皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

母子家庭で育った子供の恋愛って他の人と違うの?

      2016/06/25

母子家庭で育った子供の恋愛って他の人と違うの?

父親不在の母子家庭で育った子供の恋愛は

そうじゃない家庭で育った子供とは違うのでしょうか?

母子家庭で育った子供の恋愛について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


母子家庭の男性の恋愛(質問)

こんにちは。私は今二十歳で、ある母子家庭でそだった男性との交際を考えています。
彼のお母さんは現在は再婚しています。
よく母子家庭の子供の特徴として言われるように、彼はかなり寂しがりです。
見た感じ、その寂しさを恋愛で埋めようとするタイプのようで、割りと軽くお付き合いができるようです。
私自身彼と全く同じ境遇で、母子家庭→再婚 の家庭に育ちました。
更に私の元彼も母子家庭でした。元彼も彼と似た性格で、すぐに破局してしまいました。
母子家庭に偏見はありませんが、この類は友を呼ぶ、かのような状態が気になります(^-^;
寂しさを紛らわすために私が必要なだけで、言い方は悪いのですが、私を利用しているのではないか、と思ってしまいます。
彼女という存在が大切なだけで誰でもいいのではないかと….
実際元彼はそんな人でした(^-^;
このような男性と付き合ってうまく行くでしょうか。
質問が漠然としていますが、母子家庭の男性の恋愛についてご意見をお願いします。

引用元-−-Yahoo!知恵袋

母子家庭の男性の恋愛(回答)

私は父子家庭で育ちました。
寂しさを彼の存在で埋めるとか、ご自身で自覚しているのなら、それが母子家庭だとか、境遇に甘えないことが必要だと思います。
両親が離婚したとか、家庭の事情が大変とかっていうのは、よく同情を得る為に言う人がいますが、私はそれが嫌です。
きっと質問者さんもそうですよね?
もし他人に興味を持たれるなら、「親が離婚して寂しい思いをしたから、かわいそう」より、「親が離婚して寂しい思いをしたけど、そんな境遇にも負けず、自分自身をしっかりもって、強くて魅力を感じる」の方がよくないですか??
彼にそうなって欲しいなら、まずはご自身が変わって見本を見せてあげるとかどうでしょうか??
それで相手も変わってくれたら、お互い寂しさだけで一緒にいる二人からもっとよい関係になれるのではないでしょうか?

引用元-−-Yahoo!知恵袋

母子家庭で育った女子

母子家庭においては、母親が父親をどう捉えているかが子どもに強く影響します。離婚して母子家庭になった場合や、未婚の母となった場合、その原因が父親にあることも多く、母親が別れた夫を軽蔑していることがあるので、以下のような弊害が考えられます。

・母親が別れた父の愚痴を言い続けている
・母親が「男」を全面的に否定し恨み続けている
・逆に母親が「男」に依存し恋愛を繰り返している

母親が父親を軽蔑し恨んでいる場合、母親の愚痴をずっと聞かされ続けたり、母親が普段「男」を全否定するような発言を繰り返している場合があります。そうなると、確かに娘としては「男」というものに幻想を抱くことはないのかもしれません。

また、両親が別れるまでの間に、娘として接してきた「父親像」にもよるのではないでしょうか。

虐待を受けていた場合はもちろん、父親が、浮気性、アルコール依存症、仕事をしない、賭博にハマっているなど、子どもの目から見てもあきらかにわかるような「家族を悲しませる父親」であることも。その場合は幻想どころか、男性の存在そのものを否定的に捉えてしまうかもしれませんよね。

引用元-−-All About

母子家庭育ちの彼氏

母子家庭の彼氏の性格は母親によって大きく変わる

母子家庭で育った彼氏は、
母によって性格が極端に分かれます。

頼りない母のもとで育った場合は
責任感に目覚めることもありますし、
甘やかされて腑抜けのようになることもあります。

彼氏の特徴は一概には言えませんが、
機会があれば母を見てみるのも良いかもしれません。

引用元-−-イケジョ通信

父親との関係が恋愛に影響する

父親がいなくなり、母子家庭になると生活も大変ですし、母親も心の支えを失って余裕がなくなります。すると、娘は「私だけ寂しがってはいけない」と自分の感情に蓋をするのです。本当は寂しいのに、その感情を自分で禁止します。実は、心が本当に傷つくのはこの「感情を禁止する」ことによってなのです。いや、見方を変えると、心が傷ついたときに感情を表に出せればその傷を涙が洗い流すようにして癒すことができるのです。感情を禁止することによって、心の傷が癒されずにずっと心の中に残ってしまうことになります。

感情の抑圧が強い場合は、全体的に感情が鈍くなります(感情の鈍麻)。すると、強い刺激しか感じられなくなるのです。たとえば、恋愛初期のトキメキは非常に強い感情です。こればかりを求めると、次々と相手を変えるような「恋多き女」になります。自分では「熱しやすく冷めやすい性格」だと思っているかもしれませんが、このような「感情の抑圧→感情の鈍麻」が根底にあるのかもしれないのです。

引用元-−-女と男の心のヘルスー癒しの心理学

愛されたい症候群

ありのままの自分を愛してもらう、受け入れてもらうことで健全な自己愛は育っていきます。
ところが父親が暴力的だったり不在がちで子供に無関心な場合、子供は「ありのままの自分を愛してもらえる」という安心感を得られずに、機嫌を損ねないよう顔色をうかがったり、価値を提供しなければ愛情を得られないという不安な状態に置かれます。
また、日常の問題を自分だけで処理できない母親が、子供に愚痴るなどして苦労を理解させようとしたり、「お前のためにこんなに頑張っているのに」と恩を着せて思い通りに動かそうとすると、子供は自分より母親の意志を優先しなければならず、自分の価値を見出せません。
このような、「ありのままの自分が受け入れられている」という安心感の有無が、その人の自分に対する価値を決定づけます。
幼少期から親の望むよい子を演じなければ見捨てられるという不安を感じながら育った子供は、自己無価値感が脳に刻みこまれてしまうのです。
「ありのままの自分は愛されない無力で価値のない存在」「人から必要とされる自分にならなければ存在することが許されない」
自分自身を潜在的にこのように認識していませんか?
だからこそ、自分の価値を他者に見出してもらうことに過剰なまでの執着を見せます。
自分の存在意義が、完全に他者に依存してしてしまうのです。

引用元-−-こいぴた

まとめ

母子家庭だから必ず恋愛に影響するというわけではないようです。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/s_kairing/status/21013610631″

 - 人生 社会 恋愛

ページ
上部へ