皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

日々の洗濯時にネットを効果的に使う方法

      2016/07/07

日々の洗濯時にネットを効果的に使う方法

洗濯は家庭によっては毎日、あるいは頻回に行う家事のひとつですね。ネットを使うことは何となく知っているけれど、実は効果的な使用方法を気にしないまま、適当に使っているかもしれませんね。

そこで、本当に効果的なネットの使い方を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


洗濯ネットの効果を発揮させる正しい入れ方

洗濯ネットはそれを使用することで、衣類を洗濯時の擦れや引っかかりなどから守ることができます。
洗濯ネットに入れた方が良いものは、ニットなどの型崩れが心配な衣類やビーズなどの飾りが付いた衣類、他の衣類にからまりやすいストールやマフラーなど、生地が薄いブラウスやストッキング、色の濃い衣類などがあげられます。

ですが、デメリットと言える部分もあります。
やはりネットの中に入れているので、汚れがやや落ちにくくなったり、すすぎが十分にできない場合もあります。
汚れの状態や素材の状態を考慮して、ネット洗濯を行いましょう。

洗濯ネットへの正しい入れ方
①ホックやファスナーはとめておく。
 ネットに入れているとはいえ、他の衣類に引っかかる可能性があります。

②濃い色、プリント有り、ししゅうなどの飾り付き衣類は裏返す。
 裏返すことで色落ちを防いだり、飾りを守ります。

③衣類にあった大きさのネットを使う。
 小さすぎると汚れが十分に落ちませんし、大きすぎると中で動いてしまって、ネットの効果がいかせません。

④汚れの部分は外側にする。
 内側になってしまうと、汚れが落ちにくくなりますから、外側にしてちゃんと汚れを落とせるようにしましょう。

引用元-便利な洗濯の裏ワザ大公開! 衣類の洗濯ネットへの効果的な入れ方4つ

洗濯ネットに入れると逆効果なものもある!

洗濯ネットに入れたほうがよい衣類は以下のようなものです。

● 型崩れさせたくないもの
● 毛玉がついたら困るもの
● 長細い形で、ほかの洗濯物に巻きつくと困るもの(ホックがついているなど)
● 面ファスナー、マジックテープを使った衣類
● 起毛素材
● 洗濯表示に「ネット使用」と書かれているもの

✓ 下着類は基本的に入れたほうが良いでしょう。
✓ 毛羽立ちが気になる場合は、ネットの網目が細かいものを選びます。
逆に、洗濯ネットに入れないほうが良いものもあります。

● 汚れがひどいもの
● 丈夫な衣類

引用元-洗濯ネットを使った基本の洗濯方法 | nanapi [ナナピ]

洗濯時にネットを使うのはデリケートな衣類を守るため

一番は洗濯物をいためないこと。
他の洗濯物との摩擦が減り、絡みもなくなるので型崩れや他の衣類からの毛羽付着を防いでくれます。 例えばブラジャー等のランジェリー、ストッキングなどは 洗濯ネットに入れて洗う方がいいでしょう。

またシーツや毛布等のおおものもきちんとたたんで目の粗いネットに入れることで、洗濯槽内での偏りを防ぎ、たたまれた状態で脱水が終了するので干しやすくおすすめ。

気になるのは衣類をわざわざネットに入れることで、汚れ落ちが悪くなるということ。
確かに摩擦が減る分、汚れが多少落ちにくくなるデメリットはありますが、気になるなら、
目の粗いネットを使えばよいでしょう。

そもそも洗濯は衣類を傷める行為ですので、ガンガン洗える丈夫なものと、型崩れや色落ちを少しでも防ぎたいデリケートな衣類を一緒に洗濯するのなら、洗濯ネットを使うメリットの方が大きいと思います。

洗濯ネットには本当に数多くの種類が売られています。大きさも大物が入るサイズから、下着専用の小さいものまで、形は普通の長方形だけでなく、丸型、角型、筒型などなど。
特にボール型は洗濯物がネットの中で動いて汚れが落ちやすくなる効果があります。

ホームセンター等の売り場で多種多様な洗濯ネットを見るのもいいかも。
女性なら下着専用等は1枚あってもいいかな、と思えるものです。

引用元-洗濯ネットの効果的な使い方 | 上手な洗濯の仕方

洗濯ネットのスゴイ効果

絡まり防止だけじゃない洗濯ネットのスゴイ効果

摩擦による衣類のダメージ防止、からまり防止、糸くず付着防止などの効果がある洗濯ネット。軽く畳んでネットに入れれば、洗濯シワも防ぐことができます。

☑︎ ワイシャツの洗濯に適しているのは、目が粗く、角型で薄いの洗濯ネットです。

襟や袖口の汚れ、食べこぼしのシミがある場合は、「ワイドハイター EXパワー ガンコなシミ用」などの部分用の衣料用漂白剤をスプレーしてから、ボタンを留め、汚れている部分を外側にしてたたみ、洗濯ネット(角型で薄い)に入れます。

引用元-洗濯ネット「使う」「使わない」では大違い!アイロンがけがラクになるシャツにするコツ | マイカジスタイル

洗濯ネットの効果を考えた衣類を選択

洗濯ネットは、洗濯時のスレやもみ作用から衣類を守ることの他に…

①からまりなど衣類同士が引っ張り合う力を防ぐ
②ボタンや飾りを守る、ホックなどの引っかかりを防ぐ
③型崩れなどを防止する
④糸くずやゴミなどの付着を防ぐ
⑤色移りを防ぐ

などの効果がある便利な洗濯アイテムです。
主に、洗濯ネットに入れた方がよい衣類は以下の通りとなります。

■ ニットなどや型崩れしやすい衣類
■ ビーズなどの飾り付の衣類
■ ヒモ付の衣類など他の衣類と絡まる衣類
■ 生地が薄いブラウスやストッキングなど
■ 濃色の衣類

引用元-洗濯ネットの使い方/洗濯上手になる方法

まとめ

せっかく洗濯するなら、汚れを落としたいけれども、特にデリケートな衣類などは出来るだけ傷めないで長持ちさせることを、おろそかにしないことにも意識できました。正しくネットを使うことで、効果的な洗濯を可能にさせること、侮れないなと思いました。

twitterの反応


https://twitter.com/1000graceChie/status/639461217522749440


https://twitter.com/Beauty_bot/status/640141854600642561″

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ