皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

早期発見。乳児のうちに自閉症の症状が現れることもある!

      2016/06/27

早期発見。乳児のうちに自閉症の症状が現れることもある!

普通お子さんが、

自閉症と気づくのは3歳になってからだそうです。

ところが、最近乳児の内に自閉症の症状が現れることがあるそうです。

今回は、乳児で自閉症の症状について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


乳児で自閉症の症状が現れる−特徴的な症状を知っておく

自閉症は、一般的に3歳ぐらいまでは判断することは難しいです。自閉症の赤ちゃんでも、他の赤ちゃんと変わらないことも多いですし、逆に1歳半頃までは他の子と同じように成長していたのに2歳になった頃から発達が停滞し始めるといったこともあります。
ただし、赤ちゃんによっては成長の過程で特徴的な症状が現れることもあるので、気になる場合は一度小児科か乳幼児健診の際に相談することをおすすめします。

引用元-−-こそだてハック

3ヶ月の乳児で自閉症の症状が現れたら?

ママと目を合わせようとしない、抱っこをいやがる、笑わないといった症状がみられる場合があります。赤ちゃんは本来、ママに対して絶対的な安心感があるので、ママの目を見つめたり抱っこしてもらって泣き止んだりするのが一般的です。
しかし自閉症の赤ちゃんは、おっぱいをあげているときも視線が合わず、抱っこを嫌がって泣くという傾向が強くなります

引用元-−-こそだてハック

母親の後追いをしない−乳児で自閉症の症状が現れる

後を追うのは、親のそばにいると安心がうまれるという脳の機能がうまれているからです。
自閉症の子どもは、この脳の機能がうまれていないので母親の後を追いません。

通常、恐怖感は生後6ヶ月から9ヶ月ごろにかけてうまれてきます。
定型の赤ちゃんは、恐怖感がうまれてくると、見知らぬ人の接近や視線を恐がるようになり、人見知りがはじまります。
また、母子分離にも恐怖や不安を感じるようになり激しく抵抗するようになります。

恐怖感がうまれてきても、母親のそばにいれば安心がうまれます。
母親は安全基地として機能します。
なにか恐いことがあっても、安全基地に逃げ込めば安心です。

しかし、自閉症の赤ちゃんは、母親のそばにいても安心がうまれません。
なにか恐いことがあっても逃げ込む安全基地がありません。

自閉症の赤ちゃんは抑えることのできないまま恐怖感をかかえて生きていかなくてはなりません。

それは、お化け屋敷のなかで、たったひとりで生活しているようなものです。
24時間、恐怖にさらされています。

引用元-−-自閉症の原因と予防

乳児に自閉症の症状が現れる

最初に現れるのは動作共鳴がなされないという症状です。
たとえば、母親が口を開けると赤ちゃんも口を開けるということを動作共鳴と呼びます。
動作共鳴は生まれてから20分しか経っていない新生児にも認められることが報告されています。
早期発症タイプの自閉症児は新生児の頃から動作共鳴をしていないと言われています。
動作共鳴は感情共鳴の原点と推測されていますので、動作共鳴がされていないというのは、注意が必要な症状だと言えます。

次に目につくのは、母親と目を合わせようとしないということです。
部屋が薄暗かったりすると、生まれたばかりでも赤ちゃんは母親の顔や目を一心に見つめます。

母親が刷り込まれ、母親のそばにいれば安心できるという脳の機能が生まれているからです。
しかし、早期発症タイプの自閉症児は、新生児の頃にも母親の目を見つめたことがないと言われています。

重度の自閉症児では、右目と左目の焦点が合っていないケースもあります。
恐怖心を起こさせる周囲のものを避けるために物を見まいとして、焦点が合わないのだろうと言われています。

母親の刷り込みがなされていなければ、母親も安心感を得られる存在ではないため、母親も見ようとしないのではないかと考えられています。

引用元-−-アスペルガー症候群や自閉症を克服するブログ

乳児で自閉症の症状が現れても気づかないことも

赤ちゃんのころは違和感を感じなかったというママも多いです。自閉症の子供が赤ちゃんだったころを振り返ると、このような動きが見られたそうです。

・写真の表情はニコニコ笑っている
・母乳をよく飲み、夜はぐっすり眠る
・生まれてすぐの時から抱っこを嫌がり、抱っこすると大泣きする
・6ヶ月から自分でミルクを持って飲む
・人見知りはせず、誰でもニコニコ笑顔を見せる

しかし、1歳半の健康診断でも自閉症と分からずスルーされることも多々あります。そのくらい医者でも判断が難しいのです。
ですから、余計な心配を抱えるのはあまりよくありません。それよりも大事なのは日々愛情を注いであげるということです。
愛情を注ぐことでしっかりと様子を観察することができ、小さな変化にも気付くことができるようになります。

仮に自閉症と診断されたとしても、早めに対応することで療育を受けることもできます。むやみに心配するのではなく、しっかりと赤ちゃんに愛情を注ぐようにしてくださいね。

引用元-−-いざ!安心家族

まとめ

医師が診る検診でもスルーされることが多いそうですが、そこは毎日一緒に過ごす親が事細かに観察し、気づいてあげることが悪化を予防できる一つの手立てです。

引用元-−-

twitterの反応

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ