皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

旦那、主人、夫、の使い分けの違いは?

      2016/06/27

旦那、主人、夫、の使い分けの違いは?

みなさんは、ご主人の事をなんと呼んでいますか?

二人の間は二人だけの呼び方でよいものの、

社会に出ると色々な関係によって

伴侶を表す言葉を変えなければなりません。

今回は、「旦那」「主人」「夫」に分ける違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

状況で呼び方は変わる

シーンに応じて使い分けましょう。

1.会社や仕事関係 公の場では「夫」「妻」が無難です。

2.初対面の相手や電話での会話中  電話で相手が見えない状況や初めて会う人、相手をまだ理解できていないそんな場合は「主人」「妻」が無難です。

3.友達や親しい仲 「うちの嫁さん」「うちのだんな」でも良い時もあるでしょう。

引用元-−-シュフィール

「主人」は社交場でも使える賢めマルチワード!

主人という言葉は、もともと主従関係を表す言葉で使用人が使う「ご主人さま」という表現があるように、一家の主(あるじ)という立場を表します。
なので昔かたぎの人の中には、自分が仕える人というイメージもあり使うのを嫌がる人もいるそうですが、比較的一番多く使われている言葉です。
親しい間柄でも使えますし、特に社交場や目上の人に使う場合には「主人」という表現が一番ふさわしいですね。ただし、目上の人が親戚である場合には「旦那」「主人」よりも名前で「○○さん」と呼ぶのが一般的です。
付き合いの関係上、どれで呼んだらいいのかちょっと迷ってしまう場合はとりあえず「主人」と表現しておけば失敗も少ないなかなかのマルチワードです。

引用元-−-女性の美学

「旦那」は親しい間柄でくだけた感じで使う表現

旦那という言葉は、サンスクリット語の「ほどこし・布施をする人」という意味合いから始まり、もともと芸者がお金を提供してくれるパトロンに対して使う言葉であったり、商人が客をおだてる時に使う呼び名だったと言われています。
そういう由来があるので、やはりちょっとくだけた感じで今でも使われていますね。友達や会社の同僚など親しい間柄でザクザク使える気さくな表現です。

引用元-−-女性の美学

 

夫という呼び方について

「夫」は戸籍上でも使われる、配偶者のいる男性を指す区分ですから、最も身分の上下のない呼び名です。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

最も身分に関わらないのが「夫」と「妻」という呼び方だとは思いますが、 実際に会話の中に含まれると、どこかよそよそしい感じを受けます。
「主人」「家内」には抵抗のある人も多いようですが、お互いを認め合い、第三者の前で少しへりくだってみせる心の余裕が、言葉の美しさに出るように思うのは、私がすでに年配者の域に入ったからでしょうか。
不必要な言葉狩りをするより、今使っている呼び名に軽い侮蔑などの意味が混じっていないか、 妻も夫も自戒するほうが大切だと思います。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

「ダンナ」や「夫」‐乱れる日本語

「主人に相談します」
「家内に相談します」
どっちも相手への大変な敬意が込められてます。
“主人”という言葉はもちろん、“家内”(かない)という言葉だって家のことは妻に仕切ってもらってるからって・・・こんなヒトコトの言葉だけで互いに相手をタテ合ってること、おわかりいただけるでしょう。

仕事せず家でゴロゴロしてる夫でも“主人”、外で働いてる妻だって“家内”、そう呼んであげるのが正統派でしょう。

両親が普通にそう言い合ってる家で育った方なら何の抵抗もなく自然に言えて当たり前ですが、そうでない方だと何だか照れくさいと感ずる方おられるかもしれません。でも慣れれば、こんなの当たり前に感じるようなります。
そして、気安く「ダンナ」って言葉使ってる人に対する見方も変わってきます。
こういうのは大したことないと思ってる人多いかもしれませんが、見る人からすればとっても“育ち”が表れるものなんですよ。

引用元-−-日本の面影

まとめ

ご自身が使っていた呼び方は、常識的でしたよね。結婚すると同時に認識するべき事柄です。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/zunzun_dana/status/531698780928630784
https://twitter.com/dairexia/status/404792878460698624


https://twitter.com/ma_ya_x/status/612433681932685312

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ