細胞診後に出血量が異常に多かった場合や、数日〜数週間出血が止まらないといった場合には、検査を行った子宮頸部や子宮内膜に何かしらの異常が生じている可能性が高いため、検査結果のいかんによらず、医師の診察を受けることをお勧めします。

引用元-子宮がん検診後の出血 | 子宮がんのき・ほ・ん

子宮がんの検査を受ける意味

子宮癌には「子宮頸癌」と「子宮体癌」があります。
特に若い世代での子宮頸癌が増えていることからも、予防や早期発見について考え直されているのが実状です。

子宮癌に対する一番の対策は「定期的に検診を受けること」であり、検診によって早期発見することで比較的簡単な治療で済むことも分かっています。

引用元-子宮癌検診は怖くない! 内容と注意点を知ろう | キュアの癒し系ブログ

子宮頸がんの検査方法

●問診
問診票に、月経周期や直近の月経の様子、生理痛の有無や月経血の量、妊娠歴、閉経した年齢などを記載していきます。また、診察室で医師からの質問に答えます。

●視診
膣鏡を膣内に挿入し、子宮頸部を観察します。おりものの状態や炎症の有無を目で確認します。

●細胞診
ブラシやヘラなどで子宮頸部を優しくこすり、細胞を採取します。ほとんど痛みは無く、短時間ですみます。

引用元-子宮頸がん検診の検査方法|知っておきたいがん検診

子宮体がんの検査方法

子宮体がんは、子宮の内側を覆う内膜から発生するがんで、40代から増えてきます。子宮体がん検診は、細胞診(さいぼうしん)と経腟(けいちつ)超音波検査を組み合わせて行う検診が有効です。

なお、子宮体がんと子宮頸(けい)がんは発生する場所が違うので、子宮頸がん検診では子宮体がんの異常を見つけることはできません。自治体などで行う子宮がん検診は、おもに子宮頸がん検診です。リスクが高まる40歳後半からは、子宮頸がん検診といっしょに子宮体がんもチェックしてもらいましょう。

子宮体がんは、がんの進行が0期の段階から不正出血があらわれることが多いものです。不正出血があるときや、閉経したのに出血がみられたときは、すぐに体がん検診を受けてください。

検査の方法は?

経腟超音波検査では、子宮内膜の状態に異常がないかをみていきます。細胞診は、細い棒状のブラシを子宮内に挿入して子宮内膜細胞を採取し、顕微鏡で異常の有無を調べます。細胞診では、多少の痛みや出血をともなうことがあります。

引用元-子宮体がん検診 | よくわかる健康診断|+Wellness プラスウェルネス

子宮体がんとは?

子宮は妊娠した時に胎児を育てる部分と分娩の時に産道の一部となる部分に分けることができ、それぞれを子宮体部、子宮頸部といいます。子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、最近我が国の成人女性に増えてきているがんのひとつです。

そのほとんどは、子宮体部の内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす子宮内膜という組織から発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。

引用元-子宮体がん(子宮内膜がん):病気を知ろう:日本産科婦人科学会

まとめ

検査後の出血ですが、頸がんの検診は綿棒の様なもので子宮頸部を擦って細胞を採取するので、痛みも無く出血も有りませんが、体がんの場合、子宮の内膜から細胞を採取するので痛みや出血があるのです。人によって出血の量や長さ(日数)が違い、ごく少量の出血が数日の時もあれば、少量の出血から少しづつ量が増えて続く事もあります。出血の量が多くなった場合はすぐ病院にいった方がいいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/ptm2525/status/665858670912106496
https://twitter.com/Ciao_Kapri303/status/663701925976756224
https://twitter.com/okameponti/status/662964591652040704

 - 健康・病気

ページ
上部へ