皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

学校では教えてくれない子供の為のお金の勉強

      2016/06/27

学校では教えてくれない子供の為のお金の勉強

みなさんは子供のお金の使い方について

どう思われてますか?

そこでお金についての勉強を

親子でしてみてはどうでしょうか

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


昔は畑仕事や魚釣り、今はお金教育

かつて、親は子ども達にサバイバル術として畑仕事や魚の釣り方を教え、速やかな自立を学ばせていったものです。それが親の務めでした。

時移って現在では、「お金教育」が子どもの自立に必須となっています。共働きが増え、交通費、おやつ・昼食代、お稽古代等、自ずと子どもがより多くのお金と接触せざるをえない、いわばお金の低年齢化が進行しているのです。早い時期からきちんとしたお金の扱い方を教えておかないと、週刊誌上を賑(にぎ)わすようなとんでもない事件を引き起こしかねません。

では、どのようにお金教育をしたらよいのでしょう。家庭で、日常の暮らしのなかで出来ることが実に多いのです。「お金教育」というと「子どもに投資のことを教えるんですか!」という方がおられますが、そうではありません。お金との付き合い方、どう子どもを自立へ導いていくかが目的なのです。働いてお金を稼ぐ、収入(小遣い)内でのやりくり、貯金やその管理(投資)、そして上手にお金を使う、その全てがしっかりできる大人に育てていくのが目標です。

日本では「お金のことを言うのは、はしたない」とか、「お金のことを教えると子どもがお金人間になってしまう」と心配する風潮が、いまだに色濃く残っています。でもそれは間違っています。

お金一辺倒にならないこと、何でも、時には人間の価値までも、お金(給料)で推し量るのはおかしいこと、またお金やエネルギーを他人のために使うことの大切さ、そして何よりお金に使われるのではなく、お金を上手に道具として使っていくことを教えていくのが、お金教育なのですから。

お金教育の題材は私達の身近な日常生活に溢(あふ)れています。学校だけでなく、家庭で、親子で楽しくお金の勉強ができます。お金のことを教えながら、同時に子どもの人作りもできるのですから、お金教育は本当に重要です。いくつかの具体的なプロジェクトを通してご説明しましょう。

引用元-−-知るぽると

子供のころから、お金を持たせることで、金銭感覚を磨くことができる。

お金は、稼ぐより使うほうが難しいのです。
お金を稼ぐためには、ただ働いていれば、生きていくだけの最低限のお金は手に入ります。
しかし、お金の使い方は、使い方しだいで薬にもなり毒にもなります。
あるときは、人の人生を明るくさせ、あるときは人生をだめにさせてしまう諸刃の剣なのです。
車の運転と同じように、使い方には、練習が必要です。
親は、子供に小さいころから、その練習をさせてあげなければなりません。

お年玉を、すぐ取り上げてしまう親がいます。
「子供がそんな大金を手にするものではありません。お母さんが預かっておきます」と言うのです。
親が、奪ってはいけません。
子供は、小さいころから、金額は少なくていいですから「本物のお金」を持たせることが大切です。
子供ですから、使い方がめちゃくちゃになるでしょう。
金銭感覚が分かっていないため、とんでもないところにとんでもないお金を使ってしまうはずです。

苦しい経験をするのは、本人です。
親は、子供がお金で苦しむ様子を、黙って見ていることです。
苦しむ経験が、本人の金銭感覚を磨きます。
私は子供のころから「お金は、自分の力で管理しなさい」と親に言われていました。

特にお年玉はやはり大金が突然財布の中に飛び込んできます。
私の親は、それでも決して、お金を取り上げることはしませんでした。
私は大金の管理に困り、一時期、通信販売やゲームにお金を使ってしまいました。

私には、貴重な「金銭感覚を磨く機会」です。
小さいころから、お金では損をしたり得をしたりと経験を積んでいますから、今はお金に大失敗ということはありません。
子供には、金銭感覚を磨かせる機会を与えましょう。
金額は小さくてもかまいません。
「お金を使う」ことがどういうことなのか、小さいころから練習しておけば、大人になって間違いを起こすことはなくなります。

引用元-−-Happy Life Style

こどもがお金の勉強をするのにいい時期は?

低学年だと難しいですね。
四則演算ができないと、難しいでしょう。
かけ算割り算ぐらいはできるんですか?

金の勉強といってもいろいろあります。

まず物を買うのにお金が必要ですね。
80円のアイス2つ、95円のポテトチップ1つ買いました。
合計はいくらですか?
というレベルから始めないといけないとなると話は全然違います。

大人が実際に投資を始めるときもそうなのですが、例えば株式について。
基本的なしくみを習います。
とても簡単に言ってしまえば安いときに買って、高く売る。
ただ持っているだけでは損得は確定しない。
まあこれも基礎中の基礎ですが、これすらできない大人はたくさんいます。
(損切りできない、まだ上がると思っている。ほぼニュートラル値動きせず)

実は私も無職の時に苦労しまして・・・
転職するにも、ブラック企業にはまってしまい履歴書が汚れ・・・
上場企業から最終面接のお知らせが来て、失敗・・・
そのとき、資格などの勉強もしようと考えましたが勉強したところで受かるという保障はない。
ので投資の勉強しました。本も買ったし、ネットでもいろいろ調べて。
実際に投資しました。
・・・高い授業料(損失)もだしたし、笑ったときもあります。
今は働いていますが、リタイアしても大丈夫なくらいです。
※仕事中こんなことができるぐらいいい環境なので働いています。健康のためというか(w

中学生ぐらいなら、金融、世界経済、金の動きとかも勉強すべきですが、あまりに子供なので
まずは人生ゲームのような、500億で買ったビルが2000億円になりました!
など実際とは違っても、こんな大きなお金があるんだな。変化するんだな。
失敗もあるんだね。とゲーム感覚で習うべきじゃないですかね?
このゲームの場合、さいころ次第。運次第ですけどね。
一緒にゲームして、いっぱ儲かったねー。とか遊んで興味を付けるのがいいと思いますよ。

高学年なら、バーチャル投資してもいいと思います。

引用元-−-教えて!goo

子供のお金知識の育て方

お金を稼ぐ意味

これは、お金を稼ぐとはどういったことなのか、その稼いだお小遣いで生活していく、友達付き合いをする、買い物などキャッシュインとアウトが学ぶことが出来ます。

労働の過酷さ

「お金頂戴、お小遣い頂戴」そう言われるがままに子供にお金をあげているだけの方は非常に多いと思います。
少なくともそのお金はあなたが苦労して手に入れたお金ですよね。
苦労して稼いだお金を簡単にあげてしまうからお金の重たさを知らずにお金を遣うわけです。
労働とは非常に過酷なものです。その大変さを知る方法は子供のうちに1度お金の為に働くことを経験させてあげることが非常にいい経験になると思います。

自発的行動

やれと言われてやりたがる人はいないでしょう。それは子供だって同じです。
「勉強しろ」「塾に行け」「学校行け」「宿題しろ」そんなこと言って本当にやりたいと思いますか?本当に身に付くと思いますか?
あなたは出来ても子供は嫌がってます。いい加減気づいて下さい。
いや、うちの子に限って・・・そう、うちの子に限って勉強嫌いですよね。そんなことは知ってます。
なぜなら言われてやっているだけなんですから。

チャンス

チャンスがあれば自分から行動は起こせます。
それは誰だって同じことです。無限大の可能性に満ちたチャンスをあなたの子供に与えてあげてください。
目の前の小銭から始まってちょっと先のお金をちらつかせ、将来の大金へと繋げていくだけです。

ただお金で釣っているだけに見えますか?
その通りだと思います。
しかし私たちも働いたりビジネスすることはお金や夢を掴むためではないでしょうか!
子供にはそんな夢や希望すら与えないなんて将来の可能性すら潰しているだけにしか私には見えません。

あなたの子供はあなたの分身です。
自分で自分を誇れない人が子供を誇ってもダメです。
先ずは自分から輝いてみられてはいかがですか!

引用元-−-世界一楽しく学ぶお金の知識

どうやって銀行でお金のことを学ぶ?

まずはお小遣いやお年玉の管理をさせよう

子供が小学校低学年以下というなら、カードや通帳の管理はご両親がされた方がよいかと思います。ただ、通帳はいつでも見せられるようにして、今いくら貯まっている。
○○でどのくらいお金が貯まったということがわかるようにしておくとよいでしょう。

夢貯金(欲しいもの貯金)を始めよう

お小遣いやお年玉などの収入から一定割合以上を貯めるようにします。
貯まった段階で預金を下ろして、それで欲しかったものを買うわけです。ベースとしてはお小遣いの2割、お年玉の8割といった具合で貯金していきます。

より貯金へのインセンティブを高めるためには、最初に決めた貯金額以上を貯金出来た場合はその同額を親が補助するというのも手ですね。
たとえばお小遣いが500円なら100円が夢貯金になりますが、節約できて200円を貯金出来た場合は超過分の100円に+100円して300円を貯金してあげるといった具合です。
※金利が理解できる落としなら後述する金利としてプレゼントしてあげることもできます。

このような天引きでお金をためる習慣は社会人になっても役立ちます。こうした習慣ができている人は、安易な方法で買い物をしないからです。
(参考: お金で苦労しないための3つの成功習慣 )

このとき、貯金は銀行口座にちゃんと入れるようにします。口座にお金が積み上がっていくということをしっかりと教えます。

けちけちすることを教えるわけではありません。ちゃんと計画を立ててお金をためるということと、それを実際に使うという二つのことを教えることができます。

将来の貴方の学費のためにこのお金は使いましょうねとしてはいけません。自分が頑張って貯めたお金で欲しかったものが買えるという経験が重要なのです。

お金は殖やせるということを教える

小学校の高学年以上の子供になら、「金利」についても教えるいい機会です。
お金を預けると利子がつくしくみをちゃんと教えた上で、運用についても考えてもらいましょう。 (参考:金利とはなにか?)

残念ながら、今の低金利時代では子供のお小遣い程度の預金ではほとんど利子が付きませんので、ご両親の負担で疑似的な利息を払ってもいいかもしれません。

たとえば、銀行預金している残高の1%を毎月お小遣いに上乗せして支払うようにするというのも面白いかもしれません。こうすれば、預金するインセンティブにつながりますよね。

お金を自分の意思で貯めるというよい訓練になろうかと思います。

引用元-−-子供とお金の大辞典

まとめ

これからは子供から正しいお金の知識を付けさせていく必要性が求められていく時代になっていきそうですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/megxx0508/status/414189328269447168


https://twitter.com/satoching0904/status/208002989997309952

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ