皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

新生児の育児をストレスにしない方法は

      2016/06/25

新生児の育児をストレスにしない方法は

待ち望んだ待望の赤ちゃんの存在は、

誰にとっても嬉しいものですね。

可愛い反面、新生児の育児は、

出産直後のママにストレスになる事も!

ストレスを溜め込まない方法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


新生児とは

生後4週間までの時期の赤ちゃんをこう呼びます(=新生時期)。羊水という「水中生活」から外界、つまり大気中へと、赤ちゃんは激変する環境に適応するために必死。
人の一生の中でもっとも大きな環境の変化を経験しています。出生直後の1週間は、子宮の外の生活にうまく適応できないこともある要注意期なので「早期新生児期」と呼びます。

引用元-−-コトバンク

育児ストレスの原因

主な育児ストレスの原因には、「毎日の夜泣きで睡眠不足」、「なかなか言うことを聞いてくれない」などといった、子供に対するストレスの他に、
「子育てを自分1人で背負っている責任感」、「世間から取り残されそうな孤独感」、「忙しい夫に悩みを打ち明けられない」といった子育ての重圧からくるストレスなど、様々な原因が挙げられます。

思わぬことが原因

育児書通りにしようと思ったが…

困ったときに助けてくれるはずの育児書ですが、マニュアル通りにいかないと、逆に焦ってイライラしたり落ち込んだりする原因になることも少なくありません。

専業主婦だから楽だと思われている?

保育園に子供を預けて働いているお母さんより、専業主婦の方がストレスを感じている人が多いと言われています。
「育児なんて母親一人でできて当然」という意識が根強く残る中で、周囲の理解や協力を得ることができずに、子育ての大変さが報われないと感じているお母さんも多いようです。

息抜きのつもりで子供を預けたが…

子供を預けて美容院やショッピングに行くことに、逆に後ろめたさを感じてしまう、また、預かる側の冷ややかな態度に引け目を感じるという声も多く耳にします。
このような場合、息抜きをしたくて子供を人に預けたはずが、かえってストレスを引き起こす結果となってしまうため、注意が必要です。

引用元-−-ホームメイト

新生児の育児悩みランキング

赤ちゃんが生まれて退院、いよいよ育児がスタート。

最初に親を悩ませるのが赤ちゃんの「夜泣き」。
回答数の4分の1に当たる25.8%の人が「大変だったこと」に挙げています。

出産直後のお母さんからは「産後の体力を回復しなければいけない時期に、
夜寝かせてくれないのが辛かった」という声が多くありました。

また「寝つきの悪さ」が辛かったとの回答が4.9%あり、
これも「夜泣き」と同じく赤ちゃんの生活リズムによる悩みと言えます。

「仕事がある夫を起こさないように、泣き止ませるのに苦労した」

と、気を遣ったお母さんの声もチラホラ。
悩みに「睡眠不足」と答えた人も5.9%ありました。

産後は夫や家族のサポートで少しでもお母さんの「睡眠確保」を心がけるのが、
育児ストレスを防ぐコツのようです。

引用元-−-アンケートデータバンク

気分転換は、心を休憩させる時間

例えば、ママ友と気分転換にカフェに行っても、そこでグチばかり言っていては、心が悩みの根源から離れることができません。
折角、子どもをパパに預けて気分転換しているはずなのに、子どもと離れている時間も、ずっと子どものことを考え続けている、
これが「育児から離れられない感覚」を引き起こしていることがあります。

特に、「気になっていること」「悩んでいること」の方が引きずりやすい傾向が強いので、どうしてもモヤモヤした気持ちから四六時中離れられない状態になってしまうのです。

意外とおろそかにされている「心の休憩」。あえて「考えない時間」を作らないと、どんなにステキに思える気分転換法も十分な効果を発揮できません。バラの香りのお風呂に入りながらも、頭の中は、数時間前の激怒シーンでいっぱい有名店のスイーツを食べながらも、頭の中は、前夜の夫婦ゲンカのシーンを再現
これでは、折角の気分転換が台無しになってしまうのです。

気分転換とは、むしろ、頭を空っぽにしやすくするために、いつもと違う場所へ出向き、いつもと違うことをやるもの。
こういう風に捉えた方が効果的な気分転換ができるはずです。

人間は考える動物。それゆえに長けているのですが、それが時に仇となり、自分を苦しめてしまっていることもあるのです。
我が子を愛しているからこそ、育児を大切にしていきたいからこそ、あえて、「子どものことを考えない時間」を作る。
そうやって小さなリセットを繰り返していくことで、心にストレスが溜まらなくなっていきます。

「子どもとまっすぐ向き合えていないかも……」と感じたら、心の休憩が必要なサイン。
ぜひ、「空っぽになる」ことを目的にした気分転換法を探ってみてください。

引用元-−-All About

赤ちゃんと一緒にできるストレス発散方法

(1)家の中でリラックスできることを見つける

おうちで過ごすのが好きな方であれば簡単なことですが、そうでない方は意外と難しいもの。
家での楽しい過ごし方がわからないのです。これを機に、おうちでできるリラックス法や趣味を見つけてみるのもいいでしょう。

私がおすすめするのは、アロマオイルを使った「芳香浴」。
子供が赤ちゃんのうちは使えないオイルもあるので注意が必要ですが、自分のお気に入りの香りを見つけて、
お部屋で楽しむと、イライラした気持ちを静め、リラックス効果も高いです。アロマランプやアロマディフューザーを使えば、
あとは勝手に香ってくれますので、赤ちゃんのお世話に忙しくて何もできないママにも、簡単でおすすめです。

アロマオイルによって効果や効能は様々ですので、自分の悩みや目的に合わせて選んでみて下さい。

(2)子どもとのコミュニケーションでストレス軽減

しばらく自分の趣味はお預けとなりますが、その代わりに赤ちゃんと関わりながらできることもたくさんあります。

赤ちゃんが2か月を過ぎたころから始められる、『ベビーマッサージ』もおすすめ。
先ほど挙げた『アロマオイル配合のベビーオイル』などを使って、歌をうたったり、
赤ちゃんに話し掛けたりしながら、手や脚・お腹などのマッサージをしていきます。
スキンシップにより、赤ちゃんは安心感を得て母子の繋がりがより深くなりますし、
赤ちゃんの便秘や夜泣き改善の効果などもあります。夜泣きがなくなり、少しでも長く寝てくれれば、
ママもゆっくりできてストレスが軽減されますよね。

今では多くのベビーマッサージ教室があり、初心者の方でも安心。
インストラクターの方が詳しく指導してくれますので、自分でやり方を覚えてからは家でも行えるのがベビーマッサージのいいところ。
また、講座などを受けて資格取得を目指すママも増えてきていますので、子どもに手が掛からなくなってきたら、
資格を目指して勉強することがまた自分の趣味に繋がるかもしれませんね。

(3)赤ちゃんと一緒にどんどんお出掛けしよう

赤ちゃんとのお散歩はゆったりとした時間を味わう至福の時! 子どもが歩くようになってからはゆっくりもしていられませんので、
大変貴重な時間でもあります。家にいてストレスを感じるのであれば、天気のいい日には積極的に赤ちゃんを連れて外へ出ましょう。

もちろん赤ちゃんのことを第一に考えた行動が必要。ママも大変でしょうから、外へ出て日光を浴びたり、深呼吸するだけでもいいのです。
外の風を感じたり、日光のあたたかさを感じてからお部屋へ戻ると、スッキリとしているものです。

もし、同じぐらいの月齢の子どもを持つママと交流があるのでしたら、一緒にお出掛けしたりお互いの家を行き来するだけでも楽しいですね。
誰かに悩みを相談したり、会話するだけでもストレス発散になります。

いかがでしたか?

ストレスを溜めない子育てを、自分自身で追及していくのも意外と楽しいものです! 赤ちゃんと一緒に過ごすことにより、
独身時代とは全く違う趣味に出会えるかも!? 新しい自分を見つけるチャンスに繋がるかもしれません。

引用元-−-パピマミ

まとめ

新生児のお世話は、わからない事ばかりで悩みがちです。
恥ずかしい事なんてないので悩みはどんどん周りに話して溜め込まないのが大事です。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/22_arqy/status/574723020763222016


https://twitter.com/koboabo/status/16634744498290688″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ