皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

猫の脳腫瘍、その症状とは?

      2016/06/25

猫の脳腫瘍、その症状とは?

昔と比べて猫の生活スタイルも食事も変わったせいか寿命も長くなりました。それと同時に人と同じような病気にかかってしまう猫も少なくありません。その中でも猫にとっては検査がしづらく確定診断がしにくいであろう『脳腫瘍』と、その症状について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


猫の脳腫瘍と種類

■脳腫瘍とは

人間同様、犬や猫にも脳腫瘍は比較的多く認められるという事がMRIなど画像診断技術の発達や獣医神経科医達の長年の努力とデータ蓄積によって近年明らかになってきました。
多くの場合には老齢動物がかかりますが、腫瘍の種類によっては1歳未満、あるいは4-6歳で多く認められるものもありますので、全ての年齢で脳腫瘍という病気は起こり得ると考えられています。
また、犬種によって特に多い脳腫瘍の種類が異なります。

引用元-脳腫瘍 | 埼玉の動物病院 | 埼玉動物医療センター

■種類

脳の腫瘍は、そこから発生したもの(=脳原発性腫瘍)と、身体の他の場所に出来たガンが転移した場合(=転移性腫瘍)があります。

脳原発性腫瘍

脳や脊髄自体はごく柔らかい組織であり、それ自体が「腫瘍化」する事もありますが、最も多いのは周りを覆う髄膜という膜が「腫瘍化」して髄膜種と呼ばれる腫瘍となる事が犬でも猫でも最も多い事が知られています。
髄膜種は脳を表面から圧し潰してしまう事が多いです。

一方、脳や脊髄自体がガン化する場合には、脳の中に腫瘍が隠れています。グリア細胞種と呼ばれるものが多く、これ自体も数種類に分類されます。
また、脳内にある脳室から発生する脈絡叢腫、上衣腫なども散見されます。

転移性腫瘍

身体の様々な部位に出来た腫瘍が転移する事が知られていますが、犬で最も多いのは血管肉腫という悪性腫瘍である事が報告されています。

引用元-脳腫瘍 | 埼玉の動物病院 | 埼玉動物医療センター

猫の脳腫瘍の兆候・症状

・食欲不振、人目を避けて隠れる
これはどんな病気でも一番最初にみられる事だと思う。3日続いたら病院へ

・ゴハンを食べ辛そう。または食べるのが下手になった
お口の病気や食道の病気かも?調べてそうでなければ脳疾患を疑ってもいいんではないでしょうか。飲み込み辛いのかもしれません

・突然、粗相が始まる
モカは粗相癖があったので発見が遅れてしまいましたが、そうでない子は泌尿器の病気の可能性と併せて疑ってみて。

・性格の変化
病院嫌いなモカが、医師に撫でられてシッポを震わせて喜んだのは驚愕。ありえない事です。
凶暴になったりする子もいるらしい

・ふらつき、ジャンプの失敗など
足取りがおかしいとか、最初に気付けるのは飼い主さんです。
同じ方向にグルグル回っちゃうとか、高齢の子にはあるみたいです。また、斜頸が出ている場合は突発性の前庭神経疾患の可能性あり。前庭疾患だった場合は完治の可能性もあります。

・眼球振蕩(がんきゅうしんとう)
一点を見ていても、黒目が左右や上下に細かく動きます。(モカの場合は左右の水平眼振)注意深く見ないと分からない事もあるみたい。
実はウチの場合、モカの眼振はダンナが医師に言われるより先に気付いていました。ただ、モカは子猫の頃から「明るい所でも瞳孔の絞りが甘い気がする」とダンナは言っていたので、そのせいかとも思ったらしいです。元々、目に何かしら障害があったのかもしれません。
ちなみにシャム系の子は視覚異常や眼振が最初からある子もいるらしいです。生まれつきなのか、後天的なのか観察が必要ですね。

・その他
物にぶつかるようになったとか、最近、耳が急に悪くなったのでは?とか。
圧迫される神経の場所によっては、平行感覚以外にも立体の認識野や聴覚神経に障害が及ぶことだって十分考えられます。

引用元-猫の脳腫瘍 モカが教えてくれたこと – ちびもかの縁側

脳腫瘍の症状

症状は腫瘍の発生場所によって様々です。痙攣発作や性格の変化、歩行障害や食欲不振、行動パターンの変化、食餌の飲み込み困難、四肢麻痺、意識障害などの症状が表れます。大きな症状が見られないこともあるため、気づきにくい場合があります。

引用元-脳腫瘍 – 猫の病気|FPCのペット保険

猫の脳腫瘍、痙攣発作(質問)

飼い猫の病気、脳腫瘍、痙攣発作について相談です。
17歳のオスの飼い猫です。
一週間前くらいに、痙攣発作を初めて起こしました。それから、2時間後くらいにまた発作。。
病院で、血液検査に問題は無かったので、てんかんか、脳腫瘍だろうと言われました。
MRIは高齢のため、負担も大きく、原因が特定できたところで治療はあまり変わらないと言われたので、受けない方針です。

引用元-飼い猫の病気、脳腫瘍、痙攣発作について相談です。17歳のオス… – Yahoo!知恵袋

今では寝たきりになってしまいました。

頭を、アイスノンで冷やすと楽そうに気持ち良さそうにするのですが、
脳圧などに効果があるのでしょうか?
ご飯も水も自分では食べなくなってしまったので、今は注射器で水を垂らしてあげています。誤飲するのが怖いのですが何か良い方法はありますでしょうか。
自分でやらずに点滴をして貰いに行った方が良いでしょうか?

なんでもいいので出来ることがあれば教えていただきたいです。

たくさんたくさん素敵な思い出を貰いました。
大好きな家族です。
何かしてやれることがあれば、なんでもしたいと考えています。

引用元-飼い猫の病気、脳腫瘍、痙攣発作について相談です。17歳のオス… – Yahoo!知恵袋

猫の脳腫瘍、痙攣発作(回答)

飼主さんが最後の最後まであきらめずに闘病したいのか、それとも、もうつらいことはやめて、あとはできるかぎり苦痛を和らげてあげるための緩和医療(ターミナル・ケア)をしたいのか、で違ってくると思います。

飼主さんの意思を主治医に伝えて、その上で「何ができるのか?」を考えてあげたらいいのかな、と。

引用元-飼い猫の病気、脳腫瘍、痙攣発作について相談です。17歳のオス… – Yahoo!知恵袋

ステロイドは悪性腫瘍の治療のためにも使われますし、痛みを軽減するため、食欲を増進するためにも使われます。
抗てんかん薬についても、治療のためなのかネコに安らかな時間を過ごしてもらうためなのか、飼主さんの考えがはっきり決まっていれば、病気には悪くても薬をやめる選択肢が出てくるだろうし、逆に、QOL(生活の質)を上げるために投薬してるという自負があれば悩まずに済みます。

個人的な意見ですが、私は治らない病気のコであれば(もしくは治らない病気「かもしれない」高齢のコであれば)、残された日をできるだけ不快感なく暮らしてもらうことを最優先に考えます、たとえそれによって寿命が縮まっても、です。

私が慢性腎不全のネコの看取りをしたときは、他の飼主さんと比べるとたぶん早い段階で食事療法もやめ、ネコにとっては大変なストレスである強制給餌もしませんでした。
皮下点滴と胃薬は続けていましたが、それは延命のためではなく(結果的に延命になるだろうとは思いますが)、あくまでもネコの吐き気やだるさを緩和させるためであり、終末期になったときは、なんとなく「ああ、そろそろ旅立つ準備をしてるんかな」と思った日があり、それからは点滴もやめました。

まるで あきらめろと言っているようで気分を害されたかもしれんのですが、私はガキの頃に、治らない病気なのに周りから「がんばれ、がんばれ」と言われつらい闘病をした末に死んでいったおふくろを見ているので、どうしても「つらい闘病」は気が進まんのです。

引用元-飼い猫の病気、脳腫瘍、痙攣発作について相談です。17歳のオス… – Yahoo!知恵袋

まとめ

可能ならば複数の動物病院に聞いてみるとよいかも知れませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/miko080429/status/664810236633419776″

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ