皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

就活するときに業界としてオススメなところは?

      2016/06/27

就活するときに業界としてオススメなところは?

いざ就活となったときに様々な業界がある中で自分に合っている企業に出逢いたいと誰もが願っていますよね。オススメの業界に着いて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


おすすめのホワイト業界

ホワイト企業とは、「社員を大切にしている会社」を表します。 法律に則った労働時間や残業代の支給はもちろん、会社独自の手厚い福利厚生や充実した研修・教育制度が整っている点が特徴です。
また、女性にとっては、産前産後休暇や育児休暇が取得しやすく、復帰後に時短勤務となってもやりがいを持って仕事ができるという点も、「ホワイト企業かどうか」の重要なポイントでしょう。

ただし、「ホワイト企業かどうか」は、選ぶ側の価値観や考え方にも大きく左右されます。一般的に「ブラック企業」と呼ばれる企業であっても仕事を楽しんでいる人はたくさんいますし、反対に、「ホワイト企業」と呼ばれる企業で、ルーチンワークや人間関係に疲れてしまう人もいます。

ホワイト企業への就職を希望する場合であっても、就活の基本は変わりません。企業研究や業界研究をしっかりと行い、自分のやりたいことや目指すキャリアと一致しているかどうかを見極めながら、自分に合ったホワイト企業を見つけましょう。

引用元-ホワイト企業を探そう-おすすめのホワイト業界&ホワイト企業リスト

就活生にオススメしない業界は?

現在就職活動中の大学生に薦めたい就職先は? 平均年収1000万円超のビジネスパーソンに聞いたところ「トヨタ自動車」(昨年2位)と答えた人が最も多く、
次いで「三菱商事」(同1位)、「グーグル」(同4位)、「楽天」(同7位)、「ソフトバンク」(同3位)であることが、ビズリーチの調査で分かった。

中略

●オススメしない業界

就活中の大学生に、どの業界の入社を薦めますか? この質問に対し、「商社」(36%)がトップ。次いで「医薬品」(35%)、「ITサービス・ソフトウエア」(34%)、「自動車・自動車部品」(28%)、
「コンサルティング」(23%)と続いた。

一方、お薦めしない業界を聞いたところ「銀行」(28%)がトップ。以下「生保・損保」(27%)、「証券」(26%)、「信販・クレジットカード・リース」(24%)、 「百貨店・スーパー・コンビニ」(21%)という結果に。ビジネスパーソンが入社を薦めない業界のトップは「銀行」となったが、銀行は一般的に高所得かつ安定しているので、就活生の間では人気が高い。

「(高所得の)ビジネスパーソンは海外勤務となっても、日系企業の現地法人対応になりがちな銀行よりも、現地市場開拓などによってよりグローバルな市場での活躍ができる、
商社やメーカーなどを薦めていることが分かった」(ビズリーチ)

インターネットによる調査で、平均年収1060万円のビジネスパーソン1639人が回答した。調査期間は2013年12月9日から15日まで。

引用元-就活生にオススメしない業界ランキング : 就活まとめブログ

就活をするときはまず相手を知ること

まずは相手を知ろう~「業界研究」「職種研究」「企業研究」

就活は、意中の企業を探して就職内定を勝ち取るのが当面の目標だ。となると、どうやって相手を見つけるのか、が大きなポイントになる。

大事なことは二つある。

一つ目は、業界ごと、職種ごとの特徴を大まかにつかみ、どの辺りに自分の好みの相手がいそうか、およその目安を付けておくこと。これが「業界研究」であり、「職種研究」だ。

業界や職種にめどがついたら、個別の企業の情報を詳しく見ていこう。これが「企業研究」だ。

幸いなことに、今はインターネットという超便利なツールがある。自社サイトで採用情報を公開しているかどうかは別として、Web上に新卒採用情報を出していない企業はまずないと言っていいだろう。IT系企業なら、新卒採用専用の公式SNSアカウントを開設し、常に情報発信を続けているところも多い。探し方のツボさえ押さえれば、情報に困ることはまずないはずだ。

二つ目は、行動を惜しまないこと。出会いは待っていてもやってこない。

引用元-ギョーカイ研究、自己分析――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎 (@IT) – Yahoo!ニュース

就活で商社業界がオススメな性格は?

総合商社は配属される分野によって、大きく取り扱うものが変わります。
モノよりも人から買う、そういう意識で仕事をすることが多くなるかもしれません。

専門商社はその道のプロとしての知識も求められる営業です。
お客も詳しい人を相手にすることが多いですから、最初は相当苦労するかもしれません。

どちらにも共通するのが、とても多くの人と関わって仕事をするということです。
若手のうちから多くの人を管理・指図するケースも多くなります。

商社に向いた性格

人と話すのが好き、関わるのが好きという人でなければやっていけません。

また、向上心のある人も向いています。
今よりもっと良くしたい、自分、相手、環境を変えたいと前向きに考えられる人ですね。

体育会系がすごく求められる環境でもあります。
人と人とを結びつけるのは、何よりも人に会い理解されること。
足で稼げるためには体力がいる、商社に体育会系が多い理由です。

好奇心の強い人・アイディアマンも必要とされています。
新しいものを取り扱うのはまず商社であれ、そう言われることもあります。
今までのことを続けるだけではなく、次々と別の何かに好奇心を持って取り組める人も大切です。

引用元-現役大手商社営業マンが語る!商社を目指す就活生が絶対に知っておくべきこと。 | 就職活動ナビ.com

就活で注意~ブラック企業の多い業界は確認を!

ブラック企業とは、過重労働・違法労働により、労働者を精神的・肉体的に酷使する会社です。具体的には、度を超えた長時間労働やサービス残業、無理なノルマ、パワハラやセクハラなどが挙げられます。ブラック企業の労働者が過労死したり、自殺するといったケースが増加し、近年問題となっています。

ブラック企業かどうかを見極めるには、離職率や実働労働時間、残業の有無などを確かめることが大切です。
しかし、ブラック企業の多くは、自社に不利になる高い離職率や残業時間を公表していない場合もあります。
入社後に後悔しないためにも、ブラック企業の疑いがある会社については、早めに「OBやOGから直接話を聞く」「友人同士で情報交換をする」などして、その企業の社風や実際の業務内容、働き方などをチェックしましょう。

引用元-ホワイト企業を探そう-おすすめのホワイト業界&ホワイト企業リスト

まとめ

就活の参考になったでしょうか?自分に合っているところに出会うためにも業界としてオススメなところをまずは調べて確認することから始めてみるのも良いかもしれませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/nogunogung/status/648408469939163136

 - 仕事 経済

ページ
上部へ