皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

彼女との結婚に対して不安に思っていることは何か?

      2016/06/27

彼女との結婚に対して不安に思っていることは何か?

これから結構しようと思っている彼女はいるが、

不安に思ってしまう男性の気持ちや

心理状態はどういうものなんだろう?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


どうして結婚を意識するようになるのか?

マイナビニュースによると、結婚していく男性で多いのが、
平均30.8歳。ちなみに女性は29.2歳。

つまり、30歳を迎える前に結婚を意識する男性が多い、
ということ。

また、婚活系のサイトを参考にしてみると、
男性の結婚適齢期は33歳で、33~35歳ぐらいが、
「婚期を逃した!」と思いはじめ、婚活に励む男性が
多い、とのことです。

以上のことから、30歳を過ぎてもなかなか結婚を
決意できない彼は33~35歳ぐらいになるまでは
待ってみてもいいかもしれません。

が、

これはあくまで漠然とした結婚に対しての男性の意識の問題。
もし、3、4年以上付き合っていて、30歳を超えている彼氏が
あなたとの結婚に決意できない場合、なにか原因があることを
探っていく必要があります。

引用元-−-恋する.net

女性が彼との結婚を意識するきっかけ

「結婚」というワードを意識し始めたのはいつ頃でしょう。年や経験を重ねるごとに、漠然と思い描いていた結婚は、自然と現実帯びたものになっていき…。「この人と結婚したい」そんな風に思う瞬間もまた、前触れもなく訪れるものなのでしょうか?

結婚式場選びNO.1口コミサイト「みんなのウェディング」では、「彼との結婚を意識したきっかけ」についてアンケートを行いました。一体どんな時に、どんな出来事で?等、恋人を結婚相手と意識し始めたきっかけを幾つかご紹介します。

<1:喧嘩しても突き放さず、向き合わってくれた時>

けんかをしたあと、「もう別れたい」と伝えたにもかかわらず、理解し合おうとする場を設けてくれ、交際を続けるため前向きに行動してくれたときに、この人とならじっくり本気で向き合えると思ったときに結婚を意識しました。

―恋人でも夫婦でも、多かれ少なかれ喧嘩はつきもの。逃げ出さず、向き合おうと努力してくれる人となら、どんな局面でも片意地張らず歩み寄っていけそうですね。

<2:初めて共感してくれた人だったから>

昔、新婚旅行は月に行きたいって言ったら友達に馬鹿にされたと話した時に、俺も宇宙には行ってみたいと思ってたからそれは凄く良いねと、笑わずに共感してくれたとき。好きな事、価値観が一緒だと思ったので。

―何気ない会話でも、「あぁ、一緒だ!」と思った瞬間、嬉しくなったりしませんか?同じものを見て、同じように感動する、そんな理想的な夫婦像がイメージできるのではないでしょうか?

また、自らではなく彼からの誘導で、結婚を意識したというケースもあるようです。

<3:彼から結婚を連想させる言葉を聞いていたから>

付き合い始めから「次に付き合う子と結婚するつもりでいる」と言われていたので、なんとなく最初から「この人と結婚するんだなー」という気持ちでいました。

―相手が結婚を考えていると分かれば、同じように意識するのは自然な流れ。結婚に尻込みする男性も多い中、いつの間にか意識させられていたなんて、とても幸せなことかもしれませんね!

彼との何気ない会話や、行動が、結婚を意識する引き金になっていることも多いようです。結婚は、「いつ」より、「誰と」の方がずっと大切。馴れ合いの中にもきっとある、「きっかけ」を見逃さないようにしたいものですね。

引用元-−-Peachy

女性を見て不安になる行動とは

結婚してもいいかなと思いはじめた途端に、恋人の細かいところが気になってくること……ありませんか? こんなマリッジ・ブルー。男性も感じることがあるのでしょうか。社会人男性に、「この人と結婚して大丈夫?」と不安になった女性の特徴を聞いてみました。

■謎が多い女性は、ちょっと不安

・「過去を語らない、何かを隠している」(25歳/農林・水産/技術職)
・「性格がわからない感じがするので気分の浮き沈みが激しい人」(35歳/情報・IT/技術職)
・「目の前で家事を全然してくれない」(31歳/小売店/事務系専門職)

過去、性格、生活の仕方など、結婚後に重要になりそうな部分を見せてくれない人はちょっと不安ですよね。結婚10+ 件後に、衝撃の事実を知ってしまった……なんて、男女問わずなるべく避けたいもの。結婚10+ 件を考える相手には、何でも包み隠さず話す・見せるのがまずは基本です。

■トラブルメーカーっぽい女性にも、不安が隠せない

・「まわりに気が遣えないのでトラブルメーカーの気配がある場合」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「すぐ泣いたり情緒不安定」(29歳/農林・水産/技術職)
・「浮気癖がある。信用ならないから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

どんなに好きで結婚したいと思ってもトラブルの気配を感じる女性との結婚は、やはり不安10+ 件になることが多いようです。程度が低いならまだ結婚の可能性はありますが、あまりにも深刻だと結婚を見送られる理由に。自分に極端なところがないか、今一度チェックです。

■こんな女性は、不安というよりも心配に

・「天然っぽい人でドジばっかりしている。何もできない」(35歳/運輸・倉庫/その他)
・「料理に時間がかかる。イライラが募りそう」(31歳/商社・卸/営業職)
・「料理ができない。できなくてもいいけどうまくなろうとしない」(32歳/機械・精密機器/技術職)

結婚を見送るほどではないけれど、結婚したらどうなるんだろう……なんて心配になるのが、こんな女性なのだとか。週に1~2度会うくらいならガマンできても、毎日となるとガマンができなくなることってあります。お互いに努力すれば乗り越えられる問題なのか、見極めが肝心です。

■金銭感覚の差は、結婚の致命傷に

・「金遣いが荒いのは生活費を使い込みそうなので不安」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「光熱費とか携帯代が1万とかかかっている」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「財布の紐がゆるい人。結婚10+ 件後の生活に影響がありそう」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

彼女と結婚するときに、男性がもっとも不安を抱きやすいのは金銭感覚のズレなのではないでしょうか。女性はお財布を預かるだけですが、男性にとってみれば自分の人生が詰まったものを他人に預けるのと同じ。お金は人間関係に深い溝を作りやすいため、結婚10+ 件するなら「お金」の大切さを考え直してみましょう。

男性にとって「この人と結婚して大丈夫?」と思う女性は、結局のところ「2人で生活する」ということがどんなことなのかわかっていない女性、と言い換えてもいいかも? 結婚10+ 件するからといって今までの生活が抜けないのは、多少勘弁していただくとして。男性がもし不安を覚えているなら、どこかで気持ちを切り替えて、2人で2人の暮らしを組み立てる必要があるのかもしれません。

引用元-−-マイナビウーマン

結婚に踏み切れない男性の心理とは

彼女のことは好きなのに、結婚には心が拒絶してしまう。
それなのに今、結婚話が進行中ということで、大変悩んでいる様子です。

悩むほど考えて、結論が出せないときは、
無理に先へ進まないほうがいいかもしれませんね。
そして、
どうして自分は結婚が嫌なのかを、自分で理解することが必要なのかもしれません。

ここでうまく結婚から逃げたとしても、
またいつか「結婚問題」が来れば、同じことが繰り返されるかもしれませんからね。

責任を負うのが嫌だと思っている?
家庭を築いていく自信がない?
束縛されるのが嫌だ?
「結婚=不幸せ」というイメージを無意識にも持っている?
彼女のことは、本当は好きではない?

・・・あなたが結婚を嫌だと思っている理由を知ることで、
その問題をクリアできることもあると思うのです。
場合によっては、彼女に打ち明けて、
二人で解決を模索することで、クリアできることもあるでしょう。

結婚生活は、夫妻で支え合いながら、
お互いに人として成長しあって、
自分たちの幸せを一緒に考え、それに向かって進んでいくことで
充実感や幸せな気持ちが生まれるものです。

だから、多少の自信のなさというのは、
お互いに理解しあえれば、二人の心次第でなんとかなるものです。

また、周囲の不幸せな結婚を見て、結婚にマイナスのイメージをもってしまい、
「自分も同じ失敗をしてしまうのではないか・・・」と無意識に思っていれば、
結婚から逃げたくなるような気持ちがわいてきても、不思議ではありません。

でも、「結婚しても、幸せにはなれない」というのは思い込みです。
その場合は、結婚へのイメージを自分で変えていく努力が必要になるかもしれません。

・・・自分のケースを見極めて、対処していってほしいと思います。

そして、それでも混乱する場合は、
あなたは彼女を幸せにしたいと思えるのか、
自分は将来どういう風になりたいのか、
心に問いかけてみることです。
結婚は、その気持ちに従いましょう。

結婚の大前提として、「相手を大切に思う心」が大事になります。
彼女を自分が幸せにしたいと思えるならば、
勇気をもって結婚へ進んでいってみてはいかがでしょうか。

引用元-−-BIGLOBE 恋愛&結婚

男のマリッジブルーとは

プロポーズ前とか、女性側がまだ結婚自体意識していない時期にもかかわらず、男性は結婚に対しての不安を一人抱えているという状態。

あたくしの周りの年代はやはりアラサーが多いのですが、意外と結婚したいのは女性よりも男性のほうが欲望が強かったりするようです。

いや、したいけどできない、という方が正しいのでしょうか。そういう女性をゲットするという第一条件は仮に満たしていたとしても、なかなか結婚という壁を乗り越える自信が無い、そりゃ、いつかは結婚はしたいとは思っているけど、今の状態じゃ・・・というのが本心だったりします。

引用元-−-結婚準備ブログ

自分が好きなように稼いだお金を使い、自分の好きなように遊び、自分の身さえ守れば安心だった今まで(いわゆる独身貴族というやつです)とは異なり、自分を当てにする人が現れる。自分の生活の内容によって、人生を左右される人(つまり女性)が現れる・・・

これはあくまでも結婚を意識した男性が自分自身で抱く感情なのですが(結婚しても自由奔放にしている人だって山ほどいるわけですし)結婚する事によって今までの「自由」が制限されるのではないかという心配が生まれるんでしょうね。そうなると今までの自由が恋しくなるというか、今までの自分への執着する気持ちが生まれてくるということです。

引用元-−-結婚準備ブログ

まとめ

女性の不安は現実的な不安。男性の不安は自分自身の不安のようですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/sumireiroshikib/status/609761177246171136


https://twitter.com/koebuno_bokudes/status/531781944950804481″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ