皆様に必要な情報が見つかりますように。

それホント ?!

産休は義務付けされているが育休取得時はボーナスは出るのか

      2016/07/25

産休は義務付けされているが育休取得時はボーナスは出るのか

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アイメイクの重要ポイント、奥二重と二重の違いってなに?

メイクをしても「あれ?眠そうだね」と言われたり、流行色のアイ...

大好きな彼女との結婚に大切なこと

最近結婚する年齢の上昇や、結婚に対して不安がある若者がといっ...

風邪の原因?体温が低いと起こりうるトラブルと改善法

最近よく平熱が低いと耳にします。体温が低いと風邪をひいたり、...

常識?!?入園式での履物はタイツorストッキング?

子供の入園式の服装は、どの程度フォーマルにすればいいのか迷い...

日本の四季は世界一?海外からの反応は?

よく日本の四季は美しく素晴らしいと、外国人観光客が日本を訪れ...

人気急上昇中!日本ワインの人気の秘密

最近日本ワインの人気が急上昇しています。今までのワインとはど...

中国人女性に告白をするには!?

国際恋愛が増えていますが、現在中国人女性に片思い中の方や、素...

静岡観光特集!子供と一緒に楽しもう!

家族旅行は楽しみですが、性別や年齢もバラバラなみんなが楽しむ...

第二次世界大戦における日本人戦犯とは?

第二次世界大戦について歴史の勉強でしか学んだことのない年代が...

世界の人口に対して国別に色々なランキング〜

世界の人口ランキングは今どのように変化していっているのでしょ...

進撃の巨人考察!巨人の正体とその弱点は?!

進撃の巨人は実写映画化をはたすほど今大人気です!謎が多いこと...

仕事が遅い、うまくいかない!もしかして心の病気かも?

大人の心の病気は気づいていないだけで、実は多くの人がかかって...

辞めることが正解ではない!仕事における責任の取り方とは?

仕事でのミスは必ず誰にでも起こりうることです。よくニュース等...

加湿器の選び方は?アロマ式?見た目のオシャレさ?

たくさんの加湿器が販売されていますが、何を基準に加湿器を選べ...

栄養バランスの整った食材の選び方

毎日の献立を考えるだけでも一苦労なのに、栄養バランスまで調べ...

リュックの人気ブランドBEST.6

最近リュックは男女共に人気がありますね。おしゃれで機能性が良...

ハワイ語の名前を子供につけることが大流行?!

芸能界で流行したことがきっかけとなり、最近ハワイ語の名前を子...

最近アマゾンの配送が遅い?!原因と新サービスとは?

最近アマゾンの配送が遅いという話をよく耳にします。アマゾンは...

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフル...

30代へのプレゼント選びのコツ男性編

女性は男性へのプレゼントにはいつも頭を悩ませていると思います...

スポンサーリンク


産休とは

働いている女性で、妊娠している状態であれば誰でも産休を所得する権利があると労働基準法で定められています。勤務している会社の就業規則に制度が記載されていなくても、申請をすれば誰でも産休を取得することができるのです。また、雇用形態も関係なく、派遣労働者の方、アルバイトやパートの方でも産休を取得することができ、産休取得を理由に解雇をすることは法律で禁止されています。

産前休暇とは?

産前休暇とは出産前に取得できる休暇のことで、6週間以内に出産予定の女性が利用することができます。また、多胎妊娠の場合はその負担の重さから、14週間以内の期間で育児休暇を取得することができます。

産後休暇とは?

出産後8週間の間、事業主は女性を働かせることができないと法律で定められています。この8週間は実際に出産してからの期間で、仮に女性側が産後6週間を経過した時点で就労の希望があり、医師が問題ないと判断した場合にはその時点で仕事に復帰することが可能です

引用元-−-こそだてハック

産休と育休の違いは?

対象者の違い
産休は出産前後の全ての女性労働者が対象になりますが、育休は一歳未満の子供を養育する男女の労働者が対象となります。

取得の条件の違い
産休は妊娠・出産を行うすべての女性が利用できます。しかし、育休は雇用期間が一年未満の方や、子供が1歳を超えて働く意志のない方は取得することができません。

引用元-−-こそだてハック

育休の取得率がどれくらい?

厚生労働省の調査によると、2013年度の女性の育児休業取得率は前年度に比べ7.3%低下し、76.3%になりました。今回減少した背景として、景気が回復したことによりお仕事が忙しく、なかなか育児休暇が取れない女性が増えたことが挙げられます。また、最近では保育所の数が増え、女性が働きやすくなったことも要因になっています。

引用元-−-こそだてハック

産休中のボーナス

労働基準法ではこのようになっている

支給回数が年3回以下の賞与(ボーナス)は、法律上では「賃金」とはみなされません。
そのため、労働基準法では特別に規定がされておらず、支給する基準を会社が自由に決めて良いことになっています。
そのため、会社ごとに違っていて良いのです。ご自分の会社のルールがどうなっているのかは、就業規則などで確認するようにしましょう。

要チェック!産休を欠勤扱いしてはいけない!

労働基準法では正式名称で産前産後休業と言いますが、これを取得したことを理由として労働者に不利益な扱いをすることを禁じています。
産前産後休業を欠勤扱いしてボーナスが出ないということになると、休業が取りにくくなりますよね?
そのため産前産後休業=欠勤という扱いは、最高裁判所の2003年の判決で、「公序に反するもの」として無効であると定められました。
まとめると、ボーナスが出るか出ないかは会社の自由なのですが、産休を欠勤扱いとすることはNG!
おかしいなと思ったら、会社にしっかり交渉するようにしてください。

引用元-−-ワーキングマザー

育休中は給付金がもらえる

平成26年4月から、育児休業給付が増額!

育児休業給付は雇用保険被保険者が利用でき、被保険者の子供が1歳になる前日まで利用できます。そして支払われる金額は、平成26年4月1日より増額。原則として休業前賃金の67%が、半年に渡って支給されることになりました。また半年を経過すると、給付率は50%になります。
具体的にどのくらいの金額かというと、平成24年度に育児休業給付を受けた人の平均受給額は11万1932円。性別で見てみると男性は14万2708円、女性11万1756円でした。今回の増額により、平成25年の給付状況から計算すると男性は約19万円が支給されることになります。今回の増額で、今以上に男性が育児休暇を取りやすい環境を整えようという狙いが見えてきます。

パパもママも育児休業を取ると、給付期間が伸びる!

またパパもママも育児休暇を取ると、育児休業給付の給付期間が2ヶ月伸びて、1歳2ヶ月になる前日まで給付されるのも見逃せません。給付率が上がったことで、男性も育児休暇を取りやすくなりますが、休業前賃金の67%が支給されるのは、最初の半年です。
半年の増額分をよく考えて育児休業給付を受ければ、生活の心配を最小限にとどめて、育児に専念できそうですね。

引用元-−-キャリトピ|転職@type

産休育休中がきっかけに

妊娠、出産をきっかけに女性は身と心はもちろん、人間関係や時間の使い方、仕事のスタイルもガラっと変化します。復帰というカウントダウンに翻弄されてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、せっかくのこの機会、まずは生き方そのものに目を向けてみてはいかがでしょうか。

引用元-−-ノーツマルシェ

まとめ

産後もなにかとお金がかかりますよね。プレママやプレパパにとってお金についての悩みはつきないものです。
会社によってはボーナスをもらえるところもありそうですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/cosmicluckysae/status/615488253639012352


https://twitter.com/teracy/status/279553364574994432″

 - 仕事 経済

ページ
上部へ