皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

毎日時刻を告げる時計、確実な歴史の日本製ブランドが一番!

      2016/06/25

毎日時刻を告げる時計、確実な歴史の日本製ブランドが一番!

腕時計って、着けている人の個性を物語る様な気がしませんか?

複雑な機械が組み合わさってできている時計は、

長きに渡って使えるものです。

値段が高いだけに選ぶときの、基準や好みを絞っておきたいものです。

今回は、腕時計の日本のブランドについて調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

腕時計 日本製のブランド人気ランキング

日本(国内)の腕時計で人気のあるブランドといえば?

SEIKO (セイコー) (40%, 34 票)

CITIZEN (シチズン) (21%, 18 票)

ORIENT (オリエント) (19%, 16 票)

CASIO (カシオ) (11%, 9 票)

CREDOR (クレドール) (6%, 5 票)

ALBA (アルバ) (2%, 2 票)

RICOH ELEMEX (リコーエレメックス) (1%, 1 票)

引用元-−-MEN’S EDGE

セイコー

日本初の腕時計、世界初のクオーツウオッチを製品化し、現在も時計関連で有名であり、オリンピックなどの世界大会などで公式スポンサー、オフィシャルタイマーとしてたびたび参加している。
日本テレビ開局日の1953年(昭和28年)8月28日に前身会社である当時の精工舎が日本最初のテレビCMである正午の時報を放映させた。
戦前・戦後から後楽園球場(1937年(昭和12年) – 1987年(昭和62年))、東京ドーム(1988年(昭和63年) – )、明治神宮野球場(1980年(昭和55年) – )と球場のスポンサーになったのを日切りに、スポーツ競技場のタイマーでもおなじみ。
現在も積極的にスポーツイベントに計時支援を行っている。世界的に計時支援は、共同出資の別会社に自社ブランドの看板をもたせて支援させる方式(スイス時計メーカー出資のスイスタイミング社など)が普及しているが、セイコーはグループ内の部署に支援させて技術開発も行うスタイルを維持している。
ちなみに、同社グループの広告・カタログに掲載される時計が示す時刻は、アナログ式が10時8分42秒、デジタル式が10時8分59秒を基準としている。

沿革[編集]
1881年(明治14年)12月 – 服部金太郎が輸入時計を販売する服部時計店を創業した。
1892年(明治25年)3月 – 時計工場である精工舎を設立し、国産クロックの製造を開始して、精工舎で製造した国産クロックの販売を服部時計店で始めた。

引用元-−-Wikipedia

第一印象は「普通の時計」かもしれません。
しかしその顔が自信に満ち溢れているのはなぜでしょう。

時代が変遷しても尚、美しいデザイン。その秘密はグランドセイコーのデザイン文法である“セイコースタイル”にあります。
“セイコースタイル”とは1967年、海外高級時計に負けない独自の美しさを実現するために設定されたデザイン文法です。
日本の美意識を原点とする “セイコースタイル”が生まれることとなったモデル「44GS」を紐解くことで、
グランドセイコーのデザイン美学を知ることができます。

引用元-−-セイコー

スプリングドライブは、機械式時計同様にぜんまいの解ける力を動力源としながら、調速機構はクオーツのメカニズムである水晶振動子からの正確な信号によって精度を制御しています。まさに両者の良いところを取り入れたハイブリッドエンジンがスプリングドライブです。
スプリングドライブは、 「高精度を実現した機械式時計」であり、また、 「電池もモーターも使用しないクオーツ式時計」であると言えます。

引用元-−-セイコー

シチズン

「シチズン」(CITIZEN)ブランドの時計で知られる他、工作機械の分野でもスイス式自動旋盤を中心とする「シンコム」(Cincom)ブランドで名高い。
かつては腕時計の機械体(ムーブメント)の生産量世界第1位(グループ)を誇り、国内最大手。世界シェアの3割以上を持つ。
新宿区西新宿の新宿三井ビルに本社を置いていたが、2001年(平成13年)に現在地に移転している。工場は本社のある東京都西東京市(東京事業所)と、埼玉県所沢市(所沢事業所)にある。

2005年(平成17年)の会社設立75年を記念して、新しくスローガンとして「CITIZEN Micro HumanTech(マイクロ・ヒューマンテック) もっと小さく、すごくわくわく。」を掲げた。これは、「マイクロ、それは私たちのドメインです」「ヒューマン、それは私たちの理念です」「テクノロジー、それは私たちの基盤です」という会社の3つの理念を形にしていこうという考えから付けられたものである。
また、日本人及び在日外国人の中から、無名ながらも社会的に貢献した市民を一年単位で称えるシチズン・オブ・ザ・イヤーを設立。

2007年(平成19年)4月、「シチズングループ」の純粋持株会社体制へ移行のため、社名を「シチズン時計」から「シチズンホールディングス」に変更し、新たに事業子会社として「シチズン時計株式会社」を設立した。
ちなみに、同社グループの広告・カタログに掲載される時計が示す時刻は、アナログ式が10時9分35秒、デジタル式が12時38分27秒を基準としている。

沿革[編集]
1918年(大正7年)に尚工舎時計研究所として創業した。1924年(大正13年)に懐中時計「CITIZEN」を発売し、これが「シチズン」ブランドの発端となった。
シチズンの名は、「市民に親しまれるように」の意味(そもそもシチズンは英語で市民の意味を表している)で当時の社長と親交の深かった後藤新平が名づけたとされる。

引用元-−-Wikipedia

シチズンが「BASELWORLD 2013」に出展したブース ドイツデザインアワード 2015「特別賞」を受賞
シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉敏夫、以下 シチズン)がBASELWORLD 2013(注1)に出展したブースが「ドイツデザインアワード 2015」の「エクセレント コミュニケーションズ デザインーインテリアデザインカテゴリー」で特別賞を受賞しました。

引用元-−-シチズンウオッチ オフィシャルサイト[CITIZEN-シチズン時計株式会社]

<シチズン時計とは>
シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界100ヶ国以上でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。
シチズン時計は、これからも時計の未来を切り開いていきます。

引用元-−-シチズンウオッチ オフィシャルサイト[CITIZEN-シチズン時計株式会社]

カシオ

LSIテクノロジーと匠の技の融合。
高機能アナログウオッチの 信頼性を支える、 ものづくりの真髄。

真に実用に値する リアルプロダクトには、 機能と美の 融合がある。
カシオの時計には、 日本が世界に誇る 最先端の LSIテクノロジーと熟練の クラフトマンシップが 息づいている。
ものづくりに 対する信念。
それは、 とどまることを許されない デジタル技術の 進化、 妥協することを 許されない 匠の技の追求。
そこから 生まれる 比類なき パフォーマンスが、 時計としての 完成度を さらに高め、 身につける人の ライフスタイルをも 変えていく。

引用元-−-CASIO

正確な時を追い求める。

機械式からクオーツへ進化を続ける時計の歴史の中、究極の信頼性・実用性を具現化したいという信念。
その実現のため、電波受信機能+タフソーラーで高精度の時刻受信を可能にするとともに、
世界6局電波対応のマルチバンド6で、その使用範囲を拡大するなど、
デジタルドライブをコアにした独自の技術で、時計の進化を牽引し続けてきた。

次なる技術革新へ。

そのあくなき信念と挑戦が、時計の歴史に革新という新たな1ページを刻む。「GPSハイブリッド電波ソーラー」※1。
世界初※2となるGPS衛星電波受信+標準電波受信のハイブリッド電波受信システムを実現し、
その精度、速度、確実性という面で、他の追随を許さない完成度に到達。
さらに、スマートフォンとのBluetoothR通信により、
世界300都市以上の時刻へすぐにアクセスできる、「スマートフォンリンク」の開発にも成功。
屋内外を問わず、世界中どこにいても、常に正しい時刻情報を取得できる、
信頼性と実用性を備えた時計を完成させた。

引用元-−-CASIO

 

オリエント時計

1901(明治34)年   初代吉田庄五郎氏が東京上野に吉田時計店を創立、外国時計の輸入販売を開始
1920(大正 9)年    東洋時計製作所を設立し置時計製造に着手
1934(昭和 9)年   腕時計の製造開始
1936(昭和11)年   吉田時計店の腕時計工場として東京日野工場を設立 戦時体勢により軍需産業に転換
1945(昭和20)年   終戦により時計製造再開

引用元-−-オリエント時計

「オリエントスター」は、1951年の誕生以来、
ロングセラーを続けるオリエント時計の代表的なモデルです。
デザイン、部品、製造、それらすべての点で”輝ける星”と
呼ばれる機械式時計を作りたい、そんな職人たちの願いが
「オリエントスター」の名には込められています。

オリエント時計の象徴とも言える機械式ムーブメント「46系」。
その誕生は1971年に遡ります。以来、基幹キャリバーとして生産を続け、最盛期には月産で50万個を達成。これまでの総生産量は1億個を突破しています。
単一のキャリバーで、これだけ長く生産されているものは、世界中探しても極めて稀なのではないでしょうか。

そして、1996年には機械式ムーブメントならではの「パワーリザーブ機能」。
その後、「ワールドタイム機能」、「GMT機能」を順次リリース。
今日に至るまで、持つ方の興味をそそるような機構を付加すべく、 開発を継続してまいりました。

引用元-−-オリエント時計

伝統に裏打ちされた価値

改めて機械式腕時計はなぜ高価なのでしょうか?

例えば時計のケース素材には、ステンレススチール、 ホワイトゴールド、プラチナ、セラミックなど多様な素材を使用、 開発から製品化までに数年以上費やします。 また、ケース研磨、ムーブメント組立て、タイミング調整などは オートメーション化する事が難しく、製作される時計ひとつひとつが クラフトマンシップの極みであり、妥協のない製品作りが販売価格に反映されるのです。
また、先に紹介したような後世に残せる時計という事を考えれば、 決して高い買い物ではないのです。

初めて高級機械式腕時計の購入を検討する人は、その金額に驚きを覚えることでしょう。 しかし、長い歳月を歩んできたブランドの歴史・卓越した技術・工芸的価値を楽しむ事ができ、 使うほどに愛着を抱く掛け替えのない財産。。。

一生付き合える時計と巡りあえた時、値段以上の満足と至福の時を得られる事でしょう。まさしくpriceless・・・。

引用元-−-coneco.net

まとめ

時計の構造は複雑で、進化を遂げてきている事が判りました。また、時計は機械の機能だけでなく、装飾やひとつひとつの部品にもこだわりがあるのですね。

引用元-−-

twitterの反応

 - ファッション・美容・ブランド

ページ
上部へ