皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

携帯を電車内で使う時のマナーってどんなものがあるでしょう

      2016/06/25

携帯を電車内で使う時のマナーってどんなものがあるでしょう

携帯の通話が電車内ではNGな理由ってなんでしょう?混雑している電車内で大勢で一斉に話し始めたら大変な事になりそうですが、マナー違反としてどんなものがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


電車の中での携帯の通話はペースメーカーに影響する?

“携帯電話の電磁波が心臓のペースメーカーを誤作動させる——。

この真偽については、総務省が実験調査を続けているのをご存じか。”
とありましたので、取り上げます。
私はもうほとんど決着したと思っていのですけど、まだ議論されていたんですね。
この記事によれば、”’08年度と’09年度の調査によると、NTTドコモやソフトバンクの一部で使われているHSUPA方式の高速データ通信機器の電波、そしてKDDIのCDMA方式携帯電話から発射される電波は、「現在使用されている植込み型医療機器の機能に影響はないことを確認」”しているそうです。
これは私の聞いていた話と同じです。現在の機種では問題ないわけです。

しかし、それでもなお”「植込み型医療機器の装着部位から22cm程度以上離すこと」という指針を出している”そうです。

引用元-携帯電話が心臓ペースメーカーに与えるリスクの本当

電車内での携帯通話は控えるのがマナー

■車内通話NGの理由は声

gzu03531さんは、車内で利用することができない理由としてこのように回答しています。

「特別な事情ではなく、それを不快と思う人が多いというだけの問題。まあ、大声が原因でしょう。良識ではありますが、ただの大声と小声との境界が不鮮明ですが、携帯電話やスマートフォンは、そこに原因があると感じられるからでしょう」

「通話は普通の会話よりやや大きい声になりがちです。複数人での大声でのおしゃべりも本当は遠慮して欲しいですが、私語雑談は禁止するわけにいかないですからね」(noname#157640さん)

通話NGの原因は、本人が気づかずとも無意識に大きくなっている声にあるのかもしれません。

■もし使用可能になってしまったら……

aketatekaketaさんは、ルールがなくなり、通話ができてしまうことで起こる状況をこのように回答しています。

「確かに必要なとき通話ができないと不便ですよね。でも通話禁止を止めてしまうとどんな状況になるのか心配はありますね。(良いと思う)イメージは、空いている電車の中で回りに気を配りながら小声で通話して終わったら周囲の方に『すいません』みたいな一言や態度がとれる人ばかりならぜんぜんOKだと思います。でも混んでいる車内で大声で自分の世界に入ってしまい、とても迷惑な人も出てきて抑止もできないとなると……結局は歯止めのかからない無法地帯になることは目に見えます」

「日本の電車は特に首都圏でギュウギュウの満員状態でもあるし、少ない状態でも同じ車両内の1割の人が通話していたらうるさいでしょうね」

引用元-日本の電車内で携帯電話の通話がNGなのはなぜ 理由は声にある? – ライブドアニュース

電車内で会話はOKなのに携帯通話が不快に感じる理由

周りの人は聞こえてくる会話の内容が把握できないと、ストレスを感じるという。対面会話であれば、話の流れがなんとなくでも理解でき、不必要な情報であれば無視することができる。一方、ケータイの場合は電話の向こうの声が聞き取れないため、話の流れが見えず、内容が気になって無視できなくなってしまうというのだ。

「人間は簡単に想像のつくものに対して、無視することができる。しかし次に何が起こるかわからないものに対しては、常に注意を払ってしまう。ケータイは話が半分だけ聞こえるために、無意識に話の全体像をつかもうと脳は緊張した状態を持続することになる」と、ローレン博士は説明している。

つまりケータイは、話している声だけでなく、その内容も周りのイライラの原因になっているようだ。公共交通機関でのケータイ使用は控えるべきだろう。

引用元-なぜ電車内でケータイで会話されると不快に感じるのか? 理由が判明 | ロケットニュース24

電車での携帯通話がマナー違反なのは日本だけ

日本でのご法度な行為の代表格「電車内での通話」ですが、日本以外の大多数の国では、電車内のケータイ電話の通話は解禁状態! 世界を見回しても、どうやら電車内の通話に厳しいのは日本だけなんです。外国人にとっては、なぜ電車内での通話が悪いのか、そもそも理解ができないとか。公共の場で、他人に迷惑がかからないよう気配りを欠かさない日本人にとっては意外な事実ですよね。

引用元-日本の常識は世界の非常識!? こんなに違う、日本と海外の電車マナー

電車内のマナー違反いろいろ 日本と海外の比較

◆ 鼻をすするのは厳禁!?
外国人が日本人の理解できない行動の筆頭に挙げられる「鼻をすする」行為ですが、電車内でもそれは同じこと。むしろ、閉鎖的な空間なので外国人の不快感はMAXに! 特に、麺やスープをすするなどの“ズルズル系”が大嫌いなイギリス人にとっては、道路に痰を吐いたり、人前で放屁することくらい恥ずかしい行為だそう。鼻をすするくらいだったら、鼻水を一滴残らずティッシュで豪快にかみ切りましょう!

◆ 電車でもレディーファーストは絶対!?
レディーファーストが当たり前の欧米。電車内でも、男性は年齢問わず女性に席を譲るという考えが浸透しています。女性側もレディーファーストの意識が染み付いているので、席を譲られた時には快く応じてくれることが多いそうなんです。日本人は、「あまり年をとっていない人に席を譲るのは失礼かな」「断られたらどうしよう」などあれこれ悩みがちですが、欧米では、女性相手なら断られる心配をしないで席を譲ることができそう!

引用元-日本の常識は世界の非常識!? こんなに違う、日本と海外の電車マナー

まとめ

電車内での携帯マナーは日本人特有の感覚もありそうですね。外国人に説明する自信がありません。
人の迷惑にならないよう育てられた人種だからともいえないですしね。

twitterの反応


https://twitter.com/zserdfgdzfbhd/status/633452377282973696


https://twitter.com/kana16moon/status/633443398855208961
https://twitter.com/abc_abcyasu/status/633437588733345792


https://twitter.com/omoshirokingz/status/633170055757303808


 - ニュース 世相 社会

ページ
上部へ