皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

玄関の観葉植物って、おしゃれなだけではなく癒し効果もある?!

      2016/06/25

玄関の観葉植物って、おしゃれなだけではなく癒し効果もある?!

我が家にたどり着いたと実感するのが玄関です。

また、来客を迎えるのも玄関です。

観葉植物を置いておしゃれにしてみては。

癒し効果も期待できる、ほっと一息つける玄関にしたいものです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


 

マンションの玄関が暗くて観葉植物が枯れてしましますが….(質問)

我が家はマンション住まいで玄関は北向きで窓も無い為、日中も電気を点けないと暗いです。

殺風景な玄関なので花を飾ってもすぐに枯れてしまいます。
観葉植物を置きましたが、光合成が出来ない為一月も持たないまま枯れてしまいます。
光の当たらない所でも育つ観葉植物をご存知の方がおられましたら教えて下さい。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

植物には太陽光が必要なので最低限の世話が必要です(回答)

耐陰性(日陰に強い)の観葉植物です。
この中から好きなものを選んでもいいと思います。

ただ、注意点としては日陰に強いとは言っても植物には光が必要です。
午前中・・・できれば朝日を窓越しの光で2時間程度は当ててやらないといけません。毎日の移動は日課になりますが生き物ですからそのくらいの手間は惜しまず世話をしてください。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

観葉植物・耐陰性の育て方

観葉植物は室内で楽しみたいものです。室内で育てることができるか否かにはいくつかの要因があります。その中で最も重要な要因として耐陰性がある、日陰に強い、という事です。
本来は光線を好む植物でも耐陰性があるので、観葉植物として利用する場合室内の弱光線下でもほとんど問題なく生長するもの。と、元々強い光線を嫌い弱い光を好む耐陰性のある観葉植物があります。そのこと理解して、育てている観葉植物が何という種類で、耐陰性があり、日陰に強いかどうか知ることが大切です。
ここに、初心者でも育てやすい観葉植物のなかで、比較的耐陰性のある日陰に強い観葉植物を紹介してます。置きたい場所に合う観葉植物を探してグリーンを楽しみましょう。観葉植物が持っている本来の性質から置きたい場所に徐々に慣らしていくこと、急激な変化を与えないことが上手に育てるコツです。

引用元-−-ガーデニング・観葉植物・花

 

耐陰性ってどれくらい暗さまで?

耐陰性のある観葉植物とは、一般に直射日光が当たらない日陰でも育つ観葉植物のことを指しています。
日陰といっても上の写真を見てもらうと分かるように、明るさが異なり、日陰の呼び方も異なります。

①レースのカーテン越しのような直射日光を遮る部屋を“明るい日陰”といいます。
多くの観葉植物は㈰のような環境を好みます。

②のように直射日光が当たらず蛍光灯だけの部屋を“日陰”と呼びます。
一般的に耐陰性のある観葉植物は㈪のような場所で育てることができます。

③のように白熱球だけの部屋を“暗い日陰”と呼びます。
ここではかなり耐陰性が強い観葉植物でないと育てることができません。

④のように暗め設定している部屋で育つ観葉植物は残念ながらありません。

引用元-−-A Tropical Garden

日陰で大丈夫・観葉植物

アグラオネマ
乾燥:強い
耐陰性:ある
耐寒性:8℃以上
日陰といえばアグラオネマ。というぐらい日陰によく耐える品種です。寒さと直射日光が苦手ですが、室内で育てる場合はあまり気にならないはず。 一般的にそれほど大きくならないため、長期間にわたって鑑賞ができるのもポイントです。
アグラオネマの中では、銀青色の斑入りの葉が美しいシルバーキングがよく市場に出回っています。

引用元-−-A Tropical Garden

半日陰で大丈夫・観葉植物

オーガスタ
水やりも頻繁ではなく乾いたらたっぷり。半日陰でも育ってしまう。部屋の中に大きなアクセントのグリーンが欲しかったらオーガスタはおすすめ出来ます。会社・事務所などのオフィスビルでも良く入り口付近に置いてありますよね。育てやすいので人気もかなり高いグリーンです♪

引用元-−-Ranking Sare

おすすめ!フェイク・観葉植物

フェイクグリーン(人工植物)とは本物の植物に似せて作られた人工の植物です。 枯れてしまう本物の植物とは違い、ほぼ永久的に その状態を保っていることが出来ます。
もちろん人工的に作られた植物なので 水やり等の世話の必要性は なく、設置する場所の温度、湿度、明るさ等考慮する必要はありません。

上記のような特徴があるので 植物に手間をかけてる時間を割くことが難しい小売店や飲食店ではすっかりお馴染みのインテリアの一つとなりました。

特に飲食店では 本物の土に水をやることにより時折発生してしまう コバエやG等害虫の心配がフェイクグリーンではまったくの皆無なので特によく利用されています。
またインテリアショップやマンションのモデルルームにも重要視されるようになりました。

インテリアなどへの関心の高まりから、その空間の アクセントになる植物を置くことにより 買い手に より素敵な空間を見せることにで購入率が変わってくる ようです。
実際インテリアショップやモデルルームには必ずと言って良いほどフェイクグリーンが置いてあります。
近年では『光触媒』の復旧により、ただ置くだけでは無く、本物の植物がメリット(例えば空気清浄効果、シックハウス症候群の予防等)を持つのと同じようにフェイクグリーンにも+αの効果を光触媒によって付加させることも一般的になってきました。

光触媒には 光(太陽光、蛍光灯)に含まれる紫外線を当てる事により触媒作用が働き、悪臭、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒド などの有害物質を除去する効果があります。
又、抗菌効果も併せ持ち 光触媒作用により気がつかないうちにお部屋の空気が清浄化され上記の効果が長時間にわたり効果を発揮します。
現在のフェイクグリーン制作技術は目を見張るものがあり、出来の良いものでは一見しただけでは本物の観葉植物と見間違えてしまうほどの制度の高さを誇っているものが存在します。

そして一般家庭でも『世話の手間がかからない』『本物に引けを取らない魅力』という特徴を持つ フェイクグリーンは受け入れられ、現在かなり普及してきました。

引用元-−-GREEN COFFRET

まとめ

やはり、グリーンは癒されますよね。ほんのひと時、心を奪われるような感じで。フェイクグリーンも進化しているようですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/jazmin815/status/579824892226375680

 - diy-住居-雑貨

ページ
上部へ