皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

新聞の記事にしたい!そんな依頼はどうするの?

      2016/06/25

新聞の記事にしたい!そんな依頼はどうするの?

自社商品や、自身の店舗をテレビ・新聞・雑誌などで取り上げて欲しい。そんな時に実施するのがプレスリリースです。また、新聞会社などには、ネット上で記事を取材してほしい場合の窓口があります。

今回は、プレスリリースに限らず、新聞社に記事の取材を依頼する術について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


新聞に記事ってどうやって依頼するの?

正直にいうと、一般的にはイベントの事前取材というのは、余程のニュースバリューがないと難しいように思われます(そのイベントの宣伝にしかならない記事は、記者だって書きたくはありませんから。そういう記事なら、せいぜい穴埋めで「どこそこでなになにが開催される」と書けば十分ですので、後述するニュースリリースがあればそれだけで間に合います)。テレビ局や一流紙ほどそのハードルは高いと思われます。

引用元-新聞社・テレビ局への取材依頼について – 仕事でイベントを開催するにあ… – Yahoo!知恵袋

ニュースバリューがなければ「取材されても記事にならない」こともあります。連絡をとることの「可否」だけいえば、「可」というだけのことです。

引用元-新聞社・テレビ局への取材依頼について – 仕事でイベントを開催するにあ… – Yahoo!知恵袋

会社のイベントなら、日経新聞をお考えかも知れません。日経の場合、日経新聞のほか、日経産業、日経流通、日経金融と新聞だけでも4紙だしていますので、イベントの内容と関係の深い編集部に連絡をとった方がニュースとして取り上げられる確率が高いと考えます。

引用元-新聞社・テレビ局への取材依頼について – 仕事でイベントを開催するにあ… – Yahoo!知恵袋

新聞社に記事を取材依頼−新聞社のネット窓口(朝日新聞の場合)

朝日新聞は、ニュースの素材になりそうな情報や写真を広く求めています。ふるってお寄せ下さい。
皆さまからいただいた情報や写真は、経験豊かな記者が検討した上で、朝日新聞の紙面やアサヒコムに掲載したり、取材のきっかけにしたりします。
素材の内容に応じて窓口はいくつかに分けて設けています。

引用元-求む!ニュースの素材 – 朝日新聞社

新聞社に記事の必要性を訴える−プレスリリース

プレスリリースとは

プレスリリースとは報道機関・マスコミといった媒体社向けに告知する広報的手法です。本記事ではインターネット媒体に限定します。一般的には新商品リリースなど新しいことをはじめたことを媒体に伝えるために使用します。

プレスリリースの目的

ニュースサイト、情報サイトといった媒体への掲載が目的です。媒体には記事として掲載されます。媒体に取り上げてもらえさえすれば、広告とは違い、無料で掲載が可能です。なおかつ、掲載は広告欄ではなく、記事になるので信頼度が高くなります。広告は目を飛ばす人もいるでしょう。
取り上げられる確率は圧倒的に少ないですが、掲載されると効果が大きいのがプレスリリースです。

引用元-プレスリリースとは?メリットとデメリットを解説 | Webマーケティング論

新聞社向けに効果的なプレスリリースの書き方

プレスリリースで最重要ポイントはタイトル。商品名は入れない。

引用元-【保存版】取材率を高める。効果的なプレスリリースの書き方 | キャシープレス

FAXはプレスリリース配信方法として、定番の手法。ですので、それを考慮し、プレスリリースは1枚にまとめましょう。

また、プレスリリースはあくまでもメディアとのつながりのキッカケを作るツールでしかありません。
気になる事はメディアの方から絶対に問合せがありますし、その時に沢山の資料を渡せばいいのです。

たくさんの情報を載せなければ。と思いがちですが、情報を厳選し、特に情報的にニュース性が有るネタだけを掲載しましょう。
どうしても1枚にまとまらなければ2枚までならさほど問題無いと言われていますが、理想は1枚です。

引用元-【保存版】取材率を高める。効果的なプレスリリースの書き方 | キャシープレス

プレスリリースを作成後、配信を行うことになります。
その場合、1回や2回で諦めてはいけません。
テレビ局や新聞社がどのような特集をいつ行うかは不明です。
ですので、プレスリリースは継続して行いましょう。最低でも4回は行ってみて良いと思います。

ニュースのネタとして、面白くても取材されない場合、単純にタイミングの問題と言うことはよくあること。
やはりメディアは旬のネタを求めているということがあるので、継続していくことで、運良くタイミングよく取材につながる事が有るのです。

ペーストしては、週1回、もしくは2週間に1回。しばらく続けて送っても反応がなければそのプレスリリースの題材や切り口的に問題が有ることが有りますが、単純にタイミングの問題であれば非常にもったいないです。
是非継続して発信を行ってみてください。

引用元-【保存版】取材率を高める。効果的なプレスリリースの書き方 | キャシープレス

新聞社が始めた双方向型ニュースサイト−記事以来も受け付け(朝日新聞Withnews)

朝日新聞社は7月22日、ユーザーとともにコンテンツを作る双方向型のニュースサイト「withnews(ウィズニュース)」の本格運用を開始した。スマートフォン、タブレット、PC向けに無料で提供する。
Withnewsでは、専門の編集部が作成した記事やネット上の話題に対し、読者から「取材リクエスト」を受け付ける。依頼された内容はwithnews編集部で整理したうえで、朝日新聞記者が可能な限り取材し、記事を掲載する。取材では、真偽の検証や深掘り調査なども行うという。
取材リクエストをはじめ、記事のお気に入り登録などの機能を利用するためには、FacebookやTwitterのアカウントを利用してログイン(ユーザー登録)する必要がある。

FacebookなどのSNSにもページを設け、若年層にも寄り添ったサービスを提供していく。今後、他社の報道機関やコンテンツプロバイダとの連携も検討しているという。「検索したけれど分からない」「友達に聞いても疑問が解けない」というような“モヤモヤ”を解決できるサイトを目指すとしている。

引用元-朝日新聞、新ニュースサイト「withnews」立ち上げ–取材リクエストなどの試みも – CNET Japan

ウィズニュースはその名の通り、単にニュースを作ったり、まとめたりするだけでなく、ユーザーからの取材リクエストを受け付けている。また、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が外部に開放できるように設計されている。まだ、運用を始めていないが、NAVERまとめのようにユーザーも記事作りに取り組める仕組みだ。

引用元-取材要望も募集 朝日新サービス、読者の声生かす  :日本経済新聞

まとめ

プレスリリースにして、新聞社に取材の依頼をするのですね。また、新聞社によっては取材依頼の窓口があります。新聞社によっては新しく読者と双方向のニュースサイトを立ち上げたとか。
身近な、また、時世に沿った現象を取り上げるようですよ。どうやって申し込むにしても、文章の書き方に工夫が要るようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/kimjrbluck/status/617499824938549248

 - 仕事 経済

ページ
上部へ