皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

明治時代のお金の価値って今と比べてどれくらい?

      2016/06/25

明治時代のお金の価値って今と比べてどれくらい?

舞台が昔の時代などのドラマなどを見ていると、その当時の現在のお金の価値の違いが知りたくなったりしませんか?

今回は明治時代のお金の価値について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


明治5年の1円の価値は(質問)

明治5年の文章に、泥棒が旅籠で二人の商人からお金2千百円を盗んだという話が載っていました。
当時の1円はどれくらいの価値があったのでしょうか?

引用元-明治5年の1円の価値はどのくらい – 歴史 | 教えて!goo

明治5年の1円の価値は(回答)

1年ズレますが明治4年の
庶民的なそばの値段で換算してみました。

明治4年のかけそばの値段が5厘。
今、富士そばのかけが280円。
明治4年だったら1円で5厘のそばが200杯たべられるので、

1円の価値は、
280円×200=56000円

ということで1円は今の価値で、5万6千円

引用元-明治5年の1円の価値はどのくらい – 歴史 | 教えて!goo

>明治7年(1874年)の「巡査の初任給は4円」

で考えれば。
★この頃の「1円」は、現在の「4〜5万円」くらい。

ですから「二千百円」と成れば、現在の『8千万〜1億円』くらいの価値が有ったかも知れませんね。

引用元-明治5年の1円の価値はどのくらい – 歴史 | 教えて!goo

明治時代の「1円」の価値って?

単純に、明治30年頃の物価と、今の物価を比べると、今の物価は当時の3800倍ぐらいです。つまり明治時代の1円は、今の3800円ぐらいに相当することになります。

とはいえ、昔のお金と今のお金の価値を比べるのはなかなか難しいことです。人々の仕事の種類も生活のしかたも違いますし、生活に必要な品物も異なるからです。物価も賃金水準も年々変化しているので、明治時代でも前半と後半では違いがあります。

そのことを踏まえて、試算してみることにしましょう。
当時は、日本経済が発展しはじめたばかりで、物価に比べて賃金の水準は低く、いまよりも、職業によっての所得格差も大きかったようです。お給料が安ければ、それだけ1円の重みも違います。明治30年頃、小学校の教員やお巡りさんの初任給は月に8〜9円ぐらい。一人前の大工さんや工場のベテラン技術者で月20円ぐらいだったようです。
このことから考えると、庶民にとって当時の1円は、現在の2万円ぐらいの重みがあったのかもしれません。

引用元-明治時代の「1円」の価値ってどれぐらい?(1) | お金の歴史雑学コラム | man@bowまなぼう

明治時代のお金の価値はいくら?

■貨幣の重み
1円=現在の2万円
1銭=現在の200円

※100銭で1円となる

■明治30年頃のお給料
・小学校教員、お巡りさん 8〜9円
・一人前の大工 20円
・公務員 50円

■物の値段
・あんぱん 1銭
・カレーライス 5〜7銭
・ビール大瓶 19銭
・米10キロ 1円12銭
・自転車 250円
・グランドピアノ 750円
・自動車 5000円

引用元-天皇の料理番2話の感想とあらすじ!明治時代のお金の価値はいくら | 精選ナノ通信

過去の貨幣価値について

1. 過去の貨幣価値について
「昔の○円は現在の何円に相当するのか」「昔の外国の貨幣は日本円でいくらになるのか」というような過去の貨幣価値を調べる資料をご紹介します。過去の貨幣の価値を現在に換算することは、当時との価値基準の違いなどにより難しく、正確な値を出すことはできません。ただし、ここでご紹介するような物価指数(ある年の物価の大きさを基準とし、それに対しての上昇・下落の比率をみる指標)などを参照することでおおよその値を出すことは可能です。つまり貨幣価値を物価水準に置き換えて比較するもので、現在の物価水準が過去の何倍になるかを計算し、それを昔の価格に乗じて現在の価格を算出します。

引用元-過去の貨幣価値を調べる(明治以降) | 調べ方案内 | 国立国会図書館

2. 日本国内
物価指数には各種ありますが、企業物価指数(卸売物価指数)と消費者物価指数が基本的かつ戦前あるいは戦後直後から継続して作成されています。企業物価指数(卸売物価指数)は企業同士で取引される卸売段階の商品価格を、消費者物価指数は小売段階の商品とサービスの価格を、それぞれ対象とします。なお、江戸期については貨幣制度などが異なるため、基準となるものの物価(米、工賃など)を調べ、そこから換算する方法が挙げられます。例えば1両で買える米の量を計算し、現在の米相場と比較するとおおよその値が算出できます。

引用元-過去の貨幣価値を調べる(明治以降) | 調べ方案内 | 国立国会図書館

明治時代のお金を現在の価値に

「昔のお金、今いくら?」と題して、企業物価(企業間で取引される際の商品価格)および消費者物価(消費者が
購入する際の商品およびサービスの価格)の指数をもとに、明治・大正・昭和時代の1万円は今いくらなのかを
試算している。

それによれば、企業物価指数で試算した場合、明治40年の1万円は平成10年の1,088万円になるとのこと。

紹介されている計算式は次のとおり。
687.5(平成10年企業物価指数)÷0.632(明治40年企業物価指数)=1,088(倍)
10,000(円)×1,088(倍)=10,880,000(円)

引用元-明治時代のお金を現在の価値に換算していくらになるのか知りたい。(貨幣価値) | レファレンス協同データベース

まとめ

明治は変化の多い時代なだけに同じ時代でも価値が違うようです。

twitterの反応


https://twitter.com/sogaken369/status/620574410580234240


https://twitter.com/yukitsuna890/status/616627801223856129


https://twitter.com/asakoto705/status/586767153254174721


https://twitter.com/syupure/status/544707650483535872″

 - 仕事 経済

ページ
上部へ