皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

愛猫のがん…抗がん剤で治る?治療の費用はいくらかかる?

      2016/06/25

愛猫のがん…抗がん剤で治る?治療の費用はいくらかかる?

猫の死因の多くを占めるがん。人間よりも進行が早いといわれており、実際にがんで愛猫を亡くしたという人も多いでしょう。高額な医療費に治療をあきらめるケースもあると聞きます。そこで猫のがんと治療費について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


猫もがんになる!?猫がかかりやすいがんは?

高齢猫になれば、犬や人間と同じように腫瘍ができやすくなります。腫瘍とは、細胞が本来の規則に従わず増殖し、異常な組織を形成したものをいいます。腫瘍には良性と悪性のものがあり、腫瘍が転移せず、命に関わるおそれの少ないものを良性腫瘍、腫瘍が全身に転移して、命に関わるおそれのあるものを悪性腫瘍といいます。さらに悪性腫瘍のうち、上皮組織(皮膚、消化管、呼吸器道)から発生したものを「がん(癌)」、非上皮組織(血管、リンパ管、神経組織など)から発生したものを「肉腫」といいます。したがって、一般に良性腫瘍を「がん(癌)」と呼ぶことはありません。

引用元-猫のがん(癌、ガン)とは?リンパ腫や乳がんに要注意 | 猫の健康を考える | Petwell(ペットウェル)

ガンの中でも猫に多いのはリンパ腫や乳ガン

リンパ腫は猫に最もよくみられるガンで、若い猫に発生するものと高齢猫に発生するものに分けられます。

発生してから1、2ヶ月で命を落とすこともあるほど進行が早く、若い猫では胸腺型リンパ腫が多く、高齢の猫では消化管型リンパ腫が多くなっています。

乳ガンは避妊手術をしていれば避けられる病気といわれていますが、乳腺腫瘍になる猫の8割以上が悪性の乳ガンを発症してしまいます。

引用元-猫に増えるガン。猫にガンが多い理由と猫のガンの種類について | ペット生活

なお、ネコにリンパ・増血器系腫瘍が多い原因の一つには、ネコが白血病ウィルスにかかりやすいことにある(犬の約10倍)。地域的に白血病ウィルスの多いところでは、ネコ同士のケンカで伝染したり、親から感染したりする。ふだんからワクチン投与などの予防手段を取っておくべきである。

引用元-猫-がん

猫のがん治療法

・手術療法
外科手術によってがん細胞を除去してしまう方法です。腫瘍が大きく、また限局的に存在しているときに効果を発揮します。短期間で大幅に腫瘍を取り除くことができ、副作用が少ない反面、外見や運動機能を損なってしまうこともあります(手足や顎の切断など)。また麻酔や手術に伴う合併症で死亡してしまう危険性もゼロではありません。

・化学療法・薬物療法
ガン細胞だけがもつ特異的な標的物質などをターゲットにして抗がん剤が投与されます。化学療法によって腫瘍が根治することはまれですが、ガン細胞の分裂や増殖を抑制することで犬や猫の生活の質(QOL)を維持する効果は十分にあります。一方、骨髄抑制や脱毛といった副作用があったり、投与を重ねれば重ねるほど治療効果が薄くなるというデメリットもあります。

・放射線療法
患部に体外及び体内から照射する治療法です。放射線がもつ、「細胞分裂の盛んな細胞に対する殺傷効果が大きい」という特性を利用しています。つまり細胞分裂が盛んなガン細胞により大きな影響を与えるというわけです。化学療法よりもガン細胞に対する効果が高く、また外科療法では対処できない脳や心臓といった部位にも対応できるというメリットがあります。その反面、全身麻酔が必要でコストが高いといったデメリットもあります。

・免疫療法
免疫機構をコントロールし、ガン細胞を特異的に攻撃するように仕向ける治療法です。他の療法の後、体内に残ってしまった腫瘍を根絶する際に効果を発揮します。具体的にはマクロファージの活性化、インターロイキンの調整、サイトカインの産生促進などです。

・代替療法
マッサージ、ハーブ、動物用の鍼灸など、科学的手法に頼らない治療法です。

引用元-猫のガンについて~症状・原因・種類・治療法など猫の癌に関する基礎知識

猫の抗がん剤治療、費用はいくらぐらいかかる?

自分のケースでは以前飼っていた猫は、
10歳のときに腫瘍が見つかり、
近所の獣医師→大学病院での治療、
結局治ることはなくそのまま…。
総額は40万弱でした。

引用元-猫の病院費用が高額だった方、教えてください。 : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

治療をする場合は、ガンの種類にもよりますが、原発の腫瘍を手術で取るか、抗がん剤でガンを小さくしていって転移を防ぐ。というような治療になります。
金額は病院によって違いますのでなんとも言えません。
だいたいの目安として40万~50万くらい見ておけば、2,3ヶ月の治療費はまかなえるのではないかと思います。

引用元-飼い猫がガンになったら治療費はどれくらいかかるんでしょうか? – 積極的… – Yahoo!知恵袋

病院などによって治療費も千差万別だが、手術の場合、数万~数十万が一般的でさうr。抗がん剤は人と同じものを投与する。保険適用外のため、1回の投与で2~3万円かかる。

手術後の治療に数回の投与されることが標準的であるがリンパ腫だけは長期に渡って抗がん剤の投与が推奨(すいしょう)されている。

引用元-★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!! : 知識の泉 Haru’s トリビア

高額の費用が掛かる抗がん剤治療…ペット保険で備えよう

ペット保険とは

ペット保険とは、加入しているペットが病気やケガで動物病院で診療を受けた場合、支払金額の一部を保険会社が負担してくれるサービスです。保険によってはガンやそのほかの手術も補償しています。

引用元-猫のペット保険、種類とかしこい選び方 (全文) [猫] All About

ペット保険は全国の動物病院で利用できます

基本的にどのペット保険も、保険会社に直接加盟していない動物病院を利用しても補償が受けられます。加盟病院であれば窓口で支払うときに補償が受けられるものや、必要書類を揃えて保険会社に提出し認められると後日補償料が支払われるなど、保険会社によって違いがあります。

引用元-猫のペット保険、種類とかしこい選び方 (全文) [猫] All About

知っておきたいがん補償特約

ではそもそもペットのがんについてもペット保険の対象となるのでしょうか。これについてはほとんどのペット保険において、がんも補償対象としています。

ただ、保険加入時においてすでに発症していたがんについては通常補償されませんので、気をつけましょう。がんのリスクを減らすためにはペット保険に早期に加入していることが大切です。

さらに、知っておきたいのががん補償特約です。保険商品によっては負担の多いペットのがん治療に備えて、がんの補償を厚くしているものがあり、たとえばがんと診断されれば一時金として5万円程度支給されたりするケースがあります。

このようながん補償特約についても知っておきたいですね。

引用元-ペット保険(犬猫の保険)でがん対策。がん特約も知っておこう | ペット保険を口コミから比較

愛猫のがんを予防・早期発見するためにはどうしたらいい?

最も重要なのは、適正体重を保つこと、肥満をさせないこと、及び早期に行う不妊手術(卵巣子宮摘出術、精巣摘出術の実施(妊娠する必要のない犬猫の場合)です。 また健康予防プログラムによる癌の予防検診により、早期発見のための診断を行うことです。これらには、7歳までは年に1回、8歳以上は年に2回の検診が必要です。

引用元-犬猫の癌(腫瘍)について

がんを早期発見するために

 
愛犬、愛猫にいつもと違う様子が見られたら、放置せず、動物病院に行くことを心がけましょう。がんは予防することが難しいので、早期発見が最良かつ唯一の対策です。そのためには、毎日のスキンシップを欠かさず、体にしこりやおできがないか確認する、猫は定期的に体重を量り、体重減少に注意することが重要です。特に元気な時と比較して、体重が20%以上減少した場合は必ず獣医師にご相談下さい。がんに限らず、大きな病気が潜んでいる可能性があります。なお、猫や小型犬の体重測定には、成人用体重計ではなく、新生児用体重計(10-50g単位での計量が可能)があると便利です。

引用元-どうぶつの腫瘍疾患について調査 | 特集 | ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」

まとめ

入院治療をすると数十万はかかるものなんですね。大切な愛猫をがんから守るために、予防と早期発見に努めて下さい!

twitterの反応


 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ