皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

戦時中の女性はどんな仕事をしていたのか?

      2016/06/25

戦時中の女性はどんな仕事をしていたのか?

今年で戦後70年を迎えます。

当時、戦争に駆り出された男性たちの影で

女性たちはどんな仕事をしていたのでしょうか?

戦時中の女性がしていた仕事について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


皆が嫌がる消防団や婦人会の仕事

「きんは100シャア、ぎんも100シャア」—そんな名セリフで日本中を沸かせた双子の100才、きんさんぎんさん。あれから20年が経ち、ぎんさんの4人の娘たちもいまや平均年齢93才、母親譲りのご長寿だ。彼女たちが当時のつらい思い出を語ってくれた。

1937年(昭和12年)7月7日、中国の盧溝橋で日中両軍が衝突し、日中戦争が勃発。翌年には国家総動員法が公布され日本は戦争という暗いトンネルにはいっていった。中国からのニワトリの餌も途絶え、ぎんさんの家では、養鶏業をやめざるをえなくなった。

そして1941年(昭和16年)、12月8日、日本はハワイの真珠湾を奇襲攻撃し、太平洋戦争へ突入していった。この戦時下、ぎんさんの心はいたく傷ついた。

というのも、双子でライバルのように競っていた姉・きんさんは、夫・良吉さんとの間に4男7女をもうけ、この戦争で長男と次男を中国大陸の戦地に送ったが、ぎんさん夫婦は男の子を授からなかったからだ。

百合子さん(四女・91才)「私らが結婚する前は、そりゃひどい目におうた。男はお国のためにと兵隊に出せるが、うちは女の子ばっかりだったでな。世間からはそりゃ白い眼で見られた」

太平洋戦争では、最大で700万人以上の徴兵が行われた。夫や子供、父親が戦争に駆り出され、多くの家庭はつらい思いをした。そんななか、女ばかりのぎんさん一家は周囲から浮くようになり、疎んじられた。

美根代さん(五女・89才)「道を歩くだけで、非国民といわれたがね。おっかさんも、“お前さんとこは女ばかりだで、人手が余っとるやろ”と、皆が嫌がる消防団の仕事や婦人会の仕事などを次から次へと押しつけられた。畑で細々と野菜を作っとったが、当時は供出というて、国に出さないかんかった。それもうちは、よそより余計に出せぇっていわれただが」

ぎんさんはそんなときでも、ただ黙ってじっと耐えていた。

引用元-蟹江ぎんさん4人娘 戦時中は歩くだけで“非国民”といわれた – ライブドアニュース

飛行機工場でエンジンを造る女性

<戦争中は学生も工場へ>
1945年、日本では戦争が始まって9年になり、食べる物も着るものも不足し、毎日お腹のすいた状態でした。男性は軍人として召集されるので、国内にいる学生は、勉強をやめさせられ、軍需工場に動員されて、毎日休日なしに働きました。私は、広島市の郊外で育ち、女学校の寄宿舎に入寮していましたが、学校ではなく工場に通っていました。

<広島市で原子爆弾に被爆>
1945年8月6日、午前8時15分、私たち山中高等女学校の生徒たちは、爆心地から1.5kmの飛行機工場でエンジンを造る作業をしていました。
私たちがメッキの作業台で仕事を始めた時、ピカッと光り、隣りの友達と顔を見合わせた瞬間、ドーンと大音響がして真っ暗になり、爆風で屋根や窓ガラスがグワーンと飛んで来ました。私は田舎育ちで反射神経があり、ぱっと作業台の下に入りました。2、3分して音が静まり、立ち上がったら、屋根はなく青空が見えました。
 そのまま立っていた同級生は、飛んで来たガラスや材木の破片で肩や頭を負傷して血が吹き出していました。私は幸いにも無傷でした。

引用元-広島の声 – 広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ?-?朝日新聞社

戦時中の女学生達の仕事

昭和十九年(1944)春、文部大臣の提案説明で閣議決定されたと聞く「学徒戦時動員」が発令されました。その時私達は女学校三年生、年齢にして十五、六歳でした。制服を国防色の戦闘帽と胸当てのついたツナギズボンにかえたその胸には、七生報国(七度生まれ変わって国に尽くすの意)の誇りを込めた学徒章と校章、職種記号と名前を書いた名札に血液型まで記されていました。後に神風鉢巻、ヘルメット、防空頭巾と救急袋を肩にかけ、小さな身体には物々しいいで立ちで、学校に通う私達でした。
 工場へ動員される初日、爽やかに晴れ渡った空の下、校庭に整列し校長先生の訓示等で、私達は生まれて初めての緊張感に包まれた時を過ごしました。多分その時、お国の為に頑張ろうという気概に満ちていたはずです。勇ましい足どりで校門を出て工場へと歩きました。

引用元-戦争、そして学徒動員

作業内容は、板金工はジュラルミンを裁断機や鉄の鋏で切り、やすりで面取りをしたり、電気ドリルで穴を開けたりします。仕上げ工は、ボルトやナットの穴を調整したり、操縦席の風防を寸法通りやすりで削り、調えて磨いたりします。検査工は、半製品や材料の硬度をマイクロメーターで測ったり、ノギスで寸法を測ったりして検査する、精密な仕事でした。

引用元-戦争、そして学徒動員

当時は何も知らされていませんでしたが、私達が作っていたのは迎撃機「紫電改」だったと後に知りました。また、作業中に電気ドリルを落として足に大けがをしたり、裁断機で指を落としたりした人もいましたが、一切「しゃべったらいけない」と言われていましたし、劣悪な作業環境から結核になった人もいましたが、それも極秘でした。
 私達に支給される昼食は、弾丸のように握られた豆かすとお米で作ったおむすび二つ。女学生に多すぎたのは少しの間で、すぐに一つに減り、やがて田んぼで作った水臭い馬鈴薯と岩塩になりましたが、贅沢は言えない時代でした。

引用元-戦争、そして学徒動員

戦時中の女性の過酷な労働

戦争における最大の犠牲者は前線に送られた兵士たちだが、“銃後”の女性たちもまた戦争遂行という国策によって動員された犠牲者だった——第二次世界大戦下の女子労働者の実態を明らかにした冊子『武蔵野市女性史 あのころ そのとき—国策に絡め捕られて—』が刊行された。戦時中、東京都武蔵野市にあった大規模な戦闘機製造工場の中島飛行機に動員された若い女性たちの労働実態の記録だ。

引用元-リベラル21 戦時下の女性の過酷な労働実態を明らかに

さて、武蔵製作所に動員された女性たちの労働環境はどんなものだったか。
 動員された女性の中には女学校の生徒もいた。分かっているだけでも東京近辺を中心に24校にのぼる。1944年4月からは高学年順に次々と動員され、戦争末期には2年生(14歳)までも動員された。印象的なのは次のような記述だ。「遠く鹿児島や四国、島根などから、国民学校(小学校)を卒業したばかりの何百人もの少女たちが動員されて来ていたという記録がある」 

彼女たちは製図工、写図工、機械工、旋盤工、塗装工、仕上工、事務、タイピストなどとして働いたが、原則として8時間3交代制だった。生産に従事する者には深夜業があり、眠気覚ましのために覚醒剤のヒロポンが配られた。休日は月に2日。
コンクリートの床の上での立ちっぱなしの仕事もあり、冬期にはかなり冷え込み、身体の不調を引き起こした人もいたようだ。「下がたたきだから寒くて機械にぺたっと手がくっついてしまう。私の足が痛いのは、どうもそのときの神経痛じゃないかと思うんです」「私はひどい神経痛になり、モルヒネとか灸で激痛をおさえていた」といった証言がある。
彼女たちの住まいは女子寮だったが、そこでの生活を経験した人は「寮のふとんにはノミやシラミがいっぱいいた。半夜勤や夜勤のときは、こんなふとんでも、みんな一緒にくるまって寝た。家に帰って着替えると、縫い目にそってシラミが行列していて仰天した」と証言している。

引用元-リベラル21 戦時下の女性の過酷な労働実態を明らかに

女性と戦争

日中戦争以降の新聞には、女性の勤労を賛美する記事が数多く掲載された。「興亜娘夏姿」「必勝の戦いは弾丸から」「良き母となるために」等々。現在に至るまで働く女性がこれだけ賞賛された時代はなかった。
戦争で労働力不足が深刻化するなか、それまで男性の職場だった分野に女性を動員する必要に迫られた。戦前の日本では「女は働かぬものだ」という考えが根強かった。
女性を動員するためには、この価値観を打ち砕かねばならなかった。新聞が「女性の勤労は尊い」と繰り返し強調したのはそのためだった。
厚生省は1939年に女性にふさわしい仕事内容について通達を出した。(1)単純簡易な作業、(2)手指を主とする作業、(3)半熟練・未熟練作業などだ。
戦時期の女性労働は戦後の女性の職場進出につながった。同時に「女性に向くのは単純作業」という男女差別も作り出された。

引用元-時代を駆ける:女性と戦争(2)—今日の新聞批評(7月28日)

戦時中の女性労働の現場では、男性との賃金格差に不満がくすぶっていた。山川菊枝は新聞のコラムで、「女はただ女だという理由だけで、初任給も昇給も男より低い」と憤っている。
男性に代わる労働力として動員しておきながら、なぜ女性は低賃金だったのか。その理由を厚生省の役人が講演でのべている。主人の所得によって家庭は維持されるという原則からも、女性の勤労成果が男性と同じであっても、女性の給与は男子と同額であってはならない、と。
戦時中、「子宝手当」「妻子手当」という制度があった。企業が妻子を養う夫に与えた手当で、「配偶者手当」「家族手当」として現在まで続く。1940年には「人口増殖、結婚奨励」を目的に所得税法が改定され、妻の扶養控除分も認められた。扶養控除拡大は人口政策の一環だった。
家族単位の給与体系は、日本の労働者が伝統的家族制度の下で安定した家庭生活を営むことができるようにすることがネライだった。裏返せば、扶養される女性は低賃金でいいとされたのだ。そのことが現在まで続く男女賃金格差として続いている。

引用元-時代を駆ける:女性と戦争(2)—今日の新聞批評(7月28日)

まとめ

改めて今がどれだけ恵まれているかと言うことに気付かされます。

twitterの反応


https://twitter.com/tomokomusiK/status/517202202260013056


https://twitter.com/deadly_nanamy/status/506764644086591488″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ