皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

日本の四季が作りあげた日本文化いろいろ

      2016/06/27

日本の四季が作りあげた日本文化いろいろ

「雪月花」という言葉もあるように、日本の穏やかな四季が作る自然美は、長く日本人の生活に根付いてきました。

食や行事など、四季が生んだ日本文化について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


日本の四季が生んだ食文化・和食

日本の自然環境は、食材の宝庫です。モンスーン気候の中にあって四季がはっきりと変化し、平均雨量一七〇〇ミリの豊かな雨は国土の七〇%に及ぶ山地を駆け下りて清流となって平野部に注ぎます。山、里、川の豊富な食材が生まれます。四周を取り囲む海には暖流と寒流が交錯し、四〇〇〇種という魚が棲み、ミネラルいっぱいの海藻が成長します。こうした自然の恵みが和食の食卓に届けられるのです。
アメリカ人の学者とテレビで対談した時、彼が言ったことは、日本に来て食卓に並ぶ料理が四季に変わることに驚いた由。アメリカでは一年中、ほとんど食材が変わらないと言っていました。
季節の食べものを楽しむのは、和食の特色です。旬の食材を使うのはどこの国でも同じでしょうが、日本人は旬だけを楽しむのではなく、出始めの初物を楽しみます。それを”はしり”とも言いましょう。そして一番の盛りの”旬”。さらに季節の終わりに味わいが変化したところを楽しむ”名残り”。落ち鮎とか秋茄子など、嬉しいものです。

引用元-季節広報誌「あじわい」ajiwai|日本の文化-四季のうつろい (十一)

四季折々を生活に織り込む日本文化・和菓子

1月は年賀の和菓子にはじまり、鏡開きのお汁粉、大寒につく寒餅が定番です。2月は節分の福豆、3月の雛節句には娘の無病息災を願い、雛餅や桜餅、雛あられをいただきます。また彼岸のおはぎもこの時期。入学期である4月は紅白饅頭、5月の菖蒲節句には息子の健康を祈り、ちまきや柏餅を食べます。6月は16日が和菓子の日です。その由来は、西暦848年頃に当時疫病が蔓延したことから時の仁明天皇が年号を「嘉祥(かしょう)」に改め、6月16日に菓子類を神前に供え疫病退散を祈願した、という故事からきています。

7月の七夕には無病息災を願い七夕餅を、土用の入りには土用餅をいただきます。8月のお盆には先祖を迎える盆菓子、9月は敬老の日の養老饅頭、秋彼岸のおはぎ、十五夜にちなんだお月見団子と行事がずらり。10月は豊年満作を祝う野菜や果物の菓子、11月は七五三の千歳飴が定例です。12月はお歳暮の品として多用されます。

引用元-暮らしの特集:Vol.013 和菓子の世界「知るほどに優雅で美味な銘菓たち」|Family First. Club

あなたが感じる日本の四季を表す言葉は何ですか?

一般財団法人 日本気象協会では、平成23年(2011年)2月より、現代の季節感にあう「新しい季節のことば」を提案するための取り組みとして、「日本版二十四節気 専門委員会」を設置し議論を行ってまいりました。
 その結果、いにしえより伝わる二十四節気の重みを重要視し、委員会名を「“季節のことば”選考委員会」と変更し、二十四節気とは別になじみのあることばや、最近の風物詩となることばを選び「季節のことば36選」を選定することにしました。
 そして、平成24年(2012年)8月~12月には、「あなたが感じる季節のことば」と題して、広く一般から“季節のことば”を募集しました。

引用元-季節のことば36選 | 暦の上では

「季節のことば36選」
1月
初詣、寒稽古、雪おろし
2月
節分、バレンタインデー、春一番
3月
ひな祭り、なごり雪、おぼろ月
4月
入学式、花吹雪、春眠
5月
風薫る、鯉のぼり、卯の花
6月
あじさい、梅雨、蛍舞う
7月
蝉しぐれ、ひまわり、入道雲、夏休み
8月
原爆忌(広島と長崎)、流れ星、朝顔
9月
いわし雲、虫の声、お月見
10月
紅葉(もみじ)前線、秋祭り、冬支度
11月
木枯らし1号、七五三、時雨
12月
冬将軍、クリスマス、除夜の鐘

引用元-季節のことば36選 | 暦の上では

外国人から見た「日本人の四季感」

四季は日本人にとって超重要なんだろうね。
職場の同僚達は季節が変わるたびに毎年毎年”あなたの国には四季があるの?”って聞いてくるよ。
後は”あなたの国は暑い?”とか”寒い?”とか。


オーストラリアだと、いわゆる夏と超夏がある感じだな。


シカゴだと1日のうちに四季があるよ!


↑ミズーリも同じだね。


俺の母国コロンビアは赤道上にあるから季節は一年中一緒だな。


ソースを示すことはできないけど、アジアで四季があるのは日本を含めた一部の地域のみで、他の場所は雨季と乾季があるだけだと読んだ事がある。
単純に世界の残りの場所を見過ごしてるだけなんじゃないかな。


正直言って、日本人が四季は日本にしかないと言ってるのを聞いた事は一度もないけどね。
日本には四季があるとは言ってるけど、それって日本にしかないとは程遠いよね。

引用元-すらるど 「何で日本は唯一四季がある国と言われているんだろう?」:海外の反応

外国人からも人気の日本の四季に基づく年中行事

日本に観光や留学などを目的にやってきた外国人が体験した日本の年中行事や風習のなかで、特にウケが良かったものをランキングにしてみました。日本の伝統や風習の由来など、私たち日本人も事前に少し勉強したことを外国人に教えて、日本の年中行事を一緒に楽しめたらいいですね!

1. 夏祭り
日本一活気があって華やかな行事と言えば、やっぱり夏祭り。江戸時代以前から近代化によって変質したものが現代の夏祭りとされていますが、今も昔も日本の夏には欠かせない行事です。夏祭りでは浴衣を着る人が多く、外国人を連れて行けば「KIMONO!KIMONO!」と言って喜ばれるでしょう。また、観光シーズンでもある7~8月にある行事という点もポイントが高いです。夏季に日本へ旅行に来る外国人にはぜひ参加してもらいたい日本の年中行事です。

2. 正月
1年を通して、もっとも日本らしい時期と言えばお正月。普段は口にしないお節料理やお雑煮を食べたり、届いた年賀状を見たり、お年玉をあげたり。初売りのバーゲンで福袋を買ったり、お笑い番組で初笑いしたり、初詣に行ったり。そんな“普通”の日本のお正月を日本を訪れる外国人にはぜひ体験してみてほしいと思います。

3. お花見
お花見は奈良時代の貴族の行事が起源だと言われていますが、現在は世界的に愛される風習になりつつあります。アメリカ・ワシントンDCのポトマック河畔の桜は有名ですが、中国、ドイツ、フランスほか多くの国で日本から贈られた桜が愛されています。もちろん、外国人のお花見の評価も高く、日本でのお花見では特に公共の場所でもお酒が特に気に入られます(欧米では公共の場での飲酒が禁止の国が多い)。

引用元-外国人もきっと喜ぶ! 日本の素晴らしい年中行事・風習ランキング

まとめ

身近なものから、最近はあまり感じられなくなったものまで、四季が生んだ日本文化がたくさんありましたね。外国の方々から見ても、独特なものも多くみられるようです。もう一度振り返って、日本らしい四季を楽しんでみるのも楽しいかもしれませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/nagi_kbc/status/626725625575780352


 - 雑学

ページ
上部へ